生田斗真が“生田斗馬”に!先輩赤西仁は後輩については何も知らない!?

8月20日に発売された「non-no」(2013年10月号)で、とんでもない誤りがあり、ジャニーズファンの間で騒ぎになっています。

何と表紙に記載された生田斗真の名前の表記が、“生田斗馬”になっていたというのです。→ranking


↓もう修正した!?


芸能裏話・噂ランキング



確かにあまりジャニタレに詳しくない人なら、間違う可能性がありますね。

しかし、雑誌社が間違ってはいけないでしょう。

これにはジャニーズも「失礼だ!」などと怒りをあらわにしているようです。

すぐ下に「三浦春馬」の名前が書かれているために、つられてしまったのではないかという意見もあります。

さすがに、発売元の集英社は謝罪文を掲載しています。


しかし、これはほんの1例で他にもたくさんあるといいます。

最近では「TV LIFE」(6月19日発売号)で、KinKi Kids・堂本剛が主演を務めるドラマ「天魔さんがゆく」の相関図に“堂本光一主演”と書かれていたそうです。

さすがに、これは表記誤りでは済まされませんね。

まったくの別人ですからね。

これには、ファンも「ありえない間違い。」と厳しい声が上がっています。

そして、驚くことにアイドル誌でも間違いがありようですね。

「Myojo」(2010年6月号) Hey!Say!JUMPを誤って“Hay!Say!JUMP”と表記。

「duet」(2013年5月号) A.B.C-Z・塚田僚一の名前が“塚本”と表記。

    (8月号) 田口淳之介と上田竜也の対談なのに、“中丸雄一と田口淳之介”と記載。

このような誤りは、それほど頻繁にあるわけではないにしても、あとを絶たないようです。

人間、どれだけ注意してもミスがゼロになることはありません。

もうこれは私も含め、注意していくしかないと思います。


誤りと言えば、この人もジャニーズファンにネットでたたかれていますね。

それは、赤西仁です。

では、赤西は何をしでかしてしまったのでしょうか?

赤西は、8月5日にNHK BSプレミアムで放送の「ザ少年倶楽部」の収録にゲストとして参加しました。

その時の赤西の発言が問題になったのです。

赤西は、A.B.C-ZのZを“ゼット”と読んでしまったり、“Kis-My-Ft2はなぜ“2”なの?”と質問したそうです。

これには、両グループのファンがカンカンに怒っているようです。

長く休んでいたとは言え、後輩のことぐらいきっちりと知っておいて欲しいですね。

少なくても、わからないことや疑問に思うことは収録前に確認しておいて欲しいです。

ジャニタレの先輩が間違うぐらいですから、雑誌社が間違ってもおかしくない!?

↓赤西の復帰第2弾シングル!

<楽天>

(関連記事・引用元:http://jmania.jp/jblog/201309/028979.html)

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


→「生田斗真の映画をチェック!」

→「Hey!Say!JUMP オークションでお得なグッズを探す!」



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2017年10月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ