大コケの実写版「ガッチャマン」、当初は嵐メンバーがキャスティングされていた!?

総製作費80億円をかけた作られた実写版「ガッチャマン」。

とにかく、この映画にはお金をかけにかけまくまったという印象が強いですね。

しかし、公開してみると、2日間で興収がたったの1億1,570万円(全国週末興行成績・興行通信社)というのですからそのひどさがわかります。
→ranking




芸能ブログ 芸能裏話・噂



宣伝活動にもかなり力を入れていましたが、実は試写の段階で映画関係者はこの事態を予測していたそうです。


(以下引用)

「ストーリーも陳腐で、CG技術も微妙……。試写が終わった段階で『これはヤバイ』『絶対コケる』と、口々に言われていました」(映画関係者)

 キャストについても「人気の若手俳優を揃えればなんとかなる、といった感じ。紅一点の剛力さんも、ちょっと浮いている気がする」(別の映画関係者)と散々だ。

(日刊サイゾーより)


キャストからストーリーまで、まったくダメだったようですね。

ストーリーの評価が低すぎますね。

特に、あまりにも原作と違っているので、原作を期待していくと失敗するらしいですね。

まったく違う映画を観に行くと思うぐらいでちょうどよいそうです。


大コケは、この人のせいという噂までネットで出ています。
 
 この人とは? 芸能ブログ 芸能裏話・噂
  
        芸能ブログ 芸能裏話・噂

        芸能ブログ 芸能エンタメ噂

        芸能ブログ 芸能裏話・噂   


<楽天>


実写版「ガッチャマン」に、何と当初は嵐のメンバーがキャスティングされていたようです。

しかし、途中でその話はなくなってしまいましたが、その理由がジャニーズ事務所内の派閥争いに関係があるといいます。

ジュリー藤島氏とI女史の争いが、このようなところでも影響しているようですね。


(以下引用)

ジュリー氏が嵐メンバーのキャスティングに難色を示したのは、2000年にSMAPがNTT東日本のCMで先にガッチャマンに扮していたからとウワサされています。SMAPに続くことは、ジュリー氏的に許せなかったのでしょう。コケたときに『やっぱりSMAPのほうがよかった』と言われることも明白ですからね」

(日刊サイゾーより)


嵐を担当するジュリー氏からすると、ライバルのSMAPの育ての親とも言われるI女史に負けたくないのでしょうね。

ジュリー氏は、嵐を担当する割には心配性ですね。

今の嵐なら、SMAPより上だと思いますが。

嵐のメンバーが出るだけで、「ガッチャマン」は大ヒットだったのではないでしょうか?

もし、若干原作を変えて、嵐のメンバー全員が出演していればすごいことになっていたのではないかと思います。

この派閥争いがなければ、「ガッチャマン」は大成功だったかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2017年10月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ