ドラマ「駐在刑事」は寺島進さんが主演を務めます。

奥多摩を舞台にした人情派の刑事が活躍するドラマです。

人気ドラマのため、シリーズ化されています。


「駐在刑事」の配信動画の全話(1話から最終回まで)を無料でフル視聴する方法をご存じですか?

「駐在刑事」のあらすじやキャスト、原作、主題歌などについてもご紹介しています。

スポンサーリンク

駐在刑事の1話~最終回を無料で視聴する方法!

【駐在刑事】動画の全話を無料フル視聴する方法!キャストと主題歌・ロケ地の情報も


『駐在刑事』の1話~最終回を無料で視聴する方法についてご紹介します。

○:無料視聴可
△:最新話のみ無料視聴可(期間限定)
▲:課金視聴可(ポイントで一部無料視聴可の場合含む)
-:配信なし

配信サービス
配信状況
無料期間
月額(税抜)
見放題作品数
Hulu
FODプレミアム
U-NEXT
31日間
1,990円
20万本
TELASA
15日間
562円
1万本
Paravi
2週間
925円
非公開
ABEMAプレミアム
TVer
※内容が変わっている可能性があるので、必ず最新の配信状況などをご確認ください。


Paravi」では全話を無料視聴できます。

スポンサーリンク

駐在刑事の放送日

放送時間:金曜日午後8時~

放送局:テレビ東京系

放送開始日:シーズン1 2018年10月19日、シーズン2 2020年1月24日

駐在刑事のあらすじ

シーズン1のあらすじは次のとおりです。

東京の西の端、奥多摩・水根に駐在する警察官・江波敦史(寺島進)は、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた。しかし担当事件の取調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷されることに。今や地元では“駐在さん”と呼ばれ慕われている。
そんな江波のもとに毎日持ち込まれる厄介な問題の数々。四苦八苦しながらも楽しそうにトラブルを処理していたが・・・
ある日、残土処分場をめぐり工事業者と水根の住民が衝突。遂には死者が出てしまう。
地元選出の衆議院議員や謎のフリージャーナリストなど、続々と怪しい人物が江波の前に立ちはだかる。
一番の強敵は因縁深い緒方綾乃(黒木瞳)だ。なぜ彼女は奥多摩に署長としてやってきたのか?
警視庁捜査一課の加倉井国広(北村有起哉)も巻き込んだ腹の探り合いが続く。
水根にいったい何が起こっているのかーーー。
それぞれの「正義」を巡る戦いの火ぶたが切って落とされた!!
(公式HPより引用)


シーズン2のあらすじは次のとおりです。

シーズン1同様、奥多摩で起こるさまざまな事件を人情派の刑事が解決する1話完結のドラマです。

主要メンバーはそのままで、新たなメンバーが加わります。

特に、注目は移動販売パン屋の女性店主との恋の行方です。

あと、今まで明かされてこなかったメンバーの過去や因縁が語られると言います。

主人公は、容疑者を取調中に死なせてしまうという不祥事を起こしていますが、他にも何か明かされていない過去があるのでしょうか?

テレビ東京でスペシャルドラマとして5本、昨年10月に連続ドラマとして金曜8時のドラマ枠で放送された「駐在刑事」が2020年1月クールに「駐在刑事 Season2」として放送されることが決定致しました!シーズン1では、初回放送の視聴率が10.1%という金曜8時のドラマ歴代4位を記録し、5話連続で8%越え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という、2014年に放送された「三匹のおっさん」以来の快挙を成し遂げるなど好評を博しました。

主演は寺島進。かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、そして今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史を演じます。そして、前作に引き続き、北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、そして市毛良枝等の豪華レギュラーキャストも出演が決定!新たに田中美里の出演も決定しております。

今回の連続ドラマではシリーズの世界観を踏襲し、『奥多摩・水根の人々の人情とユーモアあふれるエピソード』と『捜査一課が追うシリアスな殺人事件』を組み合わせた物語が展開するだけでなく、これまで明かされてこなかった『登場人物たちの過去や因縁』などが語られます。さらに、主人公の江波と捜査一課・管理官の加倉井とのバトルはこれまで以上に激しくなり、お互いの正義をぶつけあいながら、捜査に奔走。犯人を捕まえる為だけではなく、目の前にいる人々に寄り添うヒューマンサスペンスドラマとなっております!
(公式HPより引用)


駐在刑事のキャスト

寺島進(江波敦史役)

かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事でした。

現在は奥多摩・水根に駐在する警察官です。

情に厚く、みんなから“駐在さん”と呼ばれて親しまれています。

シーズン2になるということを聞いて本当に嬉しかったです。シーズン2を、令和2年の1月から放送ということで、幸先いいスタートを切れるんじゃないかと期待しています。このドラマの魅力でもある奥多摩の自然が美しい時期から撮影をしていたので、その風景を寒い時期にテレビ画面でみていただけるというのはすごくいいんじゃないかなと思います。今回、レギュラーの方々がそれぞれ活躍する回があるのですが、皆さん個性豊かで素晴らしい俳優さんなので楽しみにしています。シーズン2だからといって、おごらず、初心に帰って、チームワーク良く、スタッフの方々、キャストの方々に感謝しつつ、今回も日本一美しい連ドラにします。そして、義理・人情・正義、笑いあり涙ありで、とにかく見やすくわかりやすい1月クールにふさわしいような連ドラにしたいと思います!

そして、奥多摩も、先日の台風19号の被害を受けました。7年近く奥多摩で駐在刑事を撮らせていただいていて、美しい奥多摩の自然と人々を家族のように思っているので、大変胸が苦しくなりました。本当にお世話になっているので、奥多摩に恩返ししたいという気持ちでいっぱいです。奥多摩だけでなく、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、このドラマで少しでも癒してあげられたらと強く願っています。
(公式HPより引用)

北村有起哉(加倉井国広役)

警視庁捜査一課の管理官です。

組織より人を重要視する江波のことが嫌いで対立しています。

去年連ドラになり、そこで終わってしまう可能性もあったと思いますが、たくさんの方が観てくださって応援してくださったからこそシーズン2ができると思います。今までやってきたことが評価されたと思うので、ほっとしました。
今回のシーズン2では、水根の住人たちの人物造形がさらに深くなっています。さらに、新しいレギュラーの方が入り、新しい彩りができましたし、毎話こんなにすごい方々がゲストとして出てくれるんだと驚きました。そういった部分も楽しみにしていただけたらなと思います。
これだけ同じ役を続けてやること自体が初めてなのですが、できるだけ新しい試みをしていきたいなという思いがあり、寺島さんにも「今回はさらに江波が大嫌いでいきますから」と宣言させていただきました。現場では仲良くさせてもらっていますが、いざ芝居に入ったら目つきや顔つきを変えて、手を抜かずに、思いっきり芝居をやりたいなと思います。
(公式HPより引用)

笛木優子(内田遼子役)

山岳ガイドです。

水根旅館の“休処 みやこ”の若女将でもあります。

初めて「駐在刑事」に参加させていただいてから、こんなに長く続けられるとは思ってもいなかったので、すごく嬉しかったです。シーズン1で皆さんから好評をいただいたからシーズン2があるのかなと思うので、前よりももっといい作品になるように私も頑張りたいなと思いました。シーズン2は遼子の家族の話や他の水根の皆さんの家族の話も出てくるので、今までなかったようなバックボーンも描いているところがシーズン1とは変わったところかなと思います。「駐在刑事」は再放送もたくさんやっているので、そちらを観てもらえればもっと楽しんでもらえると思います。また、今まで観たことがない方でも観やすいドラマだと思うので、今回からでも観ていただきたいです。奥多摩の自然をたくさんの人に観ていただきたいと思っています。
(公式HPより引用)

佐藤寛太(軽部翔平役)

警視庁第九方面本部奥多摩専任特別管理官です。

一度見たものは忘れないという特技があります。

遼子のことが好きで孝夫をライバル視しています。

「駐在刑事」は自然に囲まれての撮影がほとんどなので、毎回ロケで奥多摩に行かせてもらうのがすごく楽しみでしたし、あそこでしか撮れない画があります。軽部は、愛されキャラで、「僕仕事出来ますよ感」を全面に出しているキャラクターなので、軽部の失敗や勢い余る姿をみて、笑っていただけたら嬉しいです。もちろん刑事として事件を解決するという役割もありますが、今回は、江波さんと一緒に、水根の人たちと過ごすシーンが多くて、軽部も水根の住人になりつつあるので、それが大きく変わったところだと思います。その変化も前作を観てくださっている方は楽しんでいただきたいです。
「駐在刑事」は、単純明快で、それぞれのキャラクターの個性を楽しめる作品になっています!
とにかくいろんな世代の方に観やすく仕上がっている作品だと思います。ほんわか笑ってほろりと涙する場面がいっぱい詰まっていますので、毎回毎回江波さんが繰り出す人情劇を楽しんでいただけたらと思います。
(公式HPより引用)

鈴之助(池原孝夫役)

山岳ガイドです。

水根旅館の跡取りで遼子のことが好きです。

事件の解決のため、江波にいろいろ協力します。

“チーム駐在”の皆さんにまた会えると思うと率直に嬉しかったです。寺島さんをはじめ、皆さんのことを家族のように思っていたので、離れていた家族と再会するようなそんな嬉しさがありました。それも、視聴者の皆さんのおかげでシーズン2ができると思って、本当に感謝しております。
僕が演じる孝夫は、何に対してもまっすぐな男です!水根のみんなや山の自然を守るということに対しても本当にまっすぐです。その孝夫の“まっすぐさ”に対して、いろんな感想を持っていただけるということが孝夫の魅力なんだと思います。シーズン2では、細かいところも話し合ってドラマをつくっているので、皆さんに楽しんでご覧いただけたらと思っています!
(公式HPより引用)

市毛良枝(池原美也子役)

奥多摩の水根旅館の女将です。

江波のことを気にかけていて、いろいろ助けてくれます。

何気ない一言が事件を解決に導くこともあります。

連続ドラマになったときも嬉しかったですが、シーズン2として、また「駐在刑事」をやらせていただけるということがものすごく嬉しいです。シーズン1では、事件の起こり方がかなりスリリングで、のんびりとした水根という集落の人間からすると、“すごいことが起こっているね”という感じだったのですが、今回のシーズン2では、もちろん事件は起こりますが、スペシャルドラマでやっていた頃の穏やかさが戻ってきたかなという感じがします。
私が演じる美也子は、「水根のことならなんでも知っている」と自負して、地域の人たちをつなぐ役割をしている人です。奥多摩の自然がとても美しいのと、ちょっと昭和かもしれないですが、都会では忘れがちな義理人情という人と人との繋がりやあたたかさが、まだ東京にもあるのよというところをぜひご覧いただけたらなと思います。
(公式HPより引用)

黒木瞳(緒方綾乃役)(シリーズ1のみ)

奥多摩署の署長です。

ある理由で奥多摩にやって来ました。

過去に江波を潰すと宣言しています。

連続ドラマになるということで実は寺島さんから「よろしくね!」とメールがありました(笑)すごく熱意を感じましたね。また“チーム駐在刑事”で団結していきたいと思います!前回のスペシャルドラマを楽しくやらせていただいて、どういう風な形で作品に絡んでいけるのか楽しみにしていたんですけど、まさか奥多摩署の署長として登場するとは思ってもなかったです。綾乃は(寺島さん演じる)江波と対立する役柄なのでそこは今後確執が雪解けるのかもしれないですし、そうでないかもしれないですし。もしかしたら恋に落ちたりするかもしれませんね(笑)そこが連続ドラマの楽しみにもなるところだと思うのでサスペンス要素だけではなくて江波と綾乃の関係性も楽しみにしていただきたいと思います。今回、綾乃は非常に大きな悩みと葛藤を抱えています。綾乃の警察官としての正義感とか責任感だけでなく、綾乃本来の人間としての喜びや悲しみ、怒りといったものも今回は出せると思うのでそういったところを面白く表現していきたいなと思います。あと、ドラマが持つ奥多摩の自然も見ていただきつつ、綾乃の衣装にも注目してほしいですね!たくさんのカッコいい衣装が多いので(笑)
(公式HPより引用)

山口まゆ(緒方ひかり役)(シリーズ1のみ)

緒方綾乃の娘です。

大人に不信感をもっています。

ある秘密を抱えています。

寺島さんが主演と聞いて、大先輩なので緊張しましたが、やらせていただけることがうれしくて楽しみにしていました。実際に撮影が始まって寺島さんとの共演シーンでは緊張しましたが、江波さんのキャラクターがすーっと入ってきて、この先も寺島さんに助けてもらうんだろうなと思い、頑張ろうと思いました。また、撮影現場の奥多摩は東京とは思えない大自然でマイナスイオンを沢山もらっています。私が演じる緒方ひかりは東京からきた子なので、こうした環境をそのまま感じられたらいいなと思いました。シリーズファンの方もたくさんいらっしゃると思いますが、わたしも新たなキャラクターとして出させていただくので広い心で受け入れていただけたら嬉しいなと思います。
(公式HPより引用)

伊東四朗(大曾根喜八郎役)(シリーズ1のみ)

水根の住人です。

基本的には優しいですが、頑固なところもあります。

大曾根喜八郎は一言でいえばとにかく奥多摩の自然が好きなガンコおやじですね。「奥多摩の自然を汚す奴は許さない!」という気持ちがあって自然を愛しているんだと思います。
そんな大曾根喜八郎役の私を是非見てください!(笑)いろいろな変化もあると思うのでそこを注目して見ていただけると嬉しいです。そして、寺島さんと共演するのはかなり久々だったかと思うのですが、その時の印象は“怖かった”ですね(笑)ただ、その作品では寺島さんとは一緒にお芝居をするシーンはなく、こうして寺島さんが主演での作品でご一緒させていただけて新鮮な気持ちです。火花を散らしたいなと思います。
(公式HPより引用)

田中美里(綿谷夏子役)(シリーズ2のみ)

小学生の息子の海人と共に奥多摩の水根に引っ越してきます。

移動販売パン屋のラ・メールの店主です。

江波とは恋愛関係に発展するかも!?

「駐在刑事」はずっと続いている作品なので、その中で新レギュラーとして参加できると聞いたときは、すごく嬉しかったです。私が演じる夏子は、少しおっちょこちょいで、基本的には明るくて前向きな人。寺島さん演じる江波さんに惚れられる役なので、とにかくチャーミングさが出ればいいなと思って演じています。夏子は、水根に引っ越してきて移動パン屋さんを始めるのですが、すごくおいしそうなパンが、いろんな場面で出てくると思うので、そこも楽しみにしていただきたいと思います。撮影をする中で、いろんなところから「こんな江波さんの表情みたことないね」という話をちらほら聞くので、そういう意味では、前回と違った江波さんの一面がみられるのかなと思いますし、事件と恋愛部分とのメリハリを楽しんでいただけたらなと思います。
(公式HPより引用)

その他

梨本謙次郎(金沢公之役):警視庁捜査一課の刑事です。

徳井優(穴水虎夫役):奥多摩警察署の刑事です。

山口祥行(輪島義男役):警視庁捜査一課の刑事です。

小林星蘭(沢井真紀役):水根ストアの長女です。中学3年生です。

眞島秀和(小宮山勇人役)(シリーズ1のみ):奥多摩地区選出の国会議員です。

長谷川朝晴(岩淵真一役)(シリーズ1のみ):フリーのジャーナリストです。

駐在刑事のスタッフ

監督:小林義則、鈴木統、皆元洋之助(シリーズ1のみ)、元村次宏(シリーズ2のみ)

脚本:田子明弘、入江信吾

音楽:諸橋邦行

チーフプロデューサー:濱谷晃一

プロデューサー:阿部真士、元村次宏

製作:テレビ東京、東通企画

駐在刑事の原作・主題歌

原作:笹本稜平「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」


シリーズ1の主題歌:山崎まさよし「アイムホーム」

シリーズ2の主題歌:鈴木雅之「たとえ世界がそっぽ向いても」

鈴木さんがテレビ東京のドラマの主題歌を担当するのは13年ぶりだと言います。

「さよなら」が「水曜ミステリー9」のエンディングテーマとなって以来です。


「たとえ世界がそっぽ向いても」は、アニソンシンガーであるオーイシマサヨシ(大石昌良)とタッグを組んで作られました。

ドラマのために書き下ろされた楽曲です。

見事にドラマの世界観を歌っています。

鈴木雅之
「たとえ世界がそっぽ向いても」収録

駐在刑事のロケ地

山梨県北杜市にある谷櫻酒造・八巻酒造店・尾白川渓谷で撮影が行われたそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!

おすすめの記事