生放送で100点を出せたら100万円がもらえるという新たな音楽番組が誕生しました。

その番組名は「カラオケ100点出した猛者のみ集まる音楽祭」です。

ここでは、企画挑戦者の結果をご照会します。

カラオケ100点出した猛者のみ集まる音楽祭
(公式HPより引用)
スポンサーリンク

カラオケ100点出した猛者のみ集まる音楽祭の番組MCと見届け人

カラオケ100点出した猛者のみ集まる音楽祭の番組MCは、次のとおりです。

【MC】

バナナマン(設楽統・日村勇紀)

指原莉乃


【見届け人】

  • 清塚信也
  • 上白石萌音
  • 佐藤健
  • ギャル曽根
  • せびっちゃマンボ
スポンサーリンク

番組のルール

番組のルールを確認しておきます。

フルコーラスで1曲を歌ってカラオケ採点します。

その結果、100点が出たら賞金100万円がもらえます。

非常にシンプルルールとなっています。

ただし、生放送かつ観覧者の目の前で歌うので緊張感がハンパないです。


挑戦者全員がカラオケ100点の経験者のみとなっています。

実力どおりに歌うことができれば、100点も夢ではありません。


では、採点機で100点を取るにはどうすればよいのでしょうか?

点数は次のように決まります。

音程の正確さしゃくり・こぶし・フォール・ビブラートの技術点(表現力ボーナス)の合計

そのため、音程を外しても、技術点でカバーすることができます。

いかに音程を外さず正確に歌って、技術点を稼げるかがカギとなります。


精密採点DX-Gが採用されています。

精密採点DX-Gとは?

【1人目のカラオケ挑戦者】宮城杏奈さん(17歳)

福岡県・直方(のおがた)からの応募の一般人です。

1日で学校の人気者になったシンデレラ女子高生です。

2年前の文化祭で、全校生徒約600人を歌で魅了したと言います。

勝負曲:Official髭男dism「宿命」

点数:99.212(97.600+ボーナス1.612)

採点機の分析レポート:ほぼ原曲どおりに歌えています。優等生タイプですね。

【2人目のカラオケ挑戦者】土屋アンナ

日本アカデミー賞新人賞女優です。

2004年に受賞しました。

映画の主演を務め、8つの映画賞を総なめにしました。

シングル16枚・アルバム11枚と歌手としても活躍しています。

勝負曲:X JAPAN「Forever Love」

点数:99.891(97.997+ボーナス1.894)

採点機の分析レポート:安定した音程で歌えています。声もとてもよく伸びていて、素晴らしい歌唱力です。(※)

【3人目のカラオケ挑戦者】竹岡七海さん(9歳)

神奈川県・鶴見からの応募の一般人です。

歌に救われた小学4年生です。

実は、七海さんは幼稚園の年長の時に寝たきりの生活を送っていました。

過去に重病による闘病生活を経験しているのです。

入院生活中は歌に支えられたと言います。

勝負曲:伊藤由奈「Precious」

点数:99.561(98.039+ボーナス1.522)

採点機の分析レポート:音程はほぼパーフェクトです。圧巻の歌いっぷりです。(※)

【4人目のカラオケ挑戦者】純烈の後上翔太

2019年の紅白出場歌手です。

スーパー銭湯アイドルとして活動しています。

2年連続で紅白歌合戦に出場しています。

グループ最年少の後上さんが歌います。

勝負曲:菅田将暉「さよならエレジー」

点数:98.681(96.760+ボーナス1.921)

採点機の分析レポート:まったく見えませんでした。

【5人目のカラオケ挑戦者】北和真さん(22歳)と川邊杏佑美さん(22歳)

大阪府・梅田からの応募の一般人です。

年間1000時間歌った男女ペアです。

2人は中学生の同級生で、カラオケでつながった盟友です。

卒業後も2人でカラオケに通いつめています。

勝負曲:花*花「さよなら大好きな人」

点数:99.016(デュエットはボーナスなし)

採点機の分析レポート:安定感だけでなく、声の響きやビブラートも優れています。文句なしのデュエットです。

【6人目のカラオケ挑戦者】徳永ゆうき

日本レコード大賞の新人賞歌手です。

若手の演歌歌手です。

実は、演歌界一のJポップマスターです。

勝負曲:Official髭男dism「Pretender」

点数:98.911(96.923+ボーナス1.988)

採点機の分析レポート:難しい曲ながら、ほぼ理想的な音程で歌えています。安定感も備わっています。

【7人目のカラオケ挑戦者】宮本はなみさん(20歳)

神奈川県・溝口からの応募の一般人です。

カラオケ世界大会日本代表に選ばれた英会話教師です。

昨年550倍の倍率を勝ちいて、カラオケ世界大会日本代表に選出されました。

母親はシングルマザーで苦労してきました。

フィリピンへの留学もさせてくれたそうです。

賞金で母親を喜ばせたいと言います。

勝負曲:MISIA「アイノカタチfeat.HIDE」

点数:99.177(98.319+ボーナス0.858)

採点機の分析レポート:クリアで優しい歌声です。歌唱力も素晴らしく、いつまでも聴いていたくなります。(※)

【8人目のカラオケ挑戦者】ほいけんた

芸能界一の100点製造機です。

芸歴37年の大ベテランです。

絶対音感を武器にカラオケでも実力を発揮しています。

100点を連発しています。

これまでに100点を獲った回数は500回以上と言います。

100点が出なければ、機会が故障していると言い切ります。

勝負曲:郷ひろみ「言えないよ」

点数:100.000(99.103+ボーナス0.897)

採点機の分析レポート:完ペキの一言。プロレベルにあります。(※)

【9人目のカラオケ挑戦者】やなぎみつえさん

日本屈指のカラオケ100点ボイストレーナーです。

過去に4万回以上100点を出したと言います。

誰も100点が獲れなかった場合のために、テレビ局が用意して置いた秘密兵器だったのでしょう。

まさかその前のほいけんたさんが100点を出すとは。

勝負曲:Superfly「フレア」

点数:100.000(99.071+ボーナス0.929)

採点機の分析レポート:完ペキの一言。プロレベルにあります。(※)


※完全には見えなかったので、見える部分から想像して書きました!

そのため、この通りではないことがあります。


結局、100万円を獲得したのは2人でした。

みんな歌がうまかったですが、やはりテレビで歌うのは緊張します。

慣れれば、100点を獲れると思います。

難しい曲を選曲している人が多かったように感じます。

ボーナスをたくさん取れそうなバラード系の曲がよいのではと思いました。

歌の素人の私が言っても何の説得力もありませんが・・・

同番組がまた放送されるのであれば、いろいろなタレントに挑戦して欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!