26日に放送された「しゃべくり007」に、KAT-TUN・亀梨和也が出演しました。

番組で、亀梨は自身のコンプレックスを告白しました。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


亀梨は、たくさんコンプレックスを持っているといいます。

観客からは、「えー!?」という驚きの声が上がりました。

しかも、その1つが顔だというのです。

ほとんどの人は、亀梨のようなイケメンが、顔にコンプレックスを持っているというのは信じられないと思います。


では、具体的にどこが気に食わないというのでしょうか?

亀梨が言うには、左目が大きいところだそうです。

上田晋也が「でかいぶんにはいいよ! こちとら両方小さいんだから」と訴え、爆笑が起こった。また、前髪が左目にかかっている髪型について、上田が「ごまかしでみたいのがあるの?」と聞くと、亀梨は「めちゃくちゃありますね」と答えた。

(マイナビニュースより引用)


前髪が左目にかかっているのは、左目の大きさをわかりにくくするためのようです。

左目は大きいと言っていますが、誰も気にならない程度です。

亀梨の左目が大きいと言っている人などいないと思いますよ。


コンプレックスとはそういうものと言えば、そういうものですね。

他人から見れば、悩むようなことではないと思えることでも、本人にしてみれば気になって仕方がないのです。

太っていないのに、太っていると思い込んで悩んでいる人など、実にさまざまな人がいます。

私たちから見れば、亀梨はイケメンでほとんどの男性が羨ましがるルックスの持ち主だと思います。

それでも、亀梨にとっては左目が大きいということがコンプレックスなのです。

人の気持ちというのはわかりませんね。


Twitterでは、「贅沢すぎる」「顔がコンプレックスとは意外だ」「亀梨が顔コンプレックスなんて信じられない」などと驚きの声が上っています。

さらに、「普通にかっこいい」「イケメンだ」などという声もあります。

コンプレックスと感じるのかどうかは人によって異なるとは言え、亀梨ほどのイケメンが顔コンプレックスを持っていると聞けば、ほとんどの男性はやってられませんね。

あんなにイケメンで、贅沢な悩みだと思ってしまうからです。

亀梨が、コンプレックスを解消できる日は来るのでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!