『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の冬ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

【アライブ】キャストなど作品情報

アライブのキャストなど作品情報は、次のとおりです。

フジテレビではこれまで、「木曜劇場」にて『Dr.コトー診療所』や『白い巨塔』、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』など数々大ヒット医療ドラマを輩出してきました。その「木曜劇場」にて2020年の幕開けに“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマを放送する事が決定。タイトルは『アライブ がん専門医のカルテ』。
主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。
(公式HPより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
松下奈緒 – 恩田心
木村佳乃 – 梶山薫
清原翔 – 結城涼
岡崎紗絵 – 夏樹奈海
小川紗良 – 佐倉莉子
中村俊介 – 恩田匠
三浦翔平 – 関河隆一
田辺誠一 – 須藤進
藤井隆 – 光野守男
木下ほうか – 阿久津晃
高畑淳子 – 高坂民代
北大路欣也 – 恩田京太郎



ドラマ「アライブ」の1話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アライブ】1話のあらすじ

アライブの1話のあらすじは次のとおりです。


 恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。
この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。少しの滞在の後、すぐに息子の漣を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。来ることは聞いていない。世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常だった。
 数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われる。身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が…。見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)だった。
果たして、内科医と外科医、立場の違う2人の医師のタッグが始動する。と、同時に、心の人生を一変させる、運命の歯車が少しずつ動き出そうとしていた…。
(公式HPより引用)

【アライブ】1話のネタバレ

心の夫は、3ヵ月前に事故に遭いました。

現在も意識不明の状態が続いています。

心はそのことで精神的にかなりまいっています。


そこで、心はやどりぎの会(患者会・家族会)に参加することにします。

やどりぎの会は患者やその家族が集まって、悩みや不安を話したり、気軽な会話を楽しむ場所です。

順番に、自身や家族のことなど話していきます。

心の順番になりました。

夫のことを途中まで話すと、急に「こんなことして意味ありますか?」と言ってその場を去りました。

自宅へ帰ろうとすると、自転車がパンクしていたので、やむを得ず押して帰ることに。


坂道を歩いていると、薫が車で通りかかります。

薫もやどりぎの会にいたのです。

心は薫のことを知りませんが、車で送ってもらうことにします。


人の不幸を見に行ったんです。

本当最低ですね。


心は薫に本心を明かします。

そして、あのような発言をしてしまったことを後悔します。

薫は心の話を親身に聞いてくれます。

最終的に夫のことで泣いてしまいます。


数日後、気になった美川の担当患者(上の引用文の患者)の検査をオーダーしようとしたところ、すでに検査が済んでいました。

結果は、心の予想どおりでした。

カンファで美川に「勝手に検査をするな」と言われますが、心にはまったく身に覚えのないことなので否定します。

しかし、美川はなかなか信用してくれません。

その時です。

一人の医師が自分が検査を依頼したと名乗り出ます。

それが薫だったのです。


食堂で2人はいろいろな話をしました。

関東医大で心の夫の手術をしたのですが、薫は関東医大の別の病院にいたため知らないということでした。

そして、心がどうしてこの病院に来たのかを尋ねると、薫の表情が曇りました。

何か事情がありそうです。


そんなある日、原発不明ガンの患者・村井恵子を診ることになります。

原発不明ガンとは、ガンが最初に発生した臓器が特定できない転移ガンのことを言います。

恵子は余命3カ月と宣告されていますが、結婚予定の山本忠司という恋人がいます。


心から、2人は原発不明ガンは手術が難しいので根治は望めないと伝えられます。

忠司は早く治して欲しいと必死にお願いします。

すると、心はガンの治療には“3つのあ”が大切であると言います。

“焦らない・慌てない・諦めない”です。


義父の京太郎がやって来ました。

京太郎は、心の大変さを理解するも、漣がダメになると指摘します。

そして、夫のことは覚悟しないといけないと伝えます。


別の日に、心は薫と一緒にやどりぎの会に行って、この間のことを謝罪します。

その時です。

その場にいた妊婦が倒れます。

2人は急いで妊婦の状態を確認し応急処置します。

結局、その女性は無事に出産を終えました。


しかし、心はその女性が卵巣腫瘍で卵巣を1つ取っていたことを聞いて、急にあることが気になりました。

それは、恵子が卵巣ガンなのではということです。

恵子の検査を行います。

卵巣ガンではありませんでしたが、病名を特定する手がかりを得ます。

そして、ついに病名を特定できました。

恵子は、腹膜ガンだったのです。

このガンは女性しか発症せず、10万人5人以下という大変珍しい希少がんです。

卵巣ガンの治療が有効とのことです。

抗ガン剤治療で腫瘍を小さくしてから手術することも可能だと言います。


恵子の治療が始まります。

まずは抗ガン剤治療です。

薫が恵子の手術を手伝うことになりました。


治療中の恵子の容体が急変します。

抗ガン剤によるアレルギー反応を起こしてしまったのです。

これにより手術が延期になりました。

恵子はもう何もしなくてもよいと諦めムードに。

心は、“3つのあ”を思い出して欲しいと言います。


しかし、恵子はすっかり諦めてしまっています。

治るかどうかもわからないのに、苦しい治療を続けるぐらいなら、もっと他のことに時間をかけたいというのです。

実は、忠司は若年性認知症なのです。


恵子は忠司にプロポーズしたのですが、まだ返事はもらえていないと言います。

認知症が原因で忘れてしまったのではないかと恵子は考えています。

それどころか、恵子の名前すら忘れつつあります。

忠司の記憶にはリミットがあるので、恵子は記憶がある内に2人の楽しい思い出を作りたいと思っています。

そのために、治療をしないというのです。


そして、恵子は忠司に治療しないことを告げます。

忠司に「二度とそんなこと言うな。」と叱られてしまいます。


恵子の治療を諦められない心は、カンファで恵子の手術をしたいと申し出ます。

すると、薫は手術しようと言ってくれます。

あとは、恵子をどう説得するかです。


ある日の早朝に、心は恵子を連れて屋上へ。

そこには、忠司が待っていました。

しばらくすると、きれいな朝日が昇ってきました。

忠司は、恵子にプロポーズします。

恵ちゃん、結婚してください。

無謀だということはわかっている。

来年の今日、僕は君を忘れているかもしれない。

恵ちゃんのいない明日は考えられない。

だからごめんなさい。


そして、生きる理由を見つけた恵子は手術を決意します。


また、薫がいろいろと不可解な行動を取っていました。

何か裏がありそうです。

  • やどりぎの会のパンフレットをシュレッダーにかけていた。
  • 変装して民代にやどりぎの会のパンフレットを渡して参加を促した。
  • 心の自転車をパンクさせた。
  • 婦人科に頼まれて手術をすることになったと心に説明していたが、自分からやらせて欲しいと頼んでいた。


いよいよ恵子の手術をする日になりました。

薫が執刀医です。

順調に手術が進んでいきます。

そして、手術は無事に終わります。

成功です。


手術後、恵子は心に治らないと言われていた自分をどうして受け入れてくれたのか尋ねます。

心は次のように答えます。

「治る、治らないじゃないんです。

患者さんの人生に寄り添うのが私たち腫瘍内科医の仕事です。」

恵子は心へ感謝の気持ちを伝えます。


薫の過去が明らかになりました。

心の夫のことは知らないと言っていましたが、薫は関東医大で夫の手術を行ったメンバーの1人でした。

薫の元上司である消化器外科医の須藤進が執刀医でした。

須藤は適切な手術を行っていませんでした。

そのため、薫が手術を引き継ぎますが、夫は意識不明の状態になってしまいます。

薫は、須藤から損傷がひどかったので仕方がないと言われます。


薫は今も須藤と会っています。

恵子の手術のアドバイスをもらっていました。

薫が心と同じ病院で働いていることを知った須藤から、何のために近づいているのかと尋ねられます。

何も答えずに物語は終了します。

【アライブ】1話の感想

ガンという重い病気を扱っているので、ドラマを観るだけでも少し怖い気持ちにさせられました。

ガンは誰がなってもおかしくない病気です。

目を背けずに観て、自分なりにいろいろ考えることが大切だなと感じました。


忠司が恵子にプロポーズをするシーンは感動しましたね。

若年性認知症とガンを患った2人が将来に希望を持つのはなかなか難しいと思います。

やはり、愛の力は偉大だと感じました。

恵子の手術が無事に成功してよかったです。


今回のドラマでもっとも気になったのが薫でしょう。

やどりぎの会の活動自体にはそれほど興味がないのに参加したり、自転車をパンクさせたりと意味不明な行動が多いです。

やはり、心に近づくためだったのでしょうか?

心の夫の手術がうまくいかなかったのは自分のせいだと思って、心の力になりたいのでしょうか?

それにしては、やや強引に物事を運んでいるように感じます。

薫の真意が気になりますね。


ネット上にはさまざまなコメントが上がっています。



薫の行動が気になる視聴者が多いようです。



ノンスタイルの石田さんが患者役で出演していました。

【アライブ】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることが判明しました。

ドラマのテーマがテーマだけに観てもらえなかったのでしょうか?

今後に期待ですね。

動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『アライブ がん専門医のカルテ』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!