ドラマ「アリバイ崩し承ります」が2月からスタートします。

主演を務める浜辺美波さんは、CMや映画、ドラマに多数出演する人気女優です。

脇を固めるのが、名バイプレイヤーの安田顕さんです。

ドラマ内での浜辺さんとのやり取りが楽しみです。


今回のドラマでは、浜辺さんがキュートな名探偵に挑戦します。

どのような推理で難事件を解決していくのでしょうか?

それでは、ドラマのキャストやあらすじなどをみていきましょう。

アリバイ崩し承りますのあらすじとキャスト・主題歌
(公式HPより引用)

アリバイ崩し承りますの放送日

放送時間:土曜日午後11時15分~

放送局:テレビ朝日系

放送開始日:2020年2月1日(土)

スポンサーリンク

アリバイ崩し承りますのあらすじ

主人公は、時計店の店主です。

この時計店が他とは異なるのは、時計の修理以外にアリバイ崩しも請け負ってくれることです。

主人公は、アリバイ崩しの名人である祖父からアリバイ崩しの極意を伝授されています。

そのため、アリバイ崩しが得意です。

そのこと知った警察キャリアからの依頼で、主人公は1回5000円でアリバイ崩しを行っています。

主人公が名探偵となって、警察キャリアと難事件に挑んでいきます。


アリバイ崩し承りますのキャスト

浜辺美波(美谷時乃)

美谷時計店の若き店主です。

幼稚園の時に両親を亡くし、時計店を営む祖父に引き取られます。

そのため、時計の修理に興味を持ち技術を学びます。

併せて、アリバイ崩しの名人である祖父から、アリバイ崩しの技術についてもみっちり仕込まれます。

警察キャリアからの依頼で、アリバイ崩しを引き受けることに。

「時を戻すことができました。アリバイは、崩れました」が決めぜりふです。

 私はミステリーが好きで、普段から小説もよく読んでいます。だから今回この作品に出られて、本当にうれしいです。『アリバイ崩し承ります』の原作も、面白くて一気に読んじゃいました。短い話がいっぱい詰まっている本格派なのですが、ミステリー初心者の方でもサラッと読めると思います。
 原作だと時乃はわりと静かな時計店の女の子というイメージなのですが、台本を読ませていただいたら、皆さんとの掛け合いにちょっと明るさや女の子らしさが追加されているように感じたので、ドラマでは“時計屋さんのかわいらしい看板娘”みたいなイメージでできたらいいなぁと思いました。原作では、時乃がお店からほとんど出ないんです。なので、冬の撮影でも“寒くなくてよかった”とひそかに思っていたんですけれど、ありがたいことに少しアクティブにしていただいたので(笑)、寒さ対策は大変そうですが、楽しい作品になりそうです。
 今回、安田顕さんと初めてご一緒させていただくことになりました。お会いする前は、お話が上手でユーモアがあって、ダンディーでかっこいいというイメージをもっていたんですけど、お会いした後も印象は変わりませんでした。初めてお会いした時にも、クスッと笑えることを連発してらっしゃって(笑)、とても楽しかったです。私きっと、セリフを言うときに間違っちゃうことや、寒くて呂律が回らなくなったりすることがあると思うんです。そんなときも、温かく見守っていただけたら…。そして、安田さんから寒さの中で上手にセリフを言うコツを教わりたいです。
 2020年は、私が20歳になる節目の年です。そんな節目の年、最初のドラマがこの『アリバイ崩し承ります』なので、いいスタートを切れる作品になればいいなと思っています。個人的には、20歳になるまでは、たくさん両親に甘えて、お仕事でもやりたいことをやっていけたらいいなと思います。
 土曜の夜に、私のような年代の方やご家族みんなで…幅広い年代の方に見ていただけるような、ちょっとクセになるお話になるといいなと思っています。楽しみにしていてください!
(公式HPより引用)

安田 顕(察時美幸)

那野県警察本部刑事部管理官です。

いわゆる警察キャリアです。

順調にエリートコースを歩んできたが、派閥争い絡みで那野県警に左遷されてしまいます。

妻と息子がいますが、単身赴任をしています。

時乃がオーナーを務める下宿先で下宿しています。

非常にプライドが高く、他の警察官からは煙たがられる存在です。

他の警察官には内緒で、時乃にアリバイ崩しを依頼しています。

 今回、このドラマに出演させていただくにあたって、皆さんに毎週楽しみにしていただけるミステリードラマ、一緒に謎解きに参加してもらえるような、そんな作品になるといいなと思っております。
 私の演じる察時美幸という人物は、警察の中でエリートだったがゆえに、非常にプライドが高い人間なんです。捜査という部分にあまり長けていない察時という男が、主人公の時乃さんと出会い、一緒に謎解きをしていく中で、どう変わっていくのか、それとも変わらないのか…。所轄の人たちとの関係性なども大切にしながら演じていけたらいいなと思います。
 プライドは高いけれど、捜査やアリバイ崩しに長けていない、そういう察時の滑稽さも表現したいと思っているんですが、面白く演じようとすると、そこには必ず無理が生じるので、“自分でなんとかする”のではなく、脚本の流れに沿ったお芝居の中で、自然と面白い場面が出てきたらいいなと思います。
 今回、浜辺さんと初めてご一緒させていただきます。ステキな役者さんですね。しかも、これからさらにステップアップされていく方だと思いますので、“今の”浜辺さんとドラマでバディーという形でご一緒できるのは光栄なことです。今後、どんどん重なっていく浜辺さんのキャリアの中で“大切なもの”と思ってもらえるような作品になるように、一生懸命彼女についていきたいと思います。現場でご一緒する際、集中している時は、事前に「集中してます」って言ってほしいです(笑)。私、安田顕…イニシャルが“KY”なんです。その名のとおり、空気が読めない時があります。よかれと思って話し掛けたら「やっべー、集中してた!」という状況も多々ありますので、そういうときは遠慮なく言ってください(笑)。
 2020年も、一つ一つ今まで通り、お仕事をいただけることに感謝しながら、まずはこの『アリバイ崩し承ります』に臨ませていただきたいと思います。毎週楽しみに待っていただける、面白く見ていただける、そんなドラマになるように頑張りますので、応援のほど、そしてご視聴のほどよろしくお願いいたします。
(公式HPより引用)

成田 凌(渡海雄馬)

那野県警察本部刑事部捜査一課の刑事です。

父親が大物国会議員のため、同僚や上司から忖度されています。

時乃のことが好きですが、時乃に相手にされません。

察時には対抗心を燃やし、何かと反発することが多いです。

察時が鮮やかにアリバイを崩すことに疑問を持っています。

 普段ミステリーや謎解きというジャンルに接する機会がないので、今回この作品に出演することができてうれしいです、すごく。まだ1話しか台本ができていないのですが、すでに続きが楽しみです。
 僕が演じる渡海雄馬は原作にはない役柄なんですが、台本を読んで、できるだけ“なんてことない人間”“何者でもない人間”として、作品の中に存在できたらいいなと思っています。
 浜辺美波さん、安田顕さん…とても素晴らしい役者さんだと思います。お二人ともいろいろな作品で、いろいろな役を演じられているので、今回初めてご一緒させていただくのがとても楽しみなんです。“どういうお芝居をされるんだろう”“今回はどうなるんだろう”って。そんなお二人と真剣にお芝居をして、その結果、見てくださる方に笑っていただけたらうれしいです。
 テレビ朝日さんのドラマに出演させていただくのは初めてなんですが、2020年、まずはこの作品をたくさんの人に見ていただき、「大好きだ」と言ってもらえるように頑張ります。
(公式HPより引用)

アリバイ崩し承りますのスタッフ

脚本:いずみ吉紘 ほか

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)

プロデューサー:浜田壮瑛(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)

監督:河合勇人、星野和成

制作:テレビ朝日、MMJ

アリバイ崩し承りますの原作・主題歌

原作:大山誠一郎「アリバイ崩し承ります」

同作は、「2019本格ミステリ・ベスト10」で国内ランキング1位に輝きました。

第19回本格ミステリ大賞小説部門候補作にも選出されました。


大山さんは、「アルファベット・パズラーズ」(2004年)で本格的に小説家デビューを飾ります。

「彼女がペイシェンスを殺すはずがない」が第8位に、「佳也子の屋根に雪ふりつむ」

「密室蒐集家」で第13回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞します。



主題歌:木村カエラ「時計の針~愛してもあなたが遠くなるの~」

主演を務める浜辺美波さんも大絶賛の楽曲です。

“もう一度愛し合えた日の二人に時間を戻してよ”というフレーズが気に入っているそうです。

アリバイ崩し承りますのロケ地

恋はつづくよどこまでものロケ地は、次のとおりです。

神奈川県三浦市三崎の居酒屋阿木前

ツイッターでの画像を見る限り間違いなさそうです。

関連記事へのリンク(外部)

浜辺美波がテレ朝連続ドラマに初主演!「いいスタートを切れる作品になればいいな」



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう