「年間シングルランキング」で嵐が圧勝!関ジャニ∞&Kis-My-Ft2が大躍進!

今年のCDの売り上げを示す「年間シングルランキングTOP20」が、「日経エンタテインメント!」(2014年1月号)で発表されました。

驚くことに、ジャニーズ勢は20曲中12曲を占めているといいます。

のシングル「Calling/Breathless」が1位に輝きました。

ちなみに、アルバムも嵐の「LOVE」が1位に入っています。
芸能ブログ 芸能裏話・噂



ranking


(以下引用)

 年間シングルランキングで1位を獲得した「Calling」は、今年1~3月放送の相葉雅紀主演ドラマ『ラストホープ』(フジテレビ系)の主題歌で、「Breathless」は3月公開の二宮和也主演映画『プラチナデータ』の主題歌に起用された楽曲。売り上げは88万1,144枚で、2位のAKB48「さよならクロール」(79万9,352枚)とはおよそ10万枚の差がついている。

『さよならクロール』は、オリコンでは195万枚超のヒットとされていますが、同誌のランキングはオリコンのデータとは異なり、劇場版など特殊ルートのCDを含まないため、このような順位になっているそうです。嵐のシングル・アルバム両部門制覇は09年、10年に次いで今年で3度目に。今年リリースしたもう1枚のシングル『Endless Game』も4位に入っており、2作合わせた売り上げは145万枚を超えています」(芸能ライター)

(サイゾーウーマンより)


itigo 業界で評判の悪いジャニタレは?

geinoureading geinoureading geinouranking geinoureading


嵐のCDはよく売れます。

特に、アルバムのセールスには絶対の自信を持っているのではないでしょうか?

ジャニーズでは間違いなく、ダントツのトップです。

ただ、オリコンと算出方法が異なるというのが気になります。

劇場版など特殊ルートのCDを含まないということですが、年間のシングル売上げ枚数のランキングなのに、なぜ含むものと含まないものがあるのかよくわかりません。

単純に、売れたCDの枚数を集計すればよいだけなのではないでしょうか?

それとも、その方法だとAKB48には勝てないので、AKB48以外のアーティストが獲れるように算出方法を変えているのでしょうか?

個人的には、法律に違反する方法で売り上げたのでなければ、仮に特典商法であってもそのまま集計し、数が多い者が1位でよいと思います。

ジャニーズもCDの販売形態を増やして、セールスを伸ばしています。

あまり偉そうなことは言えませんからね。


嵐には、実力でシングル年間ランキングで1位を獲って欲しいですね。

何か1位に輝いたと言われても、実際はAKB48には劣っているのにと思われるのは嫌ですからね。



(以下引用)

 売り上げ枚数では“向かうところ敵なし”の嵐だが、ジャニーズはほかにもデビュー3年目のKis-My-Ft2が大躍進。今年リリースした4作のうち3作が20位以内に入っており、ランクイン数では嵐を上回った。また、SMAPと関ジャニ∞が2曲、Hey!Say!JUMPは1曲、そして山田涼介のソロデビューシングル「ミステリー ヴァージン」も20位以内に食い込んだ。さらに、1997年のデビューからシングルが33作連続1位を獲得しているKinKi Kidsは、今年10月リリースの「まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを」が19位に登場している。

「キスマイは11年のデビューから2年の間に9枚のシングルCDを出しており、ほかのグループよりもリリースのペースが早いのが特徴です。TOP10に2曲がランクインした関ジャニは、それぞれ30万枚超を果たし、アルバムランキングでも10月発売の『JUKE BOX』が6位に入るなど順調にヒットを飛ばしています。さらに、先日発表されたAmazonのミュージック総合部門ランキングでは、嵐がトップ10圏外の一方で、9位に関ジャニ∞の『JUKE BOX』がランクイン。目覚ましい活躍をみせています。また、昨年は『Moment』が29位、『さかさまの空』が30位でともに10万台の売り上げだったSMAPは、今年はCD販売形態を増やしたことが功を奏したのか、順位が上がっています。ジャニーズは楽曲をiTunes Store等でのダウンロード販売を行わない方針のため、CDの売り上げが伸びやすいのでしょう」(同)

(中間削除)

【2013年 年間シングルランキングTOP20】


1位  嵐「Calling/Breathless」(売上枚数:88万1,144枚、形態:3種類)
2位  AKB48「さよならクロール」(売上枚数:79万9,352枚、形態:6種類)
3位  AKB48「恋するフォーチュンクッキー」(売上枚数:59万3,835、形態:6種類)
4位  嵐「Endless Game」(売上枚数:57万2,922枚、形態:2種類)
5位  AKB48「So long!」(売上枚数:43万9,071、形態:6種類)
6位  関ジャニ∞「へそ曲がり/ここにしかない景色」(売上枚数:34万7,186枚、形態:3種類)
7位  AKB48「ハート・エレキ」(売上枚数:34万0,627枚、形態:8種類)
8位  SMAP「Joy!!」(売上枚数:32万8,930枚、形態:5種類)
9位  サザンオールスターズ「ピースとハイライト」(売上枚数:31万5,271枚、形態:3種類)
10位 関ジャニ∞「涙の答え」(売上枚数:30万2,964枚、形態:3種類)

※サウンドスキャンが調査したデータ(2012年12月31日~2013年11月10日)を元に「日経エンタテインメント!」編集部が作成。パッケージが複数ある場合はセールスを合算。

(サイゾーウーマンより)


buta TOKIO長瀬智也ついに結婚?国分やV6坂本も可能性大!ジャニーズ新体制で規制が撤廃に!

reading ranking ranking reading


 <楽天>


ランキングを見ると、本当に異常ですよね。

ほぼジャニーズとAKB48ばかりです。

日本には、ジャニーズとAKB48以外のアーティストはいないのでしょうか?

ちょっと寂しいですね。

嵐以外では、関ジャニ∞とKis-My-Ft2が頑張っていますね。

今、両グループが共に大人気です。

他にも、若手グループがたくさんいます。

仮に嵐の人気が落ちても、その頃には次の人気グループが出てきていると思います。

これの繰り返しが予想されます。

今後もジャニーズは安泰ですね。


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


【おすすめ情報】

ジャニーズ関連もたくさん出品されています!

・今人気のクリスマスプレゼントとは?ランキング形式でわかりやすく、参考になります。


【おすすめ芸能ニュース】

・美川憲一に2億超の損害賠償請求!前社長が許せない“ギャンブル狂い”と“男遍歴”(芸能スクープ、今旬ナビ!!)
芸能ブログ 芸能裏話・噂

・松本潤が大河ドラマ「花燃ゆ」に出演か!井上真央との熱愛スキャンダル発覚に期待する芸能マスコミとそれを利用する製作側(Johnny’s Watcher)
ジャニーズ裏話・噂


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2018年6月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ