ドラマ「アライブ」の2話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【アライブ】2話のネタバレ

 恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。

 一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海はまだ若いのにと残念がる。すると結城は若いからこそ早期治療が必要だとドライに反論する。

 仕事を終えた心がいつものように匠(中村俊介)を見舞って帰宅すると、京太郎(北大路欣也)が漣(桑名愛斗)の面倒を見てくれていた。だが漣を甘やかし宿題を手伝っていて、匠の意識が戻ることもあきらめたかのような京太郎に対しての愚痴を、心は梶山薫(木村佳乃)にメールする。トレーニングジムでメールを受け取った薫だが、匠の事になると返答に戸惑ってしまい…。
(公式HPより引用)


薫が心と同じ病院で働くことにしたのは、心を支えたいと思ったためだと言います。

須藤は脳の損傷がひどかったと言いますが、薫は助けられたと思っています。

須藤はそんな薫に「自分と重ねているか?」と問います。

「口出ししないで。あなたには関係ない。」と言う薫に、須藤は「関係ある。離婚が成立した。」と返します。


須藤は、夫を見舞いに来た心と薫の話をします。

後日、須藤は薫と会って、心と話してわかったことを伝えます。

薫と須藤は面識がないことになっていることや心は薫のことを薫先生と言って慕っていること。

須藤はこれからのことは話さないのかと尋ねると、薫は今は考えられないと答えました。

どうやら2人は親密な関係のようです。


心の担当患者である高坂民代は、心に薫と一緒に飲んだことを伝えました。

民代のおかげで、薫と運命的な出会いを果たせたと心は感謝しています。

それは、民代が心にやどりぎの会のチラシを見せたため、心はやどりぎの会に参加することにしたためです。

実は、民代は薫と飲んだ際に、やどりぎの会のチラシをくれたのが薫だと気づいていました。

民代は、薫がどうして自分にやどりぎの会のチラシをくれたのか不思議に思っています。


莉子は、乳ガンについて調べていました。

やはり乳房全摘が相当ショックなようです。

いろいろと悩んでいます。


診察の際、莉子は心に「胸を取れば心も元に戻りますか?」を尋ねます。

胸が無くなるよりも、人の幸せが喜べなくなることが怖い。

莉子は友人が妊娠したことを知っても、素直には喜べなかったのです。

莉子は取り乱して、胸を取って1日でも早く治して欲しいと言います。

心は落ち着くように言います。


莉子が乳ガンの手術の説明に来ていないことがわかりました。

結城が連絡することに。

結城は、病院の外で莉子と偶然会って、乳ガンを早く切った方がよいと言っていました。

そのようなこともあって、莉子のことを気にかけていました。

その後、莉子は母親に連れられて心のところへ来ます。


そして、心は莉子を薫に会わせます。

薫は莉子に説教するつもりも、説得するつもりもないと言います。

実は、薫も乳ガン(ステージ2)の患者だったのです。

5年前に乳房を全摘しています。


薫は、自分も怖くて逃げだそうとしたという実体験を語り出しました。

莉子は胸はどうなったのか尋ねます。

莉子は、恋や結婚ができなくなるのではと不安を感じています。


そんな莉子に薫は自分の胸を見せました。

薫は胸の再建手術を受けていました。

薫は言います。

偽物って思うかもしれないけど、時間が経てば愛情が湧くし、自分の体の一部になるよ。

もし傷が恋の弊害になるんだったら、そんな人は佐倉さんの運命の人じゃないから。


その後、莉子は結城に会いました。

莉子は、この前に会った時結城に運命を恨んだことはあるかと聞いていました。

結城は、自分が医者一家に生まれたことを恨んでいたという話をします。

半ば諦めて医者になったと言います。

莉子は「そんな医者嫌だな。」と言うと、結城も「俺もそう思う。」と返します。

莉子は、自分は逃げてばかりしていたのでもっとダメだと思っています。

そして、莉子は「私変わるから。」と宣言します。


莉子は、乳ガンの手術を受けることを決意します。

手術は無事に終了しました。


乳ガンと診断された日ノ原は、抗ガン剤の治療を始めています。

日ノ原は、同じ乳ガン患者の女性にいろいろアドバイスをもらっていました。

しかし、その女性は亡くなってしまいました。

その女性はかなり悪い状態だったのですが、何かできることをしたいと他の患者の手助けをしていたのでした。

日ノ原は、ショックを受けます。


このことがあって、日ノ原は断っていた遺伝子検査を受けることにしました。

ガンが遺伝しているかもしれないと言えば娘に恨まれるかもしれないと心配する日ノ原。

光野は、いつかそのことを教えてくれたことを感謝する日が来ると思うと話しました。


薫は、心を誘って温泉に行きました。

帰りの別れ際に、薫は心にすべてを話そうとします。

しかし、突然心に夫が急変したという連絡が入ります。

急いで病院へ向かいます。

スポンサーリンク

【アライブ】2話の感想

今回は乳ガンがテーマの話でした。

男性が乳ガンになることは知りませんでした。

女性だけの病気というイメージが強いので、日ノ原のように複雑な気持ちになるのは当然だと思います。

娘さんにも遺伝しているかもしれないのなら、なおさら早く検査してその結果を教えてあげるのが親としての役目だと思います。

知っていれば、検査をまめに受けるなどある程度の予防ができますからね。


莉子は、乳房の全摘は非常にショックだと思います。

本人が言っていたように、恋や結婚にも影響しそうですからね。

薫が言っていたように、それが原因でうまくいかないのなら、その人は運命の人ではなかったと考えるしかないですね。

そう思っていても、いざそうなれば思うようにはいかないでしょうが。

莉子には頑張って生きていって欲しいです。


薫がついに心にすべてを話そうとしました。

心は事実を聞けば、薫のことをどう思うでしょうか?

今までのような2人でいられるでしょうか?

心の夫が急変したということですが、夫の容態が気になりますね。


SNS上では、さまざまな声が上がっています。

スポンサーリンク

【アライブ】2話の視聴率

今回の平均視聴率は、7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

初回からから0.7%の減です。

テーマがテーマだけに、ドラマを観るのが怖くなったなどの理由で視聴者が離れてしまった可能性がありそうです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう