今回の「24時間テレビ」で、メインパーソナリティを務めることが決まったV6とHey!Say!JUMP。

そのV6のリーダーを務めるのが、坂本昌行です。

過去に、SMAP・中居正広とTOKIO・城島茂が坂本を絶賛しています。

それは、どうしてなのでしょうか?


V6は、デビュー20周年を迎え、今まさに記念イヤーに突入しています。

CDをリリースしたり、CMに全員で出演したり、紅白歌合戦に出場したりと、最近では考えられないほどの活躍が続いています。

グループとしては低迷期に入っていただけに、よい起爆剤になりましたね。

今年に入っても、「24時間テレビ」への出演や記念のライブツアーが予定されており、まだまだ活躍が期待されます。


過去に、中居と城島が坂本を絶賛しているといいます。

あるテレビ番組で、坂本と中居、城島の3人が初めて顔を揃えたそうです。

その時に、中居と城島が「V6をまとめるのが1番大変だったと思う」と語ったのです。

それは、どうしてなのでしょうか?


V6は、年長組のトニセン(20th Century)と年少組のカミセン(Coming Century)の6人からなるグループです。

「年齢や考え方も違っていたために、グループ内でもたびたび衝突があったようです。しかし、そんなメンバーを根気よくまとめ、引っ張ってきたのが坂本だった。」(芸能ライター)

(アサ芸プラスより引用)


カミセンの人気が、すごかったようです。

そのため、グループ内で大きな格差が生じていたようです。

ジャケット写真などにも、その差がはっきりと出ていたと言われています。


坂本はトニセンだけに、少しやりにくかったと思います。

カミセンのおかげで売れたと思うと、カミセンメンバーに気を遣うこともあったのではないでしょうか?

坂本は、いろいろと苦労したでしょうね。


実は、坂本は1度ジャニーズを辞め、サラリーマンをしていた時期があります。

仲のよかった国分太一に、もう1度頑張りたいとジャニー喜多川社長に伝えてもらって、再度ジャニーズ入りしました。

東山紀之の付き人から、やり直したそうです。

デビュー前から、かなり苦労してきたようです。


今のV6があるのは、坂本の支えがあったからでしょうね。

V6にとっては、今年と来年が1つの正念場です。

記念イヤーが終わっても、グループとしての活動がなくならなければよいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!