「潮騒のメモリー」の大ヒットに喜んでばかりいられないレコード会社!その裏にはジャニーズ事務所との複雑な関係があった!?

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」関連のCDは、レコード会社のビクターエンタテインメントが独占しているようです。
→「ビクターエンタテインメントが「あまちゃん」関連CDを独占できた理由!

久々にシングル「潮騒のメモリー」をリリースし、大ヒットの小泉今日子ですが、ビクターは喜んでばかりいられない事情があったそうです。

その裏にはジャニーズの存在があったと言います。
→ranking





芸能裏話・噂ランキング



これは、どういうことなのでしょうか?

内部の者にしかわからない複雑な関係があるようです。


「潮騒のメモリー」は、初登場で2位というすばらしい結果を残しました。

しかし、ビクターは売れて欲しいという反面、売れすぎても困るというジレンマに陥っていたそうです。

その理由は「潮騒のメモリー」と同じ日にリリースされた、山下智久の新曲「SUMMER NUDE `13」が大きく関わっているようです。

この山下の新曲のレコード会社は、ワーナーミュージック・ジャパンです。

普通に考えると、なぜビクターがライバル会社のワーナーに気を遣う必要があるのでしょうか?

疑問ですよね。

それには、ジャニーズ事務所の内部問題が関係しています。

山下が属しているのは、SMAPのチーフマネジャーである飯島三智氏を中心とする飯島派です。

実は、SMAPが所属しているレコード会社がビクターなのです。

つまり、山下の新曲より「潮騒のメモリー」の方が上位にランクインすると、飯島氏にキレられる可能性があります。

ジャニーズ事務所は、「ランキング1位」に非常にこだわる事務所として知られています。

1位になるために、ライバルのリリース日を徹底的に調べ、発売日を決めていると言われるほどです。

そのため、ビクターは「潮騒のメモリー」が、山下の新曲を超えると非常にマズイことになってしまうのです。

結果的には、初週で山下が1位に、小泉が2位に入り、ビクターはほっとしたようですね。

ジャニタレは、レコード会社にとってはドル箱です。

そのため、ジャニーズ事務所には逆らえないようですね。

今後も、この関係はずっと続きそうですね。


<楽天>

(関連記事・引用元:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/174359/

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ





スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ