16日から、主演ドラマ「アイムホーム」が始まるSMAP・木村拓哉

木村には、ジャニーズ入りしてから、影響を受けた先輩が2人いるといいます。

それは、誰なのでしょうか?


木村がジャニーズ入りしたのは、1987年だといいます。

もう28年も前の話です。


今では、ジャニーズの中で、かなりのベテランになってしまいました。

第一線でバリバリやっているジャニーズグループの中では、もっとも古株ですね。


SMAPはデビューしてすぐに売れず、たいへんな苦労をしたことで有名です。

しかし、売れてしまうと、その勢いは衰えず、ずっと人気が高いまま現在に至っています。

まだまだ若手グループには負けていません。

本当にすごいことですね。


そのSMAPの人気を支えてきたと言っても過言ではない木村にも、影響を受けた先輩が2人いるというのです。

1番影響を受けた先輩と木村が公言しているのが、男闘呼組・岡本健一だといいます。

本当によく可愛がってもらったそうです。

服をもらったり、食事をごちそうしてもらったりしたといいます。

また、岡本は木村のギターの師匠だそうです。


木村は、昔光GENJI・諸星和己にいじめられていたという噂があるのですが、本当なのでしょうか?

今でも諸星はアイドル気分が抜けずに、大口をたたいていることを考えると、人気絶頂期は相当天狗になってやりたい放題していたことが想像できます。

当時、光GENJIのようになりたいかと聞かれたSMAPメンバーが「なりたいです」と答えると、諸星が「絶対なれね~よ」と言ったという話を聞いた記憶があります。

記憶違いならすみません。

もしそれが事実なら、諸星が木村をいじめていたという話も本当のように思えますね。


ちょっと話が逸れましたが。

木村が影響を受けたもう1人の先輩は、木野正人だといいます。

あまり詳しいことは知りませんが、田原俊彦のバッグダンサーや「CHA-CHA」で活躍したジャニタレです。

レッスンやステージで一緒に踊る際、最前列で踊る木野さんの後ろ姿がとても大きく見え、尊敬の眼差しで見ていたそうですよ。しかも、先輩風を吹かせるわけでもなく、すごく優しい。木野さんを見て、『自分もそういう存在になりたい』と強く思ったそうです。木野さんはその後、『CHA-CHA』やジャニーズ事務所を辞め、アメリカへダンス留学。帰国後は田原俊彦さんの振付などを担当し、現在は出身地である静岡県でダンスアーティストとして活躍しています」

(アサ芸プラスより引用)

後輩から尊敬されるような先輩は、やはり先輩面したりしませんね。

しかも、後輩に対して優しいです。

ジャニタレが尊敬する先輩の条件を挙げれば、この2つが上位に入りそうです。

もちろん、アイドルとしてカッコいいという条件も上位に入ると思いますが。


この結果を聞いてちょっと意外でした。

てっきり、近藤真彦や少年隊・東山紀之の名前などのビッグネームが出てくると思っていましたので。



今や、木村も後輩から尊敬される立場になりました。

その後輩の中から、もう新たなスターが誕生しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!