マラソンは、一般の人でも日常生活の中で気軽に行えることから馴染みの深い競技となっています。

オリンピックや世界陸上などでも非常に人気が高いです。

他のスポーツと比べればシンプルですが、競技となればいろいろなルールがあります。

ここでは、マラソンのルールについてご紹介します。

マラソンのコースに関するルール

マラソンは、スタートからゴールまでの距離が42.195Kmと決まっています。

基本的には、公道を走ります。

スタートとゴールは、競技場が使われていることが多いです。

距離については、自動車やバイクで測っていそうな気がしますが、実際は距離計測用自転車(3台)で行います。


コースのパターンはさまざまです。

地形や地理的条件によってコースを決めます。

次のようなパターンが一般的です。

  • スタートとゴールが異なっていてコースが重複しないパターン
  • 折り返し地点を経由して再びスタート地点に戻るパターン
  • 同じコースを折り返すパターン

また、コースの途中距離(Km)を選手にわかるようにしておかなければなりません。

スポンサーリンク

スタートとゴールに関するルール

まず、スタートについてです。

短距離レースほどスタートに気を遣うことはありませんが、レースの駆け引き上、誰でもできるだけ早くスタートを切りたいものです。

違反者が出ないようにするために、フライングのルールが定められています。

もちろんフライングは許されませんが、そのレースで最初のフライングについてはやり直すだけで、特に罰則は設けられていません。

ただし、2回目以降についてはフライングした選手が失格となります。

1回目と2回目が異なる選手でも失格です。


次にゴールについてです。

頭・首・腕・手・足を除く胴体がフィニッシュラインの垂直線上に達しないとゴールとは認められません。

基本的には胸のことだと思えばよいです。

マラソンのルールと歴代記録

選手に関するルール

選手に関してのルールもいろいろあります。

主なものは次のとおりです。

・出場登録した選手の代わりに他の人が走ることはできません。


レースに参加している選手以外の者(監督やコーチなど)は、選手に触れることはできません。

ただし、レースで認められた医師などの医療スタッフは問題ありません。

医師が続行不可能と判断すれば、レールを続けることはできません。


・レース中に近くのトイレに行くことは許されています。

ただし、コースを離れた地点からレースを再開しなければなりません。

スタート地点に近い地点からの復帰であれば、コースを離れた地点でなくても問題はありません。

要は、距離を短縮が認められないのです。


・事前に決められたコースと異なるルートを走ってはいけません。

間違えた場合も失格の対象となります。


・レース中に何らかの交通手段を使うことは認められていません。

ドーピングは認められません。

エイド(給水所)に関するルール

スタート時点とゴール地点には、飲食物を用意しておかなければならないことになっています。

また、スタート地点から5Kmごとに関門を設置することになっています。

そこに、エイドも設けられます。

マラソンのルールと歴代記録
エイドでは、飲み物だけでなく、食べ物が用意されることもあります。

エイド(スタート地点もOK)で手にした飲食物は、走りながら飲食しても構いません。

飲食物は主催者が用意しますが、選手が自分で用意しても問題ありません。

エイドでは、自分で取るか、指定された係員に手渡してもうことができます。


選手はエイド以外で飲食物を受け取ることができません。

1回目は警告2回目は失格となります。

マラソンの歴代世界記録

男子マラソンの歴代世界記録は、次のとおりです。

順位 記録 名前・国名 大会名・大会日
1 2:01:39 エリウド・キプチョゲ(ケニア) ベルリン 2018.9.16
2 2:01:41 ケネニサ・ベケレ(エチオピア) ベルリン 2019.9.29
3 2:02:48 ビルハヌ・レゲセ(エチオピア) ベルリン 2019.9.29
4 2:02:55 モジネット・ゲレメウ(エチオピア) ロンドン 2019.4.28
5 2:02:57 デニス・キプルト・キメット(ケニア) ベルリン 2014.9.28


女子マラソンの歴代世界記録は、次のとおりです。

順位 記録 名前・国名 大会名・大会日
1 2:14:04 ブリジット・コスゲイ(ケニア) シカゴ 2019.10.13
2 2:15:25 ポーラ・ラドクリフ(イギリス) ロンドン 2003.4.13
3 2:17:01 メアリー・ケイタニー(ケニア) ロンドン 2017.4.23
4 2:17:08 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア) ドバイ 2019.1.25
5 2:17:41 Debele DEGAFA(エチオピア) ドバイ 2019.1.25

マラソンの歴代日本記録

男子マラソンの歴代日本記録は、次のとおりです。

順位 記録 名前 記録年
1 2:05:50 大迫 傑 2018年
2 2:06:11 設楽 悠太 2018年
3 2:06:16 高岡 寿成 2002年
4 2:06:51 藤田 敦史 2000年
5 2:06:54 井上 大仁 2018年


女子マラソンの歴代日本記録は、次のとおりです。

順位 記録 名前 記録年
1 2:19:12 野口 みずき 2005年
2 2:19:41 渋井 陽子 2004年
3 2:19:46 高橋 尚子 2001年
4 2:21:36 安藤 友香 2017年
5 2:21:45 千葉 真子 2003年

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう