グランメゾン東京の第5話のあらすじとネタバレ

グランメゾン東京の第5話のあらすじとネタバレについてです。

3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。
そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。
しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。
オープンして、すぐに閉店の危機。
そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。
そして、そこに強力な助っ人が加わった。祥平(玉森裕太)だ。
祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。
全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。
はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか…?!
(公式サイトより引用)




<上のあらすじの続き>

フードフェスのジビエカレーは、まずまず成功します。

他のフェスにも、お店を出して頑張ります。

しかし、一向にレストランへの客は増えません。

やはり、尾花のパリ時代の事件が大きく影響しています。


5話では、事件の犯人が明らかになりました。

何と犯人は平古(玉森裕太)だったのです。

ただ、尾花を陥れるためにわざとやったのではなく、単なるミスでピーナッツオイルを入れてしまったのでした。

平古は、ずっとそのことで苦しんできていて、フレンチの料理人を辞めようと決意を固めていました。


ついに、尾花にそのことを告げる時がきます。

事実を知った尾花は平古のことをまったく責めませんでした。

それどころか、平古の料理には人を動かす力があると絶賛し、フレンチの料理人を辞めないように言いました。


そして、地道に頑張ってきた成果が現れます。

グランメゾン東京が、今年度のトップレストラン50の候補店に入ったのです。

そのため、予約が殺到することになります。


平古は、務めていたホテルを辞めることにしました。

そして、平古が新たに料理を作る場所として選んだのは、尾花らのライバルである丹後(尾上菊之助)のいるgakuだったのです。

尾花らと平古らのバトルが次回繰り広げられるようです。

スポンサーリンク

グランメゾン東京の第5話の感想

グランメゾン東京の第5話の感想についてです。

プライドの高い尾花がフードフェスでカレーを売るというのですから、相当追い込まれているなと感じました。

平古が驚いていたように、昔の尾花では考えられないことだったのでしょう。

パリ時代は、三つ星を獲ることだけがすべてで、周りの人間の気持ちを考える余裕まではなかったのかもしれません。

もちろん、平古らを成長させたいと思っていたでしょうが、まったくそれが相手に伝わっていませんでした。

でも、今は大切なことを相手に伝えられるようになりましたね。

皮肉なことに、ナッツ混入事件で人間的に一回り大きくなったのかもしれません。


この事件の真相がついに語られました。

まさか犯人は平古だったのです。

故意に陥れたわけではないので、犯人という言い方はおかしいかもしれませんが・・・

平古が原因で起こったことは間違いなさそうです。

すべてを公表してフレンチから去ろうとした平古に対する尾花が格好良すぎます。

昔なら、殴って責めていたかもしれませんが、まったく責めることをしませんでした。

それどころか、平古が作る料理には人を動かす力があると褒め、フレンチをやめないように伝えました。

やっぱり尾花は平古のことをよく見ていて、その実力を高く評価していたことが明らかになりましたね。


これで昔のわだかまりがなくなって、平古もグランメゾン東京で一緒に料理を作るのではと思っていたら、まさかの展開になりました。

平古はライバル店・gakuで働くことになったのです。

それを知った尾花が喜んでいるように感じられました。

平古がフレンチを捨てずに、今後も料理を作っていくのがうれしかったのかもしれません。

今後どうなっていくのか楽しみですね。


SNSでは、このような感想がアップされています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう