マラソンは日本で人気の競技です。

みんなで協力して1つのことを成し遂げるのが好きな国民性もあってか、駅伝も非常に人気が高いです。

ここでは、駅伝のルールと大会一覧、歴史などについてご紹介します。

スポンサーリンク

駅伝の歴史といわれは?

駅伝とは、どのような競技なのでしょうか?

簡単に言うと、複数人がたすきをつないで、長距離を走ってゴールを目指す競技です。

駅伝は、日本が発祥の競技ということをご存じでしたか?

そのため、世界でも“Ekiden(エキデン)”で意味が通じます。

駅伝のルール(繰り上げなど)

最初に競技として駅伝が行われたのは、1917年4月27日に開催された東海道駅伝徒歩競走です。

ここから駅伝の歴史がはじまったのです。


駅伝のルーツは飛脚だったといいます。

飛脚は、江戸時代に活躍した情報伝達のプロです。

長い距離を1人で走るのは厳しかったため、リレー方式で情報を伝達していきました。

これが、駅伝の原点とみられています。

スポンサーリンク

駅伝のルール

たすきをつないで走るだけの単純な競技にみえる駅伝にもルールがあります。

駅伝は、日本陸上競技連盟駅伝競走規準日本陸上競技連盟競技規則の第8部道路競走に基づいて行われています。

主なルールを見ていきます。


たすきに関して

中継線から進行方向20mの間に手渡しで行わなければならず、中継線の手前からたすきを投げ渡したりしてはならない。
(日本陸上競技連盟駅伝競走規準より引用)


中継線から進行方向20mの間で渡さないといけないので、手前で渡してはいけません。

また、20mの間でということなので、それを越えてしまってもいけません。

たすきは必ず手渡しで渡さなければなりません。


たすきは、必ず肩から斜めに脇の下に掛けなければならない。

たすき渡しに際して、前走者がたすきを外すのは中継線手前400mから、次走者がたすきをかけるのは中継後200mまでをおおよその目安とする。
(日本陸上競技連盟駅伝競走規準より引用)


たすきは必ず肩から掛けるように決められています。

たすきを握りしめて走ることはできないのです。

そのため、たすきを外すことができる範囲も定められているのです。

前走者のたすきを渡す準備が早すぎると失格になってしまうおそれがあります。


繰り上げスタートに関して

走者の中継所への到着がはなはだしく遅れた場合、繰り上げスタートを行うことができる。その条件は競技会前に各チームに公表する
(日本陸上競技連盟駅伝競走規準より引用)


まだ前走者が到着していないにもかかわらず、次走者が並べられて一斉にスタートするシーンを見かけることがあります。

これは繰り上げスタートが行われているのです。

繰り上げスタートとは、トップとの差が開きすぎた際に前走者を待たずして、次走者がスタートさせられてしまうルールです。

大抵の場合、タイムで何秒以上の差がつけばという条件が定められています。

本来であれば、全チームにきちんとたすきをつないでゴールさせてあげたいのですが、公道を使っている関係上そうもいきません。

決められた時間以上には交通規制をかけられないのです。

トップと定められた差がつけば、強制的に次走者がスタートさせられます。

当然ですが、この時点で優勝はなくなります。


助力に関してに関して

競技者は競技中、いかなる助力も受けてはならない。

正常な走行ができなくなった競技者を一時的に介護するために、競技者の体に触れるのは助力とはみなさない。
(日本陸上競技連盟駅伝競走規準より引用)


2018年に開催されたプリンセス駅伝で、前走者が中継所手前で正常な状態で走れなくなるという事案が発生しました。

その走者は、最後は四つん這いでタスキを次走者へつなぎました。

監督は本部に棄権を申し入れていたそうですが、もう少しでたすきをつなぐことができるということで審判は制止しなかったといいます。

審判は選手のケアをしたかったでしょうが、体に触れると失格になってしまうおそれがあったのでためらったのではないでしょうか?

一時的な介護が認められているだけに問題はなさそうな気がします。

この辺がまだ大会運営側もきちんと理解できていないのかもしれません。

駅伝の大会一覧

駅伝は、中学生・高校生・大学生・実業団などで行われています。

通常は、男子女子に分かれて行われますが、男女混合で行われるレースもあります。

主な駅伝大会は次のとおりです。


男子

・全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝
種類:実業団駅伝
開催日:1月1日
開催地:群馬県
コース:群馬県庁舎がスタートとゴールとなるコース
区間:7
全長:100km


・全日本大学駅伝対校選手権大会(全日本大学駅伝
種類:大学駅伝
開催日:11月上旬
開催地:愛知県・三重県
コース:熱田神宮西門前をスタートして伊勢神宮内宮宇治橋前をゴールとするコース
区間:8
全長:106.8km


・出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝
種類:大学駅伝
開催時期:毎年体育の日(10月上旬~中旬)
開催地:島根県
コース:出雲大社正面鳥居前をスタートして出雲ドームをゴールとするコース
区間:6
全長:45.1km


・東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝
種類:大学駅伝
開催日:(往路)1月2日 (復路)1月3日
開催地:東京都・神奈川県
コース:(往路)大手町の読売新聞東京本社ビル前をスタートして箱根の芦ノ湖をゴールとするコース
    (復路)箱根の芦ノ湖をスタートして大手町の読売新聞東京本社ビル前をゴールとするコース
区間:10(往路5区間・復路5区間)
全長:217.1km(往路107.5km・復路109.6km)


女子

・全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝
種類:実業団駅伝
開催時期:11月下旬
開催地:宮城県
コース:松島町中央公民館前・ホテル壮観正面をスタートして仙台市陸上競技場をゴールとするコース
区間:6
全長:42.195km


・全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会(プリンセス駅伝
種類:実業団駅伝
開催時期:10月下旬   
開催地:福岡県
コース:宗像市(宗像ユリックス)がスタートとゴールとなるコース
区間:6
全長:42.195km


・全日本大学女子駅伝対校選手権大会(全日本大学女子駅伝・杜の都駅伝
種類:大学駅伝
開催時期:10月下旬   
開催地:宮城県
コース:弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)をスタートして仙台市役所前市民広場をゴールとするコース
区間:6
全長:38.0km


・全日本大学女子選抜駅伝競走大会(富士山女子駅伝
種類:大学駅伝
開催日:毎年12月30日  
開催地:静岡県
コース:富士山本宮浅間大社前をスタートして富士総合運動公園陸上競技場をゴールとするコース
区間:7
全長:43.4km

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!