イカメタルの人気がすごいです。

福井県で生まれた釣法ですが、どんどん広がっています。

ここでは、イカメタルの時期・時間帯についてご紹介します。

イカメタルとはどのような釣法?

イカメタルとは、メタルスッテと呼ばれる重いスッテを使って行う釣法のことです。

メタルスッテにプラスして、浮きスッテやエギを付けることもあります。

ルアー釣りのように、シャクるなどの誘いを入れてイカを乗せます。

非常にゲーム性の高い釣りです。

イカメタルの時期・時間帯


基本的には、船の夜釣りで行います。

例外的に、日中に行われることもあります。


イカメタルの対象となるイカには、ケンサキイカやスルメイカ、ヤリイカなどがいます。

エギングで人気のアオリイカは、イカメタルでは釣りません。

スポンサーリンク

イカメタルの時期

イカメタルの時期は、対象となるイカの種類によってかなり変わります。

イカの種類ごとに時期をご紹介します。


ケンサキイカ

ケンサキイカは、7~10月まで釣れます。

もっともおすすめなのは、8~9月です。

小さなイカが釣れ出すと、数釣りが可能となります。

逆に、小さなイカが釣れないようでは、それほどたくさん釣ることは難しいです。


スルメイカ

スルメイカは、5~10月まで釣れます。

もっともおすすめなのは、6~8月です。

ケンサキイカよりも釣れ出すのが早いです。

ムギイカと呼ばれる小さなイカが釣れるようになると、爆釣も可能となります。


ヤリイカ

ヤリイカは、ケンサキイカやスルメイカとは少し時期がズレます。

ただ、ケンサキイカ釣りに行くと、たまにヤリイカが釣れることがあります。

ヤリイカは、10~4月まで釣れます。

もっともおすすめなのは、11~3月です。

寒い時期の日中に狙われることが多いです。


上でご紹介したのは、比較的釣れる可能性の高い時期です。

そのため、これ以外の時期に釣れることもあります。

地域や年によって、釣れる時期が異なることもあります。

イカメタルの時間帯

イカメタルは、基本的に夜間に行われます。

ケンサキイカ釣りやスルメイカ釣りは、夕方に出船して日が沈んでからが本番です。

日が沈む前は底付近にイカがいます。

船の明かりで段々浮いてきます。

イカがいるタナを狙うので、常にイカがどのタナにいるかを意識して釣ります。

イカは、夜が明けるまで釣れます。


ヤリイカ釣りは、夜釣りでも行えます。

寒い時期になると、日中に釣りに出る船が増えます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう