知らなくていいコトの2話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】2話のあらすじ

知らなくていいコトの2話のあらすじは次のとおりです。


母・杏南(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。そのことで春樹(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。
事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】2話のネタバレ

春樹に結婚を撤回されたケイトですが、ケイトはまだ春樹を諦めてはいませんでした。

まだ殺人犯の子供と決まったわけではないので、別れると判断するのは早くないかと春樹に問います。

しかし、春樹の意思は固く、ケイトとはもう付き合えないと言います。


春樹は、岩谷にケイトと別れたので、異動させて欲しいと申し出ます。

しかし、岩谷は男女問題で異動はさせない主義だと言って、春樹の申し出を却下します。

春樹を大切な戦力と考えているとも説明します。


DNA婚活の取材に行きます。

今回誕生したカップルについて、ケイトは話を聞いていきます。

DNA婚活に胡散臭さを感じるケイトは、聞いた話を信用できずに疑ってしまいます。


ケイトは、今回カップルが成立しなかった山際が笹野と話しているのを目撃します。

その後、山際が笹野を追いかけていきました。

一緒に取材に来ていた特集班のメンバーがその後を追います。

2人はすぐに別れます。

山際は個人で設計事務所をやっていることがわかりました。


会社に戻ったケイトは、乃十阿徹のことが気になって、ネットで関連動画を見ることに。

無差別殺人があったキャンプ場で、レポーターが事件の状況を説明していました。

乃十阿は、キャンプ場にあったウォータータンクの中に毒を入れました。

この中の水を飲んだキャンプ参加者は次々と嘔吐しました。

この事件で2人が死亡し、5人が意識不明の重体だと報じられていました。


ケイトと春樹はあれ以来、本当に気まずそうです。

特に春樹の方が気まずいようです。

春樹は、ケイトのことを恐ろしいものでも見るような目で見ます。

ケイトは自分が何をしたのかと春樹に問います。

春樹にそれは差別ではないかと言います。

その後、「見損なったよ、野中」と言って会社を飛び出していきました。


落ち込んで帰っていると、尾高が車で通りがかります。

尾高は送ってくれると言いますが、撮影に行く尾高に付き合うことにします。


撮影後、ケイトは尾高に自分は殺人犯の乃十阿徹の子供かもしれないと言います。

それを聞いた尾高はまったく驚いているようには見えません。

ケイトはそのことを突っ込みますが、尾高は驚いているが顔に出ないだけと返します。


ケイトは尾高が何か知っているはずだと言い切ります。

実は、ケイトはこのことを聞くために撮影に付いてきたのです。


ラーメンを食べた後、尾高は観念したのか、乃十阿について語り始めました。

3年前に乃十阿の出所の写真をイーストに掲載しました。

発売日の午後、ケイトの母親から電話があったと言います。

その時、母親はケイトに内緒で会いたいと言ってきたそうです。


母親は、尾高に乃十阿を追いかけるのを止めて欲しいと言ってきました。

その理由は衝撃的なものでした。

乃十阿はケイトの父親だったのです。

そして、母親は乃十阿との過去を話し始めました。

乃十阿には妻がいました。

それでも、ケイトを妊娠した時は産もうと決意したそうです。

母親は、乃十阿は人を殺せるような人間ではないと断言します。


ケイトが自分と乃十阿との接点を知ると思うと耐えられないと母親は言います。

乃十阿のことはそっとしておいて欲しいと、尾高に改めて頼みます。

そして、生涯ケイトのことを守って欲しいと懇願します。

その後、母親は帰っていきました。


DNA婚活の取材を進めていきます。

1人だけカップルが成立しなかった山際への取材は欠かせないという結論になります。


ケイトは山際の自宅を訪れますが、不在でした。

しかし、しばらくすると山際と笹野が山際の自宅に入っていきました。


インターホンで山際を呼び出して、DNA婚活について取材させて欲しいと頼みます。

最初は渋りましたが、中に笹野がいたため諦めます。


ケイトは、山際に付き合っている人がいるのにどうしてDNA婚活に参加したのかを尋ねます。

山際は自分たちのDNAマッチングは最悪だと言います。

10%もいかないというのです。

それでも諦められない山際は、笹野に結婚しようと言います。


笹野は山際のプロポーズに難色を示します。

ケイトは、笹野にDNAの呪縛から抜け出した方がよいと助言します。

それでも笹野はDNAにこだわります。


DNAなんて気にしないなんて言ってくれる人、DNAなんて関係なしにプロポーズしてくれる人、そんな素敵な人他にいませんて。

「乗り越えてくださいよ。逆境に負けないでください。」

ケイトは熱く2人に語りかけました。

そして、「好きなものの同士、DNAを気にすることなく頑張って欲しい」と言ってケイトは帰っていきました。


取材を元に記事を書きます。

週刊誌に掲載されるとかなり評判がよかったです。


ケイトが尾高のもとを訪ねます。

ケイトは、乃十阿のことをどうして話してくれたのか尋ねます。

尾高は、ケイトが苦しそうだったからと言います。


昔の話になります。

実は、尾高は過去にケイトにプロポーズしていました。

しかし、ケイトは誰とも結婚しないと言って断りました。

ただ、2人はそれまで結婚しないでこのまま仲良くやっていけたらと話していました。

それなのに、どうして急に結婚しようと言ったのかがケイトは気になりました。

尾高は、ケイトを離したくなかったためだと言いました。


ケイトは、尾高に「私が乃十阿徹の子供だとわかっていて結婚しようと思ってくれていたってこと?」と尋ねます。

尾高は「うん」と即答します。

ケイトは思わず泣いてしまいます。

そして、尾高を捨てて春樹に乗り換えたことを後悔します。

【知らなくていいコト】2話の感想

春樹は最悪ですね。

あれではケイトが完全に犯罪者扱いです。

こういう偏見が多くの差別を生むのでしょうね。


尾高の元にケイトの母親が訪れて、ケイトの父親のことをすべて話していたとは驚きです。

こんなに早くケイトの父親が乃十阿徹であるとわかるとは思っていませんでした。

いくら苦しそうにしていたとは言え、尾高はよく事実を伝えることができましたね。

さすがにこれは言いづらいです。

行った方がよいのか、言わない方がよいのかの判断も難しいです。


尾高がケイトにプロポーズしていたとはね。

しかも、そのプロポーズをケイトが断っていたとは。

殺人犯の子供でもプロポーズできる尾高がすごいです。

結婚を撤回した春樹とは違いますね。

ケイトは尾高のプロポーズを断ったことをかなり後悔しています。

このようなことになると事前にわかっていれば、プロポーズをOKしていたでしょうね。


今回は、いろいろと驚きの多い放送回でした。

来週はどのような驚きがあるのか楽しみです。


SNSは、さまざまなコメントであふれてます。

やはり、今回は尾高を演じた柄本佑さんの評価が爆上がりです。

【知らなくていいコト】2話の視聴率

今回の平均視聴率は、8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

初回に比べると、0.5%下がってしまいました。

SNS上では話題になっていましたが。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!