先月24日に行われた「VS嵐」の収録中にケガをした関根麻里

番組の途中で消えたと、ネット上で話題になっていました。

軽症だと報じられましたが、意外と重症だといいます。


この時の収録では、麻里は父親の関根勤やずん、どぶろっくなどとと、「浅井企画」チームの一員として登場しました。

「GoGoスイーパー」などはじめのうちは、麻里は元気にゲームに参加していました。

しかし、「キッキングスナイパー」や「コロコロバイキング」では、麻里の姿はありませんでした。

普通なら、絶対に出ているはずなのですが。

そのため、ネット上では大騒ぎになったといいます。


麻里は、「ジャングルビンゴ」で足を踏み外して、高さ60センチから落ちて顔面を強打したというのです。

病院へ行って、手当てを受けたそうです。

右目上を負傷し、全治1週間という診断が出たといいます。


実は、このケガは意外と重症だったというのです。

右目の上にコブができた状態で、全治1週間ということから『軽傷』との見方が多かったのですが、実は結構な重傷で、とても1週間で完治するレベルではなかった。他の出演番組では眼帯をして収録に臨み、“大丈夫ですよ~”と明るく振る舞っていますが、顔に傷が残らないか心配されています」(テレビ関係者)

(日刊ゲンダイより引用)


麻里がかわいそうです。

女性だけに、顔に傷が残らなければいいですね。


麻里は、ケガをしてもテレビに出ていました。

眼帯だけではなく、あごにテープも貼っており、本当に痛々しい姿に見えます。

夫のKも心配していると思います。

早くケガが治ればよいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!