毎回ゲストチームを迎えていろいろなゲームで対戦する番組「VS嵐」。

19日に放送された同番組に、篠原信一、田中卓志、中村昌也、山崎静代(南海キャンディーズ)、山根恵里奈、結子で結成された“チーム高身長”が登場しました。

番組の中で、松本潤が結子に謝罪する事態が起りました。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


対戦が進み、ピンボールランナーの時に、結子が昔、嵐メンバーに会ったことがあるという話が紹介されました。

それは、松本だといいます。

しかし、結子にはあまりよい思い出ではないようです。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】ARASHI BLAST in Miyagi【通常盤】【Blu-ray】

 
(以下引用)

「小学5年生の頃に街頭インタビューで松本潤さんに。私は昔から飛び抜けて背が高かったので、『小学生の割に背ぇ高くない!?』って言われて。それが結構ショックで……。小学生なりに結構引きずるわぁと思って」と打ち明けると、篠原も「ダメだな! 松潤ってダメだな!」と追い討ちをかけた。それに対して松本は「大変申し訳なかった」と謝罪していた。

(リアルサウンドより)


松本は、もちろん悪気があったわけではないでしょうが、結子はかなりショックを受けたようです。

アイドルにそのように言われたことが、さらに大きなショックになったのかもしれませんね。


さすがに、これはかわいそうです。

たとえ小学生でも、いろいろなコンプレックスを持っていますからね。

背が高過ぎると、きっとコンプレックスになるでしょう。

特に、女の子は嫌だと思います。


子供相手でも、発言には注意しなければなりません。

すぐに謝罪するあたり、潔くていいですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう