4月から始まるSMAP・木村拓哉主演のドラマ「アイムホーム」。

先日、水野美紀が同ドラマに出演することが発表されました。

“干され女優”として、暗黒の時代を過ごしてきた水野が復活するまでには、苦難の道のりがあったというのです。


木村との共演は、2000年に放送された「ビューティフルライフ」以来15年ぶりだといいます。

15年も経っていると、お互いにかなり変わったと感じるかもしれませんね。

それぐらい15年は長いですね。


同ドラマで、水野は木村の元妻役を演じるといいます。

初共演となる上戸彩が、現在の妻役を務めます。

家族愛とは何かをテーマにしたドラマになっています。

それだけに、水野はストーリー上、かなり重要な役を任されています。


最近、水野をテレビで見かけることが多くなりましたね。

実は、水野は一時期芸能界を干されていたといいます。


以前、水野は清純派女優として売り出していましたが、本人はアクションや舞台に力を入れたいと考えていたのです。

そこで、所属事務所と意見の食い違いで衝突してしまい、2005年に独立することになりました。

ここからが、地獄の始まりです。


また、水野がついていなかったのが、所属事務所が“芸能界のドン”直轄の大手事務所(バーニングプロダクション)だったことです。

当然、テレビなどマスコミ関係者は、ドンを怒らせないように、水野を使わなくなりました。

事実上、水野は芸能界から干されてしまいました。

「独立後は仕事が一気に減り、ドラマも数年間は出演作がなかった。仕事の電話も水野自身が窓口となり、応対していたといいます。やっとテレビの仕事が来たと思えば、バラエティ番組『リンカーン』(TBS系)の『芸人がドラマを作る』という企画で、おぎやはぎの矢作兼から何十回もキスされるという汚れ役。そして、映画では『恋の罪』で一糸まとわぬ姿を披露し、女優として必死に踏みとどまりました。さらに、彼女はプライベートでも運がなかった。当時、付き合っていた俳優の北村有起哉が携帯を紛失したことで、2人の写真が世に流出という、まさに地獄のような日々だった」(前出・業界関係者)

(アサ芸プラスより引用)


矢作と何十回もキスしたそうですね。

当時は、仕事を選べるような状況にはなかったのでしょう。

芸能界は厳しいです。


北村との写真が流出したのも、痛かったそうです。

この時は、本当に何もよいことがないという感じがしますね。


ジャニーズ事務所でも、同じようなことがあると言われていますよね。

田原俊彦がよい例です。

マスコミへの発言も問題になっていましたが。

田原も干されていて、長い間テレビで見かけることはありませんでした。


また、ジャニーズJr.も退所すると、“元ジャニーズ”の肩書きがついてまわり、ジャニーズ事務所を恐れて、なかなか雇ってくれる事務所がないようです。

干されたというのとは、少し違うかもしれませんが。

 そんな水野だったが、出世作「踊る大捜査線」はパート3で産休中という設定になりレギュラーを外されたものの、最終作では物語に必要不可欠として、主役の織田裕二みずから旧事務所に直談判、みごと復帰を果たした。その頃から水野は、少しずつメディアへの露出が増え始める。

結局は水野が芸能界の大物や関係者に詫びを入れ、前事務所傘下のプロダクションと業務提携を結んだことで、表舞台へ戻ることに成功したようです。その後は、昼ドラの主演やゴールデンドラマのレギュラーなど、トントン拍子で仕事が決まっていきました」(前出・芸能記者)

(アサ芸プラスより引用)


元々売れていた女優だけに、特別な事情がなくなれば、また活躍の場が増えていきますね。

最近は、堀北真希主演のドラマ「まっしろ」など、本当にいろいろなドラマに出ているのを見かけます。



「アイムホーム」は、昨年高視聴率連発した「ドクターX」の木曜21時枠で放送されます。

それだけに、木村もかなり気合が入っているそうです。

豪華共演人に、高視聴率が狙える枠とくれば、失敗は許されません。

注目度が非常に高いドラマなので、水野にとってもいいアピールの場にしたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!