半沢直樹のスペシャルドラマ「半沢直樹 エピソードゼロ」が放送されました。

期待通りの素晴らしい内容でした。

ここでは、「半沢直樹 エピソードゼロ」のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【半沢直樹2エピソードゼロ】ネタバレと感想!キャストは?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【半沢直樹エピソードゼロ】の放送日

放送日時:2020年1月3日(金)午後11時15分~

放送局:TBS系

スポンサーリンク

【半沢直樹エピソードゼロ】のキャスト

吉沢亮(高坂圭)

スパイラルの社員で敏腕プログラマーです。

過去に逮捕された経験があります。

半沢直樹のスペシャルドラマで主演を務めさせて頂くことになりました。
7年前の半沢直樹の、敵役を完全に地獄に叩き落とす様を見てドキドキワクワクするという展開。唯一無二の面白さを感じていました。今回のスペシャルドラマにもそのエッセンスが凝縮されていることと思います。
半沢直樹のスペシャルドラマなのに半沢が主人公じゃないのかよ (笑) と思っているそこのあなた。完全に倍返しですよ。是非ご期待ください。
(公式HPより引用)

今田美桜(浜村瞳)

東京セントラル証券の新入社員です。

証券トレーディングシステムのリニューアルの担当者の1人です。

『半沢直樹』 が放送されていた頃はまだ小さくて、当時の私には言葉の意味も分からないものが多かったのですが、半沢さんの 「倍返しだ!」 のあの迫力は凄く印象に残っていて、今回の出演のお話をいただいて改めて見直し、その記憶が鮮明に蘇りました。
改めて観ると、内容が理解できる年齢という事もあって、より作品に圧倒されました。そして 「小さい頃に観ていたあの作品に、まさか自分が出演するなんて!」 と大変嬉しく思っています。
私が演じる瞳ちゃんは、すごくポジティブで、女の子らしいけど格好よく、前向きな頑張り屋さんです。職場では 「働き方改革」 が行われていて、新入社員だから早く家に帰されてしまい、残業などがまだできない。だから、大事なお仕事を任せられることがまだ少なくて、やる気はあるけど、早く家に帰らないといけない。そんな葛藤も持っている人物です。台本を読んで、全然私には似てないなと思いながらも、瞳ちゃんのポジティブなキャラクターに元気をもらっています (笑)。丁度私と同じくらいの年齢なので、私の友達や今の新入社員の方々は、瞳ちゃんのように葛藤を抱えながら社会で頑張っているのだなと思いましたし、そんな葛藤も私なりに演じていけたらと思っています。
当時 『半沢直樹』 を観ていた方々も勿論ですし、これから就職する方や同年代の方も勇気づけられる作品だと思います。私自身、2020年最初の出演となるこの作品で、一緒に成長して良いスタートを切り、醍醐味でもある 「倍返し」 をできたらと思います。是非楽しみにしてください!
(公式HPより引用)

吉沢悠(若本健人)

スパイラルで開発部の社員です。

高坂とはたびたび衝突します。

日曜劇場 『半沢直樹』 から数年を経て、2020年、新たな半沢イヤー記念に相応しい内容のスペシャルドラマに出演させていただき、とてもうれしく思っています。僕がこの作品にとても感動しているのは、撮影現場の空気自体がドラマの空気感同様、緊張感と高い熱量に包まれていることです。
「半沢ファン」 の期待に応えつつ、エピソードゼロの独特な違った世界観を生み出そうと、全員が必ず最高のドラマにしようという気持ちの表れではと思います。
「こんな半沢があっても面白い!」 というスペシャルドラマになっていますので、どうぞご覧ください !!
(公式HPより引用)

玉置玲央(来栖誠也)

WORLD BIG DATAの社員です。

北村匠海(黒木亮介)

高坂の大学時代のプログラミング仲間です。

『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』 に出演させていただくことになりました北村匠海です。
今回、自分としてもなかなか今までに演じたことのない役どころですし、約1年ぶりに TBS さんのドラマに帰ってこられたうれしさもあります。
別作品でも撮影の苦楽を共にした吉沢亮くんの脇を支えるいいエッセンスになれればいいなと思います。
(公式HPより引用)

尾上松也(瀬名洋介)

スパイラルの代表取締役社長です。

このたび 『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』 に、出演させていただくことになりました。あの伝説のドラマのスピンオフ作品に出演できますことは光栄の極みです。
私は今回主人公の高坂圭が勤めているスパイラルの社長・瀬名洋介を演じます。
本編にも負けない作品にできますよう、全力でつとめます!
どうぞお楽しみに!
(公式HPより引用)

緒形直人(城崎勝也)

東京セントラル証券の情報システム部の主任です。

只今、熱いスタッフと俳優たちに囲まれ “ONE TEAM” の意気込みで、鋭意撮影を行なっております。私自身は、皆様に楽しんでいただけるように良い緊張感を持って丁寧に演じていければ良いなと思っております。
半沢直樹イヤーの先陣として、どんなドラマに仕上がるのか 『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』 をご期待ください。
(公式HPより引用)

【半沢直樹エピソードゼロ】のスタッフ

企画協力:池井戸潤

監修:福澤克雄

チーフプロデュース:伊與田英徳

プロデュース:宮崎陽平

演出:松木 彩

製作著作:TBS

【半沢直樹エピソードゼロ】のネタバレ

半沢直樹が出向した東京中央銀行の関連会社 「東京セントラル証券」 では、証券トレーディングシステムの大規模リニューアルを予定していた。
一方、検索エンジンサービスの開発・運用で勢力を伸ばしていた新興 IT 企業 「スパイラル」 の新人プログラマー・高坂圭 (吉沢亮) は、あまり目立たない社員だったが、ある日、突如発生したシステムダウンのピンチを凄まじいプログラミング能力で乗り切り、周囲を驚かせる。彼の実力を認めた加納専務 (井上芳雄) からコンペのプロジェクトリーダーに任命された高坂は、オリエンテーションの会場で 「東京セントラル証券」 のリニューアルの担当者である城崎勝也 (緒形直人) や新入社員の浜村瞳 (今田美桜) と知り合う。

そんな中、ある一人の男が 「スパイラル」 を訪ねてくる。彼の名前は黒木亮介 (北村匠海) といい、高坂の古い友人らしい。黒木を前にした高坂は脳裏に過去のある苦い記憶がよみがえる…。
成功すれば数億の売り上げに繋がる重要なプロジェクト。「スパイラル」 にとって社運を賭けたこの一大プロジェクトが進行する裏で、人知れず “ある陰謀” が同時にうごめいていたことを、まだ誰一人も知らなかった――。
(公式HPより引用)

高坂と瞳は、東京セントラル証券の証券トレーディングシステムのリニューアルに関するオリエンテーションの会場で初めて会いました。

瞳の高坂に対する印象は最低なものでした。

瞳が高坂担当の占いサイトを信じていると話すと、高坂は占いを頼るよりも自分の力を頼った方がよいと偉そうな口調で言ったためです。


証券トレーディングシステムは、世界最速のネットワークを独自に持っているWORLD BIG DATAと日本国内に強みを持っているスパイラルが共同で開発することになりました。

高坂が東京セントラル証券を訪れている時に、システムのログインエラーが続出しました。

高坂は、すぐに不正アクセスの可能性を指摘しました。

調査の結果、外部から何者かが社員IDとパスワードを狙って不正アクセスしていたことが判明しました。

狙われたのは、半沢直樹営業企画部長のものでした。

半沢部長には、多くの顧客の個人情報や株式、預かり資産を動かす権限があります。

つまり、半沢部長の社員IDとパスワードがあれば、顧客の預かり金300億円を盗み出すことができるのです。

再度の不正アクセスに備えて、早期にセキュリティの高い新システムの導入が急がれることとなりました。


システムの開発を進めていく上で、東京セントラル証券・WORLD BIG DATA・スパイラルは共有クラウドを使ってデータのやり取りをしていくことに決まります。

スパイラルは、高坂をリーダーとしたチームでシステム開発を行うことになります。

しかし、高坂は仲間を信じることができないため、重要なことはすべて1人でやろうとします。

チーム内に不協和音が生じます。

若本健人とは衝突を繰り返します。


ある日、高坂からシステムの設計に関して瞳にお願いの電話がありました。

高坂は、過去10年分の株価のデータを送って欲しいというのです。

瞳は上司にそのことを伝えると、城崎がデータを共有のクラウドに上げておくことになりました。


高坂が1人で仕事をしていると、黒木が会社へやって来ました。

黒木は高坂の大学時代のプログラミング仲間です。

過去のことで高坂をゆすりに来たのです。

たまたまスパイラルに来ていた瞳は、黒木に突き飛ばされて軽いケガをしてしまいます。

まだ会社にいた若本が黒木を追い払ってくれました。


瞳は、高坂に黒木が言っていた過去について尋ねます。

すると、高坂は大学時代に黒木にだまされてフィッシング詐欺に関与し、逮捕されたことを明かします。

最終的には不起訴となりましたが、逮捕されたという事実は残ります。

高坂は居場所がなくなり、大学を辞めることなりました。


若本は“黒木亮介”という名前を聞いていたので、それが誰なのか気になってネットで調べます。

ネット上には、高坂が関与したフィッシング詐欺の記事が出ていました。

若本はそのことを知ることに。


合同プロジェクト会議が開かれました。

東京セントラル証券のお客さまセンターに送られてきたメールで、高坂がフィッシング詐欺に関与した過去がみんなにバレてしまいました。

高坂は若本を疑うことに。

若本は否定して、「そうやって誰も信じないか」と言い放ちます。

高坂は「こんな俺のこと、誰が信用してくれるのか」と返します。

そして、若本に「それはおまえ次第だ。最後までリーダーとしての自覚を持てよ。」と一喝されてしまいます。


その後、高坂は瞳に会います。

昔の自分なら逃げていたという高坂は、瞳の言葉のおかげですべてからもう逃げないことを決意します。

実は、瞳は高坂がフィッシング詐欺に関与した事実を聞いた際に、何も悪いことをしていないのだから逃げる必要はないと言われていたのです。

その時は、瞳の言葉に高坂はカチンときていましたが・・・

そして、瞳から「信じられるのものがあれると強くなれます。だから、周りの人のことも信じてみてください。」とアドバイスされます。


翌日、高坂は若本に謝罪し、仕事を手伝って欲しいと頼みます。

システムの開発が進んだある日、プログラムの中に仕様変更によって不要になったファイルがまた追加されていることがわかりました。

気になって調べてみると、それは不正プログラムでした。

それは、トロイの木馬の一種だというのです。

起動と同時に他のサーバーのプログラムを書き換える仕組みになっているようです。

他にも仕組まれていないかチェックすることに。


このことを合同プロジェクト会議で報告します。

WORLD BIG DATAの来栖誠也の調べによると、テストの際にネット経由で外部から感染した可能性が高いということです。


瞳は、このようなことをするのは黒木ではないかと疑います。

それに対して、高坂は「記事をリークしたのは黒木だと思いますが、プログラミングに関しては素人レベルですし、黒木には無理でしょうね。」と答えました。

誰が何のためにこのようなことをしたのか2人は疑問に感じます。

そして、瞳から「もし私が犯人なら、新システムにトロイの木馬を仕込むよりも、旧型のシステムを狙いますけどね。」という発言が。


新システムの最終テストを無事にクリアしました。

あとはシステムの移行を行うのみです。


若本は、不正プログラムに関して瞳を疑っているようです。

黒木がやって来た日、高坂が席を離れた際に、瞳がパソコンをいじっていたというのです。

高坂は若本に瞳は本当に信用できるのかと問われます。


瞳が会社に行ってみると、上司から呼び出しがありました。

行ってみると、瞳が社内で禁止されている株式の購入を行ったというのです。

瞳にはまったく心当たりがありません。

しかし、信じてもらえず、瞳は自宅待機を命じられます。


このことは高坂の耳にも入ります。

高坂は、不正プログラムのことや瞳の株式の購入のことなどいろいろ整理して考えてみることに。


いよいよ新システムの稼働日がやって来ました。

高坂は、瞳が言っていた「もし私が犯人なら、新システムにトロイの木馬を仕込むよりも、旧型のシステムを狙いますけどね。」という言葉が思い出されました。

以前、東京セントラル証券で起こったシステムのログインエラーのことも気になっていました。

高坂は、もしかしたら犯人は旧型のシステムより慣れた新システムの方が破りやすいのでないかと考えます。

そして、このログインエラーは早く新システムに移行させるために行われたものではないかという結論に至りました。

システムの移行直後が特に危ないので、高坂はある策を講じることにします。


新システム移行の作業が開始しました。

この時、瞳が忘れ物を取りに会社にやって来ました。

忘れ物を見つけた瞳は、すぐに自分の席から離れます。


すべてのパソコンのシステムの移行手続きが行われていきます。
 
まずは、半沢部長のパソコンの移行作業が行われることに。

移行作業が行われるまさにその時、城崎がスマホを持ってその場を離れます。

半沢部長のIDとパスワードが打ち込まれ、システムの移行が完了します。

来栖は、自社に戻ってシステムの稼働状況をチェックすると言って帰って行きました。


しばらくすると、システムがフリーズします。

そして、顧客のお金がどんどん引き出されていきます。

半沢部長のパスワードが盗まれたのです。

被害額は300億円になろうかという勢いです

システムを制御しようにもまったくできません。


発信元のIPアドレスをたどると、瞳のパソコンでした。

間髪を入れずに、城崎は瞳を責め立てます。

高坂は、瞳は犯人ではないと断言します。

プログラムを書き換えるには高度なハッキングの技術が必要だからです。


今度は、城崎は瞳は株式を購入するような社員だから信用できないというのです。

これについても高坂は断言します。

瞳は株価の値段をみて買うような買い方はせず、占いをみて買うので、瞳は株式を購入していないというのです。

高坂は、以前瞳が株式の購入のミューレーションをしていた時のことを知っています。

それに、瞳の人柄を考えれば、プロジェクトを妨害するはずがないとも擁護します。

それを聞いて、瞳は涙を流します。


そして、高坂は別の人間が犯人だと言います。

先日仕込まれたトロイの木馬の感染源が共有クラウドであることを高坂は突き止めています。

高坂の依頼によって東京セントラル証券側が上げたデータに含まれていたのです。

このデータを上げたのは城崎でした。

疑いの目を向けられると、うろたえながら、城崎は自分にそのようなことができるわけがないと否定します。


すると、高坂は城崎にはプログラマーの協力者がいたのだと言いました。

調べると、マレーシアでも同じようにトロイの木馬を使った事件が起こっていました。

そこから、以前東南アジアで仕事をしていたという来栖の名前が挙がります。


いよいよ事件の全貌へ。

高坂は、城崎は来栖と組んで、今回の新システムの導入を利用して何百億もの預かり金を盗み出す計画を立てたのだと説明します。

事前に仕込んでおいた不正プログラムのファイルは見つかって削除されてしまったので、別の方法をとることにしたというのです。

その方法とは、システム稼働の直前に瞳のパソコンを遠隔操作して乗っ取り、新システムへの切り替えのタイミングで半沢部長のパスワードを抜き取るというものです。

瞳は、そのために自分は謹慎にされたのだと訴えます。


城崎は「こんなことしている場合内じゃない。早く対処しないと。」と言って、その場を立ち去ろうとします。

すると、高坂は未然に犯行を防いだというのです。

この不正送金されているモニターの画面は、高坂が作ったものでした。

犯行に失敗したことを犯人にすぐに悟られないようにするために仕掛けたのです。


実は、高坂はある準備を行っていました。

それは事前に瞳にUSBメモリーを渡しておいて、忘れ物を取りに来るフリをして自分のパソコンに挿すように頼んでおいたのです。

システム稼働の直前に瞳がやって来たのはそのためです。

このUSBメモリーには、高坂が作ったトロイの木馬が入っています。

犯人がこのパソコンを遠隔操作しようとすると、プログラムが作動して犯人の操作を阻止し、偽物の画面が流れる仕組みになっていました。


城崎は往生際が悪く、すべての罪を来栖になすりつけようとします。

高坂が作ったトロイの木馬は遠隔操作をしようとすると、発信元に感染するようにプログラムされています。

そのため、モニターの画面には城崎のスマホの画面が映し出されました。

高坂は、どうして城崎の画面が映っているのかと責め立てます。

移行作業の際に、城崎が遠隔操作をしたことでスマホが感染してしまったのです。


そして、これが犯行の証拠だと言って映し出されたのは、城崎と来栖のメールのやり取りです。

これには、城崎はうろたえて画面を消そうと必死になります。

しかし、画面は消えません。

そんな時に、来栖からお金が動いていないという電話がかかってきます。

これでもう言い訳ができなくなりました。


実は、半沢部長の指示で城崎の身辺調査が行われていました。

それによると、城崎は個人的に不動産投資をして大損害を被っていたのでした。

しかも、その補填のためにヤミ金にも手を出していました。


城崎と来栖、そして共犯関係にあった黒木も警察に逮捕されました。

これで事件は完全に解決しました。


高坂は瞳にUSBメモリーを渡しに行った際、瞳は何も悪いことをしていないと思っていました。

そのため、事前に聞いていた“半沢部長のやられたらやり返せ”がまさに今のタイミングだと瞳に伝えました。

そして、無実を証明しようと言います。

すると、瞳は高坂に「無実を証明するだけじゃダメです。実は半沢部長の言葉には続きがあるのです。やられたらやり返すだけじゃない。やられたら倍返し。」と言うのでした。

そして、見事に倍返しすることができました。


最後に、半沢部長と渡真利忍が語り合うシーンがありました。

半沢部長は、次のように言っていました。

今は東京セントラル証券の社員なので、セントラルのルールの中で戦っていく。俺はここででかい仕事をやってみせる。いつか銀行を見返してやるために。

【半沢直樹エピソードゼロ】の感想

また半沢直樹が観れてよかったです。

吉沢亮さん演じる高坂圭も、半沢直樹に負けないくらいよかったですね。

本当にセリフが長いです。

あれだけ長いセリフを、相手を責め立てながら一気に言っていくのですから大変です。

半沢直樹もすごかったです。


毎回ですが、やられて倍返しすると本当にすっきりします。

緒形直人さんもいい味を出していましたね。


4月になると、いよいよ半沢直樹の第2弾を観ることができます。

長く待ちましたがようやくです。

今度はどのような倍返しがみられるのか今から楽しみです。


SNSでは次のような声が上がっています。

【半沢直樹2エピソードゼロ】の視聴率

今回の平均視聴率は、6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

放送時間帯を考えると、これでも十分でしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!