TBS「1番だけが知ってる」で歌が本当に上手いJ-POP歌手ベスト10が発表されました。

プロがガチで選んだものなので、素人が好き嫌いで選んだものではありません。

ナンバー1に選ばれたのは、どの歌手でしょうか?

番組の放送日と出演者

番組の放送日と出演者については、次のとおりです。

放送日時:2019年12月2日(月)午後10時~

放送局:TBS

出演者:次のとおり

【MC】坂上忍・森泉

【進行】伊東楓(TBSアナウンサー)

【ゲスト】出川哲朗、北村匠海、芳根京子

【パネラー】北村晴男、黒沢かずこ(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、ヨンア、堀田茜


スポンサーリンク

歌が本当に上手いJ-POP歌手ベスト10の結果

はじめに、どのように選ばれるかについてご紹介します。

歌の専門家であるクラシック声楽家77人の投票に基づいて選ばれています。

プロが本気で投票して出された結果です。

番組内では、選んだ理由もきちんと解説しています。


では、ベスト10をみていきましょう。

10位:中島みゆき
選んだ理由

力強い低音の響かせ方が魅力である。

・日本の女性歌手の中で低音で勝負できる歌手である。

・女性は低い声を出すのが難しいのに、低音があれだけ響くというのがすごい


9位:平井堅
選んだ理由

切ない歌声が心にしみる。

甘く切ない歌声である。

裏声が美しい歌手である。

・高音を出す時に少しでも力むと、声がひっくり返ったりするが、安定してずっと出し続けられのは才能である。


8位:椎名林檎
選んだ理由

・歌の技術がすごい。・かなりのテクニシャンである。

・歌のテクニックの宝庫である。

・しゃくり・がなり・エッジ(カスレ声)・巻き舌・フォールといったテクニックをフレーズごとに変えて歌っている


7位:Superfly
選んだ理由

・普通なら裏声を使う高い音も地声で歌い上げている。

強靱な声をしている。


6位:久保田利伸
選んだ理由

リズム感がハンパない。

・彼の中に勝手に16ビートが流れているのではと思わせる。

アフロアメリカンの音楽のノリをそのまま持っている。


5位:宇多田ヒカル
選んだ理由

哀愁を帯びたカスレのある魅力的な声をしている。

色気のある声をしている。

・アメリカ育ちと言うことでリズム感が違う。

・ビブラートの引き出しが多い。

高音のビブラート(ウィスパーボイス)は頬、中音のビブラートは喉、低音のビブラートはお腹(横隔膜)というように、高さのコントロールを考えながらビブラートをかけている


4位:小田和正
選んだ理由

・男性なのにとても高い声をしている。

・キャリアを続けても衰えないのはすごい。

・常に高音域をきれいにキープできる。


3位:吉田美和(DREAMS COME TRUE)
選んだ理由

・CDとライブにおいてクオリティにまったく差がない

なめらかな歌声をしている。

音域が広くて安定感がある

低音がしっかり聞こえ、高音でもまったく苦しそうな感じがしない。

・音の幅が広くても滑らかに跳べる


2位:玉置浩二
選んだ理由

安定感がズバ抜けている。

表現力が豊かで詩の情景が浮かぶ。

色っぽい歌声をしている。

オペラ歌手の発声に非常に近い。

・歌声に強弱をつけるのがうまい。


1位:MISIA
選んだ理由

フレーズの歌い回しがうまい。

・どの歌の分野でもレベルが高い。

・目を閉じたら日本人ではなく、ゴスペルを歌う黒人のようである。

音域の広さ・声の太さ・輝き・メリハリという点でピカイチ。

太い声を持ちながら超高音も出る。

・張りのある状態をずっとキープできるロングトーンがすごい。


番外編

番組では、すべてのジャンルの中で1番うまい歌手についても言及していました。


・北島三郎

テノール歌手としてもすごい。

(テノール歌手として)世界的に見ても相当良い。


・島津亜矢

演歌だけでなく、洋楽や日本のポップスなど何でも歌える。

声の張りがすごくてうまい。

歌が本当に上手いJ-POP歌手ベスト10


みなさんの予想はどうだったでしょうか?

ネットで調べてみると、他にも次のような歌手の名前が挙がっていました。

  • 稲葉浩志(B’z)
  • ASKA
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • ATSUSHI(EXILE)
  • 黒田俊介(コブクロ)
  • 藤巻亮太(レミオロメン)
  • 山下達郎
  • 夏川りみ
  • 福原美穂
  • 伊藤由奈
  • 綾香
  • 小柳ゆき
  • 新妻聖子
歌がうまい歌手はまだまだいそうですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう