清野菜名さんと横浜流星さんがW主演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」が1月からスタートします。

タイトルからは、どのようなストーリーかはまったくイメージできません。

ただ、ネットではかなり期待度の高いドラマとなっています。

激しいアクションに注目です。

それでは、ドラマのキャストやあらすじなどをみていきましょう。

シロクロパンダのキャストと主題歌・ロケ地
(公式HPより引用)

シロクロパンダの放送日

放送時間:日曜日午後10時30分~

放送局:日本テレビ系

放送開始日:2020年1月12日(日)

スポンサーリンク

シロクロパンダのあらすじ

世の中には、権力者への忖度や目に余る悪質なセクハラやパワハラなどがはびこっています。

こうした事件は、ネットなどで騒がれるだけで、結局は誰の裁きも受けずに闇に葬られてしまいます。

被害者のほとんどは泣き寝入りするしかないのです。

しかし、隠された真相を暴いてくれるヒーローとヒロインがいたのです。

それが、ミスパンダと飼育員さんです。

2人が世の中のグレーな事件にシロクロをつけてくれます。

スポンサーリンク

シロクロパンダのキャスト・相関図

ドラマの相関図は次のとおりです。

清野菜名(川田レン/ミスパンダ)

過去に天才美少女棋士と言われた囲碁棋士です。

10年前のある事件がきっかけで気弱な性格になってしまいました。

一方で、ミスパンダの顔を持っています。

ミスパンダは、グレーな事件にシロクロをつけて、クロと認定されれば公開処刑してくれるヒロインです。

世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎のミスパンダと、囲碁カフェで働くレンという普通の女の子を演じます。まったく違う2つのキャラクターを演じていますが、やっていくうちにどんどん楽しさが増しています。
今回はアクションもあって、今までにない自分を出していきたいです。自分が役を楽しめば、視聴者の方にも楽しんでいただけると思うので、思い切って演じたいです。
スタッフ・キャストの皆さんと力を合わせて、今までにないドラマを作りたいと本気で思っています。面白いドラマを作っていきますので、ぜひご覧ください。
(公式HPより引用)

横浜流星(森島直輝/飼育員さん)

精神医学を学ぶ学生ですが、メンタリストNとしてテレビに出演する有名人です。

Mr.ノーコンプライアンスからの指示を受け、ミスパンダとバディを組んでグレーな事件にシロクロをつけています。

ミスパンダには、自分のことを飼育員さんと呼ばせています。

8年前の父の死の真相を突き止めようとしています。

僕が演じる直輝は、メンタリストNとしてテレビ出演もしている人当たりの良い医学生という表の顔と、ミスパンダを操る飼育員さんという裏の顔を持っています。
ただ実は、直輝は、父の死の真相を暴き復讐するために動いていて、その目的を果たすためにいろんな顔を使い分けているので、その目的を大事にしながら演じていきたいです。
今の時代だからこそ作れるドラマだと思いますし、挑戦的なオリジナル作品になっています。スタッフ・キャストの皆さんとともにゼロから、皆さんをハラハラドキドキさせられるように頑張っていきたいと思いますので、ご期待ください。
(公式HPより引用)

要潤(神代 一樹)

フリーの報道番組の敏腕ディレクターです。

視聴率第一主義の考えが強く、視聴率を取るためなら何でもします。

ミスパンダに興味津々で、その正体を掴むために躍起になります。

森島を怪しんでいます。

台本を読んで、現代のSNSを舞台にしたサスペンスにエンターテイメント性を強く用いた内容だと感じました。これまでのヒーローの形とは違ったスタイルに面白みを感じ、引き込まれました。
役どころとしては、ミスパンダの謎にせまるジャーナリストなので、普段は、特ダネをいかに世に出すかという事に命をかけていえる姿勢を表現し、徐々にミスパンダに近づいていく、スリリングな役どころを表現したいと思います。清野菜名さん演じるミスパンダの奇妙さを目の当たりにして、とても衝撃を受けました。これから、謎にせまるのが楽しみです。
(公式HPより引用)

白石聖(佐島 あずさ)

全日テレビで働く報道記者です。

正義感が強く、忖度などによって事実がねじ曲げられてしまうことに違和感を抱いています。

直輝とは恋人関係にあり、誘拐された過去があります。

正義感にあふれている、入社して2年目の新人報道記者の佐島あずさを演じます。仕事では、神代先輩の背中を追いかけながら、必死にくらいついていて、プライベートでは、直輝と恋人関係になるので、そのギャップを出せればと思っています。
あずさも過去にいろいろあって、物語の後半につながっていくと聞いています。これから先の台本なので、わからないですが(笑)。そのあたりを楽しみにみていただければと思います。
(公式HPより引用)

山崎樹範(門田明宏)

大学病院の精神科医です。

直輝のゼミの教官で、レンの担当医として治療を行っています。

最初に台本を読んだ時に「なんじゃこれ!?面白い!!!!」
とビックリしました。かなりぶっ飛んだ設定ですが、読めば読むほど物語の奥深さ、緻密さに驚かされます。
この作品に携われるのは本当に嬉しいですし、今から放送されるのが楽しみでなりません!
私が演じる精神科医は物語のエピソード0の部分を担う大事な役どころなので丁寧に演じたいと思います。
(公式HPより引用)

山口紗弥加(川田 麻衣子)

レンの母親です。

10年前のある事件がきっかけで入院することになってしまいました。

今も療養施設で暮らしています。

見てください!笑
この母親がレンにどのような影響をもたらし、どのようにレンに関わってくるのか、謎解きしながら見ていただけたら。
私とレンとの関係は、少し特殊な形には映るかもしれませんが、それも愛情ゆえの一つの形ということで受け止めていただけると幸いです。
(公式HPより引用)

佐藤二朗(Mr.ノーコンプライアンス)

直輝に対して、グレーな事件にシロクロつけるように指令を出しています。

謎の死を遂げた直輝の父とは何か因縁がある!?

この日曜10時半という枠はオフェンシブな感じの作品が多いので、本当にそれにふさわしく、その中でもちょっとエッジが効いた作品になると思います。
企画書を見たとき「これ本当に地上波でできるのかい!」って思ったくらい、地上波ぎりぎりのところをやろうとしている作品だと思いますので、その辺を見ていただけたらなと感じております。
(公式HPより引用)

シロクロパンダのスタッフ

脚本:佐藤友治、蛭田直美ほか

演出:遠藤光貴、松永洋一、汐口武史

チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)

プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ケイファクトリー

制作著作:読売テレビ

シロクロパンダの原作・主題歌

原作:なし

主題歌:Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)「bad guy」

ビリーさんは、アメリカ・ロサンゼルスのシンガー・ソングライターです。

今年発売したデビューアルバムの「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」が全世界で大ヒットしました。

「bad guy」については、全米シングル・チャートで1位に入るなど大ヒットしました。

同曲は、セレーナ・ゴメス出演のドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」のテーマソングとメロディーが同じだと言います。

ビリーさん本人が同じと認めています。

シロクロパンダのロケ地

シロクロパンダのロケ地は、次のとおりです。

アロハテーブル 大崎

レンと直輝が行ったパンケーキ店です。

住所:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア1F

さつきが丘商店街

レンのアルバイト先(囲碁喫茶GOBAN)です。

住所:千葉市花見川区さつきが丘

関連記事へのリンク(外部)

清野菜名 横浜流星とのW主演ドラマでアクションに期待の声

清野菜名&横浜流星主演ドラマ『シロクロパンダ』 “ミスパンダ”の全身を解禁



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!