赤西仁が中国で大人気!複数の中国企業が興味を示しているという噂も!

先月末でジャニーズ事務所を退社した赤西仁

その赤西が、ポップなキャラになったと話題になっています。

赤西の中国での人気がすごいそうです。
geinouranking





<関連商品>
亀梨和也VS赤西仁 / KAT-TUN応援隊



赤西と言えば、KAT-TUNを脱退したり、黒木メイサとデキ婚したりと、やりたい放題してきたイメージが強いです。

ジャニーズの問題児と呼ばれることもありました。

その赤西のキャラが変わったというのです。

Twitterを再開し、「Instagram」でプライベート写真を頻繁に投稿しているそうです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

フォロワー数は、どんどん増えて22万人以上になったそうです。


(以下引用)

日本での活動はジャニーズの影響力もあり、なかなかうまくはいかないと思うが、赤西本人が芸能界のメインストリームにはまったく興味がない。米国移住もそうだが、海外ブランドの化粧品モデルの仕事など、ジャニーズが絡まないジャンルで勝負していくつもりのようだ」とはアイドル誌ライター。

 すでに、複数の中国企業が赤西に興味を示しているという話もある。

「もともとアイツは勘違いされやすいだけで、根はいいヤツ。今は伸び伸びと自分のペースで仕事していて、現場でもジャニーズ時代とは打って変わってノリがいいそうだ。先日も、アメリカの雑誌で世界のイケメンランキングに自分がノミネートされたことを喜んでいた」(芸能関係者)

(日刊サイゾーより)


itigo 赤西が「世界で最もハンサムな顔100人」に選出でファンに感謝!
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking
geinou ranking


さすがの赤西も、日本での活動は厳しいようです。

ジャニーズ事務所は、裏切り者を絶対に許しませんからね。

ただ、赤西はもともと海外での活動を希望していましたので、あまり関係がないと言えば、関係がないのかもしれません。


国内に留まらず、赤西は中国版Twitterでもアカウントを開設し、いろいろなプライベート情報を発信しているといいます。
geinou ranking
geinou ranking
→ geinou reading
geinou ranking

中国での反響の大きさに、赤西が喜んでいたといいます。

なかなかよい感触を得ているようです。

先日も、赤西が次のようなツイートをしています。


(以下引用)

最近中国のWeiboというソーシャルネットワークのアカウントを作ったのですが、今日チェックしてみたらなんとフォロワーが12万人越えしてた!嬉しいから飲んでるなう

(赤西のツイッターより)


すごいフォロワー数ですね。

そこまで、赤西が中国で人気があったとは思いませんでした。

赤西に興味を示している中国企業があるそうですが、本当でしょうか?

上手くいけば、本格的に中国へ進出するかもしれませんね。


こういう活き活きとした赤西を見ると、ジャニーズ事務所を退社してよかったのかもしれません。

赤西の性格を考えると、やりたくもない仕事を無理矢理やらせられるよりも、本当に自分がしたいことを思いっきりやらせてあげた方が結果を残しそうですね。

どこまで赤西がやってくれるのか、今後に注目したいです。


itigo 妻の黒木メイサは、赤西が退所したことで女優業の仕事が激減する可能性があるそうです。
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading
geinou reading


【オークション情報】

ジャニーズ


【おすすめ芸能ニュース】

・松田龍平、美女とイチャつきショット流出!「よきパパ」イメージ崩壊の夜の目撃談(エンタメSCOOP)
芸能人気ブログランキング1位

・浅香光代の隠し子がテレビ出演!母親との関係を告白!(芸能界の裏の顔)
芸能人気ブログランキング2位


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2018年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ