福岡国際マラソンの日程

福岡国際マラソンの日程は次のとおりです。

2019年12月1日(日)12時10分スタート

スポンサーリンク

福岡国際マラソンのコース

福岡国際マラソンのコースは次のとおりです。

福岡市中央区にある平和台陸上競技場からスタートします。

福岡市東区香椎で折り返して、再び平和台陸上競技場へ戻ります。

コースマップ・迂回路はこちら

福岡国際マラソン2019の日程と結果

福岡国際マラソンの招待選手と見所

福岡国際マラソンの招待選手と見所については、次のとおりです。

海外招待選手

  • エルマハジューブ・ダザ(モロッコ)
  • ツェダトアベジェ・アヤナ(エチオピア)
  • コーエン・ナート(ベルギー)
  • レイモンドキプチュンバ・チョゲ(ケニア)
  • アマヌエル・メセル(エリトリア)
  • アブディイブラヒム・アブド(バーレーン)
  • クリスチャン・パチェコ(ペルー)
  • シャドラック・キプラガト(ケニア)


国内招待選手

  • 藤本 拓(トヨタ自動車)
  • 佐藤 悠基(日清食品グループ)
  • 川内 優輝(あいおいニッセイ同和損保)
  • マイケル ギザエ(スズキ浜松AC)
  • 福田 穣(西鉄)


見所は2つあります。

1つは、単純にこのレースで誰が優勝するのかです。

プラハマラソンを制したエルマハジューブ・ダザなどの外国勢を日本勢がいかに迎え撃つかです。

もう1つは、このレースがMGCファイナルチャレンジ(オリンピック選考レース)になっていて、日本人選手(下の4選手)がどのようなタイムでフィニッシュするかです。

MGCに出場した藤本選手・福田選手・佐藤選手が今回登場します。

世界選手権に出場したため、MGCを辞退していた川内選手も登場します。

この4人がMGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分49秒以内)をクリアできるかに注目です。

福岡国際マラソンの結果

福岡国際マラソンの結果は次のとおりです。

順位 名前(所属または国名) 記録
1 エルマハジューブ・ダザ(モロッコ) 2:07:10
2 藤本拓(トヨタ自動車) 2:09:36
3 福田穣(西鉄) 2:10:33
4 ワークナー・デレセ(ひらまつ病院) 2:10:52
5 寺田夏生(JR東日本) 2:10:55
6 マイケル・ギザエ(スズキ浜松AC) 2:10:59
7 伊藤太賀(スズキ浜松AC) 2:10:59
8 アブディハキン・ウラド(デンマーク) 2:11:03
9 チョグ(ケニア) 2:11:38
10 鈴木太基(ラフィネグループ) 2:12:09
12 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2:12:50
14 設楽啓太(日立物流) 2:14:31
15 佐藤悠基(日清食品グループ) 2:14:56

本気で日本記録更新を狙ったレールを見ることができました。

スタートから藤本選手・佐藤選手・市田選手が先頭集団で快走します。

20Km通過時のタイムは59分42秒と日本記録を上回るペースでした。

これはいけるかもしれないと感じさせてくれましたが、日本人最高順位の藤本選手のタイムは2:09:36でした。

前半飛ばしただけに、後半にその反動がきました。

途中で一気にスパートをかけて優勝した、ダザ選手のタイムが2:07:10だったことを考えると仕方ないです。

やはり、日本記録の更新はなかなかできるものではありませんね。

福岡国際マラソンの歴代優勝者(10年分)


開催年月日 優勝者 タイム
2009年12月6日 ツェガエ・ケベデ(エチオピア) 2時間5分18秒
2010年12月5日 ジャウアド・ガリブ(モロッコ) 2時間8分24秒
2011年12月4日 ジョセファト・ダビリ(ケニア) 2時間7分37秒
2012年12月2日 ジョセフ・ギタウ(ケニア) 2時間6分​58秒
2013年12月1日 マーティン・マサシ(ケニア) 2時間7分16秒
2014年12月7日 パトリック・マカウ(ケニア) 2時間8分22秒
2015年12月6日 パトリック・マカウ(ケニア) 2時間8分18秒
2016年12月4日 イエマネ・ツェガエ(エチオピア) 2時間8分48秒
2017年12月3日 ソンドレ・ノールスタッド・モーエン(ノルウェー) 2時間5分48秒
2018年12月2日 服部勇馬(日本) 2時間7分27秒

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう