7月クールも「HERO」「金田一少年の事件簿」「信長のシェフ」と続編・リメイクものがズラリ!続編・リメイクブームの戦犯はフジテレビだった!?

7月クールの連続ドラマが、すごいことになっているといいます。

それは、「HERO」「GTO」「若者たち」「金田一少年の事件簿」「信長のシェフ」と、ヒット作の続編・リメイクがズラリと並んでいるからです。

どうして、このようなことになってしまったのでしょうか?
geinouranking





<関連商品>
HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版


 
それには、ある理由があるそうです。


(以下引用)

 続編モノは前作からのファンを引っ張ることができ、かつ話題性もそれなりにある“安全牌”。SMAP・木村拓哉主演の『HERO』は、全話の視聴率が30%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を超え、最終回では36.8%を記録した大ヒット作。また『GTO』も、反町隆史が主演した第1シリーズが最終回で35.7%を記録し、今回も続投するEXILE・AKIRAが主演した第2シリーズでは平均視聴率14.3%と、同クールのドラマでは最高の数字だった。

 さらにHey!Say!JUMP・山田涼介が4代目金田一一を演じる『金田一少年の事件簿』も、1995年にKinKi Kids・堂本剛が初代金田一を演じて平均視聴率23.9%を獲った第1シリーズから、代々ジャニーズの注目の若手が主演を引き継ぎ、そのファンを取り込んでいるキラーコンテンツだ。

(サイゾーウーマンより)


確かに、続編・リメイクものは、完全な新作ドラマに比べると、前作のファンが付いているだけに失敗が少なそうです。

ただ、気になるのは、前作が放送されてからかなりの年数が経っているドラマはどうかと思います。

続編ものは、主演した役者が年を取りすぎ、違和感があります。

また、若者が前作を知らない可能性があります。

リメイクものは、どうしても前作と比べられてしまいます。

リメイクものの方が、酷評されるパターンが多いように感じます。

個人的には、続編・リメイクものでも大成功を収めることは難しいのではないかと思います。


最近の人気ドラマの続編なら、まだ成功できる可能性がありそうですね。

今なら、「半沢直樹」でしょうか?

もちろん、高い視聴率を維持するには、ストーリーが重要ですが。

続編・リメイクもののメリットは、大失敗しない可能性が高いことでしょう。

最低限の視聴率はキープできますからね。

それに比べると、新作ドラマは失敗のリスクが大きいです。

今回、名前が挙がった続編・リメイクものも、それなりには数字が取れると思われます。


itigo Kis-My-Ft2・玉森裕太主演「信長のシェフ」、意外な業界で人気だった!?「仲間はみんな観てましたよ!」
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking
geinou ranking


このことに対して、ネット上で「守りに入っているのが丸わかり」「新鮮味がない」と批判的な声が上がっています。

業界内では、「続編・リメイクブームの戦犯はフジテレビ」という見方が強いようです。

最近、フジテレビは続編・リメイクものを量産しています。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

「ショムニ」「救命病棟24時」「リーガルハイ」「医龍」「最後から二番目の恋」など。

「ショムニ」は大惨敗でしたが、それ以外はそこそこの視聴率を取っているようです。


itigo フジ、TBS『半沢直樹』に屈す、視聴率民放第4位の戦犯は『ショムニ』!?
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking



(以下引用)

 ヒット作を作るのではなく、失敗作を作らないようにする。そんなフジの姿勢に、ネット上でも批判が続出しているようだが、「スポンサーからのCMで成り立つテレビ業界にとっては大切なこと」と語るのは、テレビ局関係者だ。

「他局にも、この“安全牌作戦”を見習おうという流れが出てきたため、7月クールのようなラインナップになったのかも。さすがに、フジのように、1クール内に何本も続編・リメイク作品を持ってくる面の皮の厚さはないようですが」

(サイゾーウーマンより)


続編・リメイクものに力を入れ出したのは、フジテレビのようですね。

確かに、以前やってたと感じるドラマのタイトルが多いです。

フジテレビのドラマ不振は、ずっと続いています。

続編・リメイクもので巻き返したかったのでしょう。

他局も、これをまねているようです。


Hey!Say!JUMP・山田涼介主演のドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」の放送決定!「すぐに金田一モードに切り替えることができました」



テレビ局は視聴率を取ってなんぼの世界ですから、多少の批判を浴びてでも視聴率を取りにきますね。

新作ドラマで視聴率が取れれば1番よいのですが、最近はなかなかヒット作を生み出せません。

ヒット作どころか、低視聴率に苦しむドラマの方が圧倒的に多いように思います。

そう考えると、続編・リメイクものを作るのも、ある程度は仕方がないことだと思われます。

そうしないと、テレビ局自体がやっていけませんので。

しかし、それでは何の解決にもなっていません。

続編・リメイクものを作るにしても、いつまでも続けるわけにはいきません。

ネタがなくなったら、終わりです。

今の間に、内容を重視したよいドラマの作り方を研究すべきではないでしょうか?


7月クールのドラマのうち、フジテレビの続編・リメイクものは3本(「HERO」「GTO」「若者たち」)もあるようです。

さすがに、これは多過ぎるのではないでしょうか?

この3本が高視聴率を取れるのか、注目したいですね。


itigo 視聴率よりも現場の雰囲気が大事!「HERO」続編に臨む木村拓哉はこれまでの“キムタクスタイル”から脱却できるのか?
geinou ranking
→ geinou ranking
geinou reading
geinou reading


【オークション&通販情報】

ジャニーズ


【おすすめ芸能ニュース】

・紗栄子に悪評噴出!新恋人登場で育児放棄、しかも彼氏は逮捕歴のある胡散臭い人物だとか…(芸能スクープ、今旬ナビ!!)
芸能人気ブログランキング3位

・ほしのあき、夫は今も合コン三昧!ほしのは相変わらず実家で目撃多数も復帰はなし!(ズバリ裏芸能)
芸能人気ブログランキング5位

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界のう・わ・さ!!

芸能広場

携帯・スマホでも閲覧OK!

QR Code fuer diese Seite
携帯・スマホに登録しておくと、いつでもどこでも見れてたいへん便利です。
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ