オリンピックまでの期間が1年を切り、卓球の代表選考が進んでいます。

一体誰がオリンピック代表に選ばれるのでしょうか?

ここでは、オリンピックの選考基準や代表選手、日程などについてご紹介します。

スポンサーリンク

卓球のオリンピックの日程と会場

卓球におけるオリンピックの正式種目は3つです。

  • シングルス(男子・女子)
  • 団体(男子・女子)
  • ダブルス(混合)
※男子ダブルス・女子ダブルスは行われません。


卓球のオリンピックの日程と会場については、次のとおりです。

日時試合内容
7月25日(土) 9:00~12:45

  • 男子シングルス予選
  • 女子シングルス予選
  • 混合ダブルス予選


14:15~17:15
19:30~22:30

  • 男子シングルス予選
  • 女子シングルス予選
7月26日(日) 10:00~12:00

  • 混合ダブルス準々決勝


14:00~17:45

  • 男子シングルス予選
  • 女子シングルス予選


20:00~22:00

  • 混合ダブルス準決勝
7月27日(月) 10:00~13:00
14:30~17:30

  • 男子シングルス予選
  • 女子シングルス予選


20:00~22:10

  • 混合ダブルス3位決定戦
  • 混合ダブルス決勝
7月28日(火) 10:00~13:00
14:30~17:30
19:30~22:30

  • 男子シングルス予選
  • 女子シングルス予選
7月29日(水) 10:00~13:00
15:00~18:00

  • 男子シングルス準々決勝
  • 女子シングルス準々決勝


20:00~22:00

  • 男子シングルス準々決勝
7月30日(木) 11:00~13:00

  • 女子シングルス準決勝


15:00~17:00

  • 男子シングルス準決勝


20:00~22:10

  • 女子シングルス3位決定戦
  • 女子シングルス決勝
7月31日(金) 20:00~22:10

  • 男子シングルス3位決定戦
  • 男子シングルス決勝
8月2日(日) 10:00~13:00
14:30~17:30
19:30~22:30

  • 男子団体予選
  • 女子団体予選
8月3日(月) 10:00~13:00

  • 男子団体予選
  • 女子団体予選


14:30~17:30
19:30~22:30

  • 男子団体準々決勝
  • 女子団体準々決勝
8月4日(火) 10:00~13:00
14:30~17:30

  • 男子団体準々決勝
  • 女子団体準々決勝


19:30~22:30

  • 女子団体準決勝
8月5日(水) 10:00~13:00

  • 女子団体準決勝


14:30~17:30
19:30~22:30

  • 男子団体準決勝
8月6日(木) 11:00~14:00

  • 女子団体3位決定戦


19:30~22:40

  • 女子団体決勝
8月7日(金) 11:00~14:00

  • 男子団体3位決定戦


19:30~22:40

  • 男子団体決勝

すべての試合は東京体育館で行われます。

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目17番1号


JR総武線千駄ヶ谷駅で下車して徒歩で約1分
都営大江戸線国立競技場駅で下車して徒歩で約1分

スポンサーリンク

卓球のオリンピック代表の人数

卓球のオリンピック代表の人数についてご紹介します。

  • シングルス代表選手 男女各2名
  • 団体戦代表選手 男女各1名

卓球の日本代表としてオリンピックに出場できるのは、男女各3名ということになります。


男女ともに実力のある選手が揃っているだけに、少しでも多くの選手をオリンピックに出してあげたいところです。

しかし、現実は非常に厳しいです。

卓球のオリンピック代表と日程

卓球のオリンピックの選考基準とポイント

卓球のオリンピックの選考基準とポイントについてご紹介します。


シングルスの選考基準

シングルスは、男女各2名が選ばれます。

選考方法は単純明快です。

2020年1月に発表される世界ランキングで日本人の上位2名がJOCに推薦されます。

上位2名に入れば、その時点でオリンピックの代表が決定したのと同じです。


世界ランキングは、大会に出場して得たポイント数で決まります。

そのため、ポイント数が並ぶとランキングが同順位になることがあります。

その場合は、次の順序で決めます。

(1)2019年1月1日~12月31日までに行われたワールドツアーなどの優勝回数

(2)世界ランキング30位以内の選手に勝利した回数(日本人選手、同一選手を含む)

(3)対象となる選手同士で最終決定戦を行います。


団体戦代表選手の選考基準

団体戦に出場するのは、男女各3名です。

内各2名ずつは、男女のシングルスに出場する選手です。

そのため、団体戦のみに出場する選手が男女各1名選ばれます。

シングルスに出場する選手とダブルスを組むことができ、団体戦でシングルス及びダブルスで活躍が期待できることが条件となっています。

シングルスのように世界ランキングが上位でも、ダブルスの相性が悪いと選ばれないことがあります。

最終的には強化本部が決めることになっています。


混合ダブルス代表選手の選考基準

混合ダブルスに出場する選手は、シングルスと団体戦に出場する選手(男女各3名)の中から選ばれます。

そのため、混合ダブルスに出場する選手を別途選ぶことはしません。

強化本部が最高のペアと考えられる1組(男女各1名)を決めます。


※強化本部はリザーブ選手1名を決めます。

卓球のオリンピック代表と日程

卓球のオリンピック代表選手が発表

男子シングルス

男子シングルスの代表選手は次のとおりです。

  • 張本智和(木下グループ)
  • 丹羽孝希(スヴェンソン)

女子シングルス

女子シングルスの代表選手は次のとおりです。

  • 伊藤美誠(スターツ)
  • 石川佳純(全農)

男子団体

3人目の代表選手は水谷隼選手に決定しました。

男子団体の代表選手は次のとおりです。

  • 張本智和(木下グループ)
  • 丹羽孝希(スヴェンソン)
  • 水谷隼(木下グループ)

女子団体

3人目の代表選手は平野美宇選手に決定しました。

女子団体の代表選手は次のとおりです。

  • 伊藤美誠(スターツ)
  • 石川佳純(全農)
  • 平野美宇(日本生命)

混合ダブルス

混合ダブルスの代表選手は次のとおりです。

  • 水谷隼(木下グループ)
  • 伊藤美誠(スターツ)

【参考】卓球のオリンピック代表選手の予想

こちらは、代表選手が決定する前に書いたものです。

参考としてください。


卓球のオリンピックの代表選手の予想についてご紹介します。

今も、オリンピック代表をかけて熾烈な争いが繰り広げられています。


男子シングルスでは、張本智和選手(12,465)がポイント数で2位以下を大きく引き離しています。

そのため、張本選手が代表入りするのは確実です。

問題は、残りの1枠を誰が射止めるのかです。

現在、丹羽孝希選手(9,420)水谷隼選手(8,925)がわずかなポイントの差で2位と3位になっています。

3位の水谷選手は、最終選考大会となるグランドファイナルに出場します。

しかし、丹羽選手はリザーブということで、現時点では出場することができません。

そのため、水谷選手が上位に入れば丹羽選手を逆転する可能性があります。


女子シングルスでは、伊藤美誠選手(14,310)がポイント数で2位以下を大きく引き離しています。

そのため、伊藤選手が代表に選ばれるのは確実です。

男子以上に、残りの1枠をめぐっての争いが激化しています。

石川佳純選手(10,830)平野美宇選手(10,695)が2位・3位となっています。

現在僅差で石川選手が2位となっています。

石川選手と平野選手はグランドファイナルに出場します。

そのため、グランドファイナルの結果次第では2位と3位が入れ替わる可能性があります。


男女ともにグランドファイナルから目が離せません。

それぞれどちらが代表入りを果たすでしょうか?


グランドファイナルで獲得できるポイント
グランドファイナルで獲得できるポイントは、次のようになっています。

  • 優勝 2550
  • 準優勝 2040
  • ベスト4 1660
  • ベスト8 1275
  • ベスト16 1020

ベスト32以下は、0ポイントとなっています。


最後に、団体戦代表選手についてです。

男子は、水谷選手と丹羽選手の内、シングルスの代表から漏れた選手が選ばれると思われます。

張本選手がエースとしてシングルスを2試合、水谷選手と丹羽選手はそれぞれダブルス1試合とシングルス1試合となる可能性が高そうです。

水谷選手と丹羽選手は左利き同士のペアになりますが、香港オープンで組んでいます。

オリンピックの団体戦を見越してのことではとみられています。

女子も、石川選手と平野選手の内、シングルスの代表から漏れた選手が選ばれると思われます。

伊藤選手がエースとしてシングルスを2試合、石川選手と平野選手はそれぞれダブルス1試合とシングルス1試合となる可能性が高そうです。

卓球ワールドカップ団体戦2019では、石川選手と平野選手がペアを組んでいます。

こちらも、オリンピックの団体戦を想定してのことだと思われます。

ただ、これは私の個人的な予想であり、他の選手が選ばれる可能性もあります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!