「24時間テレビ」でやはりギャラが発生していた!嵐は5,000万円!

今回チャリティ番組として8月24日~25日に放送される『24時間テレビ36「愛は地球を救う」』について、驚愕の事実がわかりました。

以前から言われていましたが、やはりこの番組にギャラが発生していました。

メインパーソナリティーは2年連続で嵐が務めます。
→ranking





芸能裏話・噂ランキング



また、総合司会は羽鳥慎一が、チャリティパーソナリティーは上戸彩が務めます。

そして、これらの出演者のギャラを「FLASH」(30日発売)が掲載しています。


(以下引用)

メインパーソナリティー 嵐……5,000万円
特別ドラマ主演 嵐・大野智……+500万円
チャリティマラソンランナー 森三中・大島美幸……1,000万円
チャリティパーソナリティー 上戸彩……500万円
総合司会 羽鳥慎一……500万円

▼カラオケメンバー
加山雄三、谷村新司クラス……200万円
その他(懐メロ歌手、芸人)……10~100万円

(日刊サイゾーより)


正直、ここまではっきりと金額が出るとショックですね。

そもそもチャリティ番組と謳っていて、なぜ出演者がギャラをもらわなければならないのかが理解できません。

チャリティ番組というからには、みんながボランティア精神でお金のためではなく、少しでも他の人のために役立ちたいという気持ちから参加するものだと思います。

このような気持ちがないものは、番組に参加しなければよいのです。

それが、なぜこのような形になってしまっているのでしょうか?

欧米では、ギャラなしが当たり前です。

日本はよい笑いものです。

これは、おそらくテレビ局に問題があると思います。

チャリティだときれいごとを言っていますが、テレビ局がチャリティに徹しきれていないと思われます。

チャリティでもっとも重要なことは、寄付を集めることです。

しかし、テレビ局には高い視聴率を獲りたいという私欲があるので、人気のあるタレントに出て欲しいのです。

そのため、ギャラなしでは出てもらえないので、ギャラを払っているのではないでしょうか?

おそらく、テレビ局は人気のあるタレントが出ることで、たくさんの寄付が集まると言うでしょう。

しかし、寄付以上に高額なギャラを払っていることを知っていても、あえて口にしていないような気がしてなりません。

仮にギャラを払って出てもらったタレントのおかげで、高額な寄付が集まったとして、それを知った子供たちにギャラを払っていることの説明ができるのでしょうか?

子供は、当然チャリティは無償でするものだと知っています。

子供に説明できないようなことはしないで欲しいですね。

純粋な気持ちで、チャリティに関わっている方々に失礼ではないでしょうか?

このような考えのタレントに、明石家さんまがいます。

さんまはチャリティでギャラをもらうのはおかしいと、テレビ局に言ったそうです。

テレビ局はギャラを受け取って欲しいと言ったそうです。

さんまは、それからこの番組に不信感を抱くようになったと言われています。

やはり、さんまのような人たちが集まって行う番組こそが本当のチャリティ番組ですね。

今の24時間テレビが、チャリティ番組と言えるのかどうか疑問ですね。

今年の大野のドラマ楽しみですね!

<楽天>

(関連記事・引用元:http://www.cyzo.com/2013/08/post_14146.html

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ





スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ