柔道では派手な投技ばかりについ目が行ってしまいます。

しかし、固技も勝負を左右する重要な技となっています。

ここでは、柔道の固技の種類をご紹介します。

柔道の固技の種類

柔道の固技にはたくさんの種類があります。

全部で32種類です。

寝技とも呼ばれています。

柔道の技の種類

固技は、3つに分けることができます。

抑込技(おさえこみわざ)・絞技(しめわざ)・関節技(かんせつわざ)です。

スポンサーリンク

柔道の抑込技の種類

抑込技には、袈裟固や上四方固などがあります。

抑込技は10種類あります。

相手に覆い被さるなどして自由を奪う技のことです。

時間によって、技あり・1本となります。


抑込技の種類には、次のものがあります。

  • 袈裟固(けさがため)
  • 崩袈裟固(くずれけさがため)
  • 後袈裟固(うしろけさがため)
  • 肩固(かたがため)
  • 上四方固(かみしほうがため)
  • 崩上四方固(くずれかみしほうがため)
  • 横四方固(よこしほうがため)
  • 縦四方固(たてしほうがため)
  • 浮固(うきがため)
  • 裏固(うらがため)


柔道の絞技の種類

絞技には、三角絞などがあります。

絞技は12種類あります。

体を固定し締め上げる技のことです。


絞技の種類には、次のものがあります。

  • 並十字絞(なみじゅうじじめ)
  • 逆十字絞(ぎゃくじゅうじじめ)
  • 片十字絞(かたじゅうじじめ)
  • 裸絞(はだかじめ)
  • 送襟絞(おくりえりじめ)
  • 片羽絞(かたはじめ)
  • 胴絞(どうじめ)禁止技
  • 袖車絞(そでぐるまじめ)
  • 片手絞(かたてじめ)
  • 両手絞(りょうてじめ)
  • 突込絞(つっこみじめ)
  • 三角絞(さんかくじめ)


柔道の関節技の種類

関節技には、腕挫十字固などがあります。

関節技は10種類あります。

体を固定し締め上げる技のことです。


関節技の種類には、次のものがあります。

  • 腕緘(うでがらみ)
  • 腕挫十字固(うでひしぎじゅうじがため)
  • 腕挫腕固(うでひしぎうでがため)
  • 腕挫膝固(うでひしぎひざがため)
  • 腕挫腋固(うでひしぎわきがため)
  • 腕挫腹固(うてひしぎはらがため)
  • 足緘(あしがらみ)禁止技
  • 腕挫脚固(うでひしぎあしがため)
  • 腕挫手固(うでひしぎてがため)
  • 腕挫三角固(うてひしぎさんかくがため)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう