最近俳優としてメキメキ頭角を現してきたHey!Say!JUMP・中島裕翔

その中島が、先日来年に映画「ピンクとグレー」で主演を務めることが発表されました。

しかし、中島の主演決定には、ある疑惑があるといいます。


中島と言えば、ドラマ「半沢直樹」で一気に知名度が上がりました。

同ドラマでは、堺雅人演じる半沢の部下・中西役を熱演しました。
 
髪型はすっきりとしていて、ビシッとスーツで決めていますので、アイドルとは思えませんでしたね。

実際、多くの人が、中島がジャニタレであることを知らなかったようです。

同ドラマで知った人が多いようです。


実は、中島は昔堺と共演しています。

2人は、SMAP・木村拓哉主演のドラマ「エンジン」に出演していました。


中島は、子役時代にいろいろとドラマに出ていたようですね。

KAT-TUN・亀梨和也と山下智久の共演で話題になった「野ブタ。をプロデュース」にも、中島は出演していました。

この時に、宇梶剛士と共演していました。

そして、「半沢」で再度共演することになったのです。


そして、今クールには、月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」に出演していました。

長谷川博己の恋のライバル役を、見事に演じ切りました。

特に、最終回での中島の演技に感動したなどという声が上がりました。

同ドラマで、中島の俳優としての評価は、さらに上がりましたね。

「当初、ドラマ関係者からは35歳という設定の長谷川とライバル役を演じるには、21歳の中島はまだ若すぎるのではないかと懸念されていたんです。しかし撮影が始まってみると、髪型も昔のサラリーマンのようにおでこを出し、台詞のトーンも一段落とすことを心がけていた。さらに、現場では台本を見ることはほとんどなく、どれだけ長台詞であってもすべて頭に入れてくる気合の入れよう。そんな彼の努力と実力で周りを納得させ、ライバル役をみごと演じきった」(テレビ関係者)

(アサ芸プラスより引用)


中島は、「半沢」の時もそうでしたが、かなり大人っぽく見えます。

「半沢」の出演時は、確か19歳だったと思います。

19歳で、サラリーマン役がこなせるのですから、たいしたものですね。

今回も、21歳よりも大人っぽく見えました。

これも、中島の武器の1つかもしれません。

幅広く、どのような役でもできますからね。


来年、中島は「ピンクとグレー」で主演を務めることが発表されました。

しかし、このキャスティングにはある疑惑があるというのです。

 「報道では『みごとオーディションを勝ち抜いた』とされていますが、この映画の原作は同事務所の加藤シゲアキが執筆している。さらに、脇を固める役者もジャニーズと関係の深い事務所であるトップコートの菅田将暉です。そのためオーディション結果はあらかじめ決まっていて、出来レースだったのではないかと一部から疑われています

(アサ芸プラスより引用)


実際のところは、どうなのでしょうか?

加藤原作の作品の映画化だけに、状況だけを見ると、そのように取られても仕方がありませんね。


ただ、オーディションは、絶対に行わなければならないものなのでしょうか?

始めから中島にするのであれば、オーディションなんてやらなければいいですね。

公共工事の入札のように、絶対に行わなければならないということはないと思うのですが。

オーディションを行うと、仮に中島が実力で主演の座を勝ち取っても、出来レースだと言われるのは目に見えていますね


中島は、演技で疑惑を吹き飛ばして欲しいです。

実力で選ばれたことを証明するような演技に期待したいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!