4月13日から始まるドラマ「ようこそ、我が家へ」で共演する、嵐・相葉雅紀とジャニーズWEST・藤井流星

2人に共通することがあるといいます。

それは、天然ということです。


相葉が天然キャラであることは、ファンの間で有名です。

特に、言い間違えが多いように思います。

それが、妙に面白いのですが。


具体的に、どのような天然発言があったのでしょうか?

・「VS嵐」で宝塚のOGチームと対戦した時に、「OGっておじさんの略じゃないの?」とまさかの天然発言をしました。

・「天才!志村どうぶつ園」で、「孤軍奮闘」を「キツネ軍奮闘」と読んだり、「東奔西走」を「東方神起」と読んだそうです。

・「嵐の宿題くん」で、「鍋奉行」を「かなぼうこう」と読んだといいます。

・座右の名を「四苦八苦」と言ったこともありました。


相葉は最高ですね。

こういうキャラが、グループに1人は欲しいです。

絶対に盛り上がりますからね。

それに、他の嵐メンバーの愛のあるツッコミも見どころです。


実は、藤井は相葉を超える天然だというのです。

 「黙っていると“ジャニスト一番のイケメン”とも言われる藤井だが、普段の行動はあまりにも残念。クツを間違えるなんてことは日常茶飯事で、蚊をデコピンで倒そうとしたり、水をクチに含んだことを忘れて話し出して服をビショビショに濡らしたり。また、駅のベンチにバッグを置き忘れること数回、駅に電話すると『また君か』と顔まで覚えられてしまったほどなんです」

(アサ芸プラスより引用)


このエピソードを聞く限り、藤井もかなりの天然ですね。

蚊をデコピンで倒そうとしたり、口に水が入っていることを忘れることはないと思いますが。

すごいですね。


「VS嵐」で、相葉と藤井はどちらが天然なのかという話題になったことがありました。

その時は、ジャニストメンバーから藤井の方が天然だという声が上りました。

エピソードから判断すると、確かに藤井の方が天然のように思えますね。


2人とも、いいキャラであることは間違いありません。

これからも、天然ぶりを存分に発揮して欲しいですね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!