卓球では、サーブを打つためのいろいろなルールが定められています。

ルール違反となると、失点したり、やり直しになります。

ここでは、卓球のサーブのルールについてご紹介します。

卓球のサーブの打ち方

卓球のサーブの打ち方についてご紹介します。

サーブは、単にラケットでボールを打つだけでよいと思われがちです。

しかし、サーブにも意外とルールがたくさんあります。

卓球のサーブのルール

基本的には、サーブは次のように行います。

サーブは、審判が見えるように打たなければなりません。

ラケットを持たない方の手のひらを開いて、その中央にボールを置きます。

相手からボールが見えないといけません。


トスを上げてボールを打つのですが、トスはほぼ垂直に16cm以上上げなければなりません。

ボールが落下している時に打ちます。

打つ時も、体の一部などでボールを隠してはいけません。

もちろん、打つ前にボールに触れてもいけません。


ボールを打つ位置は、エンドラインの後方でなければなりません。

つまり、コート上でサーブを打つことはできません。

打ったボールは、必ず自分のコートでワンバウンドさせてから、相手のコート上に落ちるように打たなければなりません。

ラリー時のように、直接相手のコートに入れてはいけません。

サーブで失敗すると失点します。


他にも、サーブ時に空振りをしても失点の対象となります。

空振りだけでなく、トスを上げたボールを打たなかった場合も同様です。


サーブは2本打つと相手と交代します。

これを繰り返します。

なお、促進ルールが適用されると1本ずつ交代します。

スポンサーリンク

卓球のレットとは?回数は?

卓球のレットとは何でしょうか?

どのような意味があるのでしょうか?


レットとは、サーブをもう1度やり直しさせられることです。

レットに該当する場合はいくつかあります。

もっとも多いのが、ネットやサポートに触れてから相手のコートに入った場合です。

この場合はサーブのやり直しです。

相手のコートに入らなかった場合は、その時点で失点します。


他にも、次のような場合にレットとなります。

  • 相手の準備が整っていない時にサーブを打った場合(相手が打ち返そうとした場合を除く)
  • 他のボールでプレーが邪魔された場合
  • 主審がコールする前に打った場合

レットによるやり直しに回数制限はありません。

そのため、何度でもやり直しできます。

卓球のサーブのルール

卓球のサーブの種類

卓球のサーブの種類についてご紹介します。

基本的なサーブとしては、次の3つがあります。

こちらは、打ち方を基に分類したものです。


フォアハンド

フォアハンドで打つ、もっともオーソドックスなサーブです。

サーブ後スムーズに動き出すことができ、回転をかけやすいです。


バックハンド

バックハンドで打つサーブのことです。

コントロールをつけやすいが、回転をかけにくいです。


しゃがみこみサーブ

文字どおり、しゃがみ込んで打つサーブのことです。

より強い回転をかけられます。


サーブは、打つ際にかける回転の種類によっても、次のように分類できます。

下回転サーブ

ボールの下側を打ってバックスピンをかけるサーブです。


横回転サーブ

ボールの横側をこするように打うことでボールが横に曲がっていきます。


ロングサーブ

スピード重視エンドラインぎりぎりを狙って打つサーブのことです。


他にも、いろいろな回転をかけたサーブがあります。

ボールの上下左右及び中心を打つことで、さまざまな変化のサーブが可能となります。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう