「ミヤネ屋」の宮根誠司とデーブ・スペクター、赤西仁のアメリカ進出について言及!「相当厳しいんじゃないか」

ジャニーズ事務所が2月28日付で、赤西仁との契約を解除したことが明らかになり、多くのファンがショックを受けました。

海外での活動を望んでいる赤西と、ジャニーズ事務所との方向性の違いが今回の大きな原因のようです。

そんな中、「ミヤネ屋」の宮根誠司とデーブ・スペクターがアメリカ進出が相当厳しいのではないかとの見方を示したといいます。
ranking


<関連商品>
BANDAGE バンデイジ 豪華版




(以下引用)

「もともと、赤西はジャニー喜多川社長が特別に目をかけていたので、ほかの幹部が呆れるほど赤西に対しては処分が甘く、『彼は自分の好きにやったほうが伸びる』と期待していたが、“赤西軍団”を率い、山下智久や錦戸亮が夜遊びにどっぷりハマるきっかけを作ったという“余罪”もあった。昨年夏に再起を図ってからは、SMAPのチーフマネジャーのI女史がバックアップしていたが、自分の主張を抑えきれずに事務所とことごとく対立。事実上、クビだった」(週刊誌記者)

(日刊サイゾーより)


ジャニー喜多川社長のお気に入りでなければ、少なくても黒木メイサとの“でき婚”の時にクビになっていたと思います。

他にもいろいろと問題を起こしており、ジャニーズの問題児として有名でした。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

芸能活動に復帰して約半年が経ちましたが、正直赤西のやっていることは理解できません。

ジャニー喜多川社長がせっかく事務所にいられるようにしてくれたのに、その期待に応えることなく、しかもこれほど早くに事務所を飛び出すなんて、裏切り行為もいいところですね。

個人的には、社長のためにも、数年は仕事を選ばず、がむしゃらに頑張って欲しかったです。

その後、海外で活動したいのなら、今後のことを決めればよかったと思います。

そう考えると、残念で仕方がありません。


そもそも、赤西は海外で活躍できるのでしょうか?

海外では、英語を生かして音楽活動や俳優業を行ないたいようです。


(以下引用)

「CDはそれなりに売れたが、ジャニーズのバックアップがあったからこそ。今後、かなりのファン離れが進むことになりそう。しかし、赤西は『英語の歌しか歌いたくない』と、あくまでも海外のマーケットを中心とした活動を主張し続けている」(テレビ関係者)

(日刊サイゾーより)


CDが売れたといっても、外国人がたくさん購入してくれたわけではなく、日本人が購入しているのではないでしょうか?

また、俳優についてはハリウッドデビューしたとは言え、「47RONIN」は大コケでしたので、赤西の知名度はほとんどないに等しいのではないでしょうか?
geinou reading
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking

正直、どちらもかなり難しいのではないでしょうか?


「ミヤネ屋」の宮根誠司とデーブ・スペクターが、赤西のアメリカ進出について言及しています。


(以下引用)

同番組司会の宮根誠司と、アメリカの事情をよく知るデーブ・スペクターが、アメリカで活動するには相当厳しいのではないかとの見方を示した。

デーブは、「歌手として(赤西よりも)もっと有名な人達が日本から行っている人がいて、宇多田ヒカルさんとか、DREAMS COME TRUEとか。どうしても日本に戻ってきちゃう。役者として行ったほうがいいかもしれない」と語った。

これに対し宮根は「アメリカのミュージカルのオーディションでは、英語が喋れても、例えば南部のなまりで喋ってくれと、いわゆる日本でいう方言で喋ってくれと言われることもあるようで、相当厳しいんじゃないか」と話した。

さらに、ここでデーブは「(アメリカでは)東洋人とか日本人の役が欲しかったら日系人を使えばいいんですよ。あるいはほかのアジア系とか。日本からわざわざ来た人だとどうしてもアクセントの違いとかあるから」と、日本人が役者としてアメリカで活動をすることの難しさを語った。

(livedoor NEWSより)


デーブの言うとおりだと思います。

松田聖子、DREAMS COME TRUE、宇多田ヒカルなど、日本ではトップクラスの歌手が挑戦していますが、よい結果を出すことができませんでした。

itigo 日本人アーティストの全米シングルチャートの結果!
geinou reading
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking


楽曲や歌声など、アメリカ人とはまったく好みが違うと思います。

特に、歌声が問題なのではないかと個人的には思います。

日本人離れした、アメリカ人のような声質、声量の歌手が挑戦すれば、少しは可能性があるかもしれません。

正直、赤西では厳しいのではないかと見ているようです。


ミュージカルにしろ、俳優にしろ、言葉の壁がどうしても問題になるようです。

ただ、英語が話せるだけではダメなようです。

これから、アメリカで長く暮らしていけば、言葉の壁は乗り越えられるかもしれませんね。

とは言え、すぐにはどうしようもありません。


宮根もデーブも赤西のアメリカでの活動を応援しているようですが、現実的にはかなり厳しいと言わざるを得なかったようです。

嘘は言えませんので、仕方がないですね。

赤西には、ジャニーズのバックアップがなくなってもやっていけるという勝算でもあるのでしょうか?

赤西は相当な人脈を持っていますので、何かあてでもあるのかもしれません。

しばらくは様子を見るしかありませんね。


itigo 山下智久にも、関ジャニ∞・錦戸亮にも、退所の可能性があるって本当!?
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading
geinou reading


【おすすめ情報】

ジャニーズ関連もたくさん出品されています!


【おすすめ芸能ニュース】

・キムタク、ブチ切れ!諸星和己「俺の”お下がり”と結婚した」!工藤静香との交際自慢!共演NGに… (芸能ニュース、どん!)
芸能人気ブログランキング8位

・元モー娘。久住小春が結婚をブログで報告(芸能マキシマ)
芸能人気ブログランキング14位


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2018年5月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ