グランメゾン東京の第6話のあらすじとネタバレ

グランメゾン東京の第6話のあらすじとネタバレについてです。

祥平(玉森裕太)が丹後(尾上菊之助)のいるgakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村一樹)と相沢(及川光博)。しかし、尾花(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しんでいるかのようだった。そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。それを聞いた尾花は、日本が誇る食資源の代表格である“魚”の料理を開発し直すことを決めた。その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。

一方、グランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アン)が志願し加わることに。着々とチームが出来上がる中、江藤(手塚とおる)から金を受け取って内部情報を流していた芹田(寛 一 郎)はただ一人、取り残された気持ちになっていた。いつまでも料理を作らせてもらえない怒りから、芹田は店を辞めると告げる。
暗雲漂う中、グランメゾン東京は、果たして新メニューを完成させることができるのか!?
(公式サイトより引用)




<上のあらすじの続き>

店を辞めた芹田は、ライバル店・gakuのオーナーである江藤に尾花らが苦労して作った魚料理のレシピを渡してしまいます。

gakuで雇ってもらえるように頼みます。


京野がそんな芹田に救いの手を差し伸べます。

京野は、何と辞めたばかりの芹田を客としてグランメゾン東京に招待したのです。

そこで、芹田はなぜ自分が料理を作らせてもらえないのかを悟ります。


その後、江藤にレシピを渡したことを土下座して謝罪します。

尾花らの反応は意外なものでした。

料理のレシピだけでは、料理をマネることはできないというのです。

芹田は、尾花に料理を作るのはそれほど甘いものではないと一喝されます。

最終的には、レシピを渡したことはそれほど問題とはならず、芹田はまたグランメゾン東京で働かせてもらえるようになりました。


そして、いよいよトップレストラン50の当日を迎えました。

トップレストラン50は、ミシュランの前哨戦と言われるくらい世界でもっとも権威のある賞レースの1つです。

ここで好成績を収めることができるかどうかで、今後グランメゾン東京が成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

どのような結果がでるのでしょうか?

スポンサーリンク

グランメゾン東京の第6話の感想

グランメゾン東京の第6話の感想についてです。

今回は、料理人の厳しさがわかった放送回でした。

芹田は、料理人としてはまだ未熟で、野菜をカットする以外では食材を触らせてもらうことができません。

今までに、何度か尾花から食材を触るなと怒られる場面がありました。

野菜のカットがある程度できるようになって、もっといろいろやらせて欲しいという芹田の気持ちはわかりますね。

きちんと理由を教えてもらえれば、芹田があれほど反発することはなかったのかもしれません。


レシピを渡したことを打ち明けた芹田に対する尾花らが格好いいです。

レシピだけでは絶対にマネできないと自分たちの料理に自信を持っています。

これこそが真の料理人ですね。


そして、尾花は芹田に料理人としての心構えや厳しさを教えることに。

このことが心に響いた芹田は、再びグランメゾン東京で働きたいと強く思うようになりました。


言葉少なめで誤解を受けることが多い尾花ですが、見るところはきちんと見ています。

芹田が市場で魚のさばき方を学んでいることを知っていました。

三つ星を狙う店で働くなら、それぐらい当たり前だとは言っていましたが・・・

厳しいことばかり言って褒めることはしませんが、尾花の言動には愛を感じますね。


今回もっとも気になったのは栞奈です。

栞奈は、尾花らがグランメゾン東京で復活することは許せないと言っていました。

今後、グランメゾン東京の成功を邪魔するかもしれませんね。

父が久住壮次郎とありましたが、何か関係はあるのでしょうか?

今後の展開が気になります。


こんな裏話があります。

ドラマでは役作りが大変ですね。



SNSでは、このような感想がアップされています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう