トップナイフの1話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【トップナイフ】1話のあらすじ

トップナイフの1話のあらすじは次のとおりです。


東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山瑤子(天海祐希)は、脳外部長の今出川孝雄(三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。

“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが私生活では女癖の悪さで有名な黒岩健吾(椎名桔平)、外科とカテーテルの二刀流で三度の飯よりオペが好きな西郡琢磨(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業した自信家だが現場での実力が伴っていないことに自覚のない専門研修医の 小机幸子(広瀬アリス)。
この日、赴任早々、急患の対応を任されフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。深山は現場で使い物にならない幸子に早速苛立ちを覚える。さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうと噂されており……。

そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれる。これまでの経過を診てきた深山が代わりにオペを請け負うものの、みどりの反応はなぜか冴えない。さらに深山は簡単に自分の患者のオペを譲る黒岩と、患者との向き合い方をめぐって衝突!黒岩にライバル心を燃やす西郡がサポートに入り、宅間浩のオペが行われることになる。だがオペ直前、“ある秘密”を抱えたみどりが再び手術の中止を申し出る……。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【トップナイフ】1話のネタバレ

脳腫瘍の手術が行われる日が来ました。

その日、みどりは長男に電話します。

黒岩先生の手術は断ったの。そしたら深山先生がやるって。やらなきゃ死ぬからやるって。

長男は「それでいいの。本当にいいの。」と返します。

「とにかく終わったらミク(妹)と一緒に来て」と言って電話を切ります。


みどりは、直前になって夫の手術の中止を申し出てきました。

その時、すでに手術は始まっていました。

西郡が、腫瘍を摘出するまでの前段部分の手術を行っていました。


深山は、手術を中止したい理由についてみどりに尋ねます。

すると、みどりは「手術が成功してあの人が元に戻るのが怖いんです」と意味不明な発言をします。

実は、みどりの夫は脳腫瘍ができたことで性格が一変していたのです。

それまでは酒に女と遊び放題でしたが、脳腫瘍ができてからは温厚で優しい性格に変わっていました。


みどりの夫は、暴力を振るうようになっていきます。

ベトナム旅行に女と行っていたことに腹を立てた長男が、父親に殴りかかりました。

その際、頭を切って病院へ行き、脳腫瘍が発覚しました。


みどりは、手術によって夫がまた前の性格に戻るのを恐れています。

それで手術の中止を申し出たのです。

しかし、深山からはこのままだと死ぬと告げられます。


深山は次のように続けます。

元に戻るかどうかはわかりません。ただ、こうも考えられるのではないでしょうか?粗暴になった宅間さんの性格こそ脳腫瘍のせいじゃないかと。

この腫瘍の大きさは、8年ぐらい前にできて、徐々に大きくなっていたとしてもおかしくない。その腫瘍のせいで粗暴な性格になったとも考えられます。

本来の宅間さんは今のように温厚で優しいお人柄だったんじゃないですか?

最終的には、何とかみどりを説得しました。


深山は手術室に入り、西郡が行っていた手術を引き継ぎます。

難易度が高いだけに、長時間の手術を覚悟しなければなりませんでした。

深山と西郡のコンビは、手際よくどんどん手術を進めていきます。

そして、悪い部分を切除して取り出します。

無事に手術は終了しました。


深山は、みどりに手術の結果を報告します。

豚肉に寄生しているサナダムシが中枢神経に入り込んだのだと伝えます。

脳嚢虫症(のうのうちゅうしょう)と呼ばれる病気です。

ベトナム旅行が原因のようです。

中枢神経に入り込むのは極めて珍しい症例で、画像でもわからなかったのです。

結局、病気は脳腫瘍ではありませんでした。

みどりの夫の性格は腫瘍のせいではなかったということです。


そして、みどりの夫と家族が初めて対面します。

夫の性格はどうなったのでしょうか?

病室の前でしばらく待たされます。

その時、みどりが子供2人に夫の性格は腫瘍のせいではなかったという事実を伝えようとします。

しかし、長男がそれを止めます。

実は、長男は先日のみどりと深山のやり取りを聞いており、そのことを知っていました。

長男は、妹にはそのことを伝えない方がよいと判断したのです。


ついに、家族は病室の中へ。

夫に声をかけると、目を覚ました夫はみどりの方へ手を伸ばします。

過去に夫の暴力に苦しめられていたみどりは、また殴られるのではと夫の手を取ることを躊躇します。

勇気を振り絞って、夫の手を取ります。

そして、夫からは「やっと帰って来た。」という言葉が。

長男は「おかえり、父さん。」と返します。


病院の近くにあるBAR「カサブランカ」に幸子が来ていました。

オーナーの来島に今日が初日であったことを伝えます。

幸子は、「意外といけた。自信がついたというか。」と嘘を言います。

実は、まったく何もできず、深山からは役立たずの烙印を押されてしまいました。

「マジ~」と言って幸子の手にキスをします。

幸子は気持ち悪がります。

キスをするのは来島のクセのようです。


そこには、深山・黒岩・西郡・今出川の4人も顔を揃えていました。

黒岩は深山に「(宅間さんは)脳嚢虫症だったんだって。」と言います。

知っていてオペを譲ったんじゃないでしょうね。

ただの脳腫瘍だとは思っていなかったという黒岩に、深山は「患者を患者とも思っていないあんたのような医者はいちゃいけない。」ときつい言葉を浴びせます。

【トップナイフ】1話の感想

今回の患者は、脳嚢虫症という病気でした。

でも、脳腫瘍が原因で性格が変わることがあると聞いて驚きました。

まったく知りませんでした。


日頃暴力を振るっていた夫が温厚になったのですから、手術を止めて欲しいと言いたくなる気持ちはわかります。

また暴力を振るう夫に戻ったら嫌ですからね。


手術後に夫が言った「やっと帰って来た。」という言葉には2つの意味があるのではないかと勝手に思いました。

1つは、手術を受けて病気との闘いに勝って帰ってきたという意味です。

もう1つは、過去のどうしようもない夫・父親から良い夫・父親に戻ったという意味です。

おそらく長男に殴られて目が覚めたのではないでしょうか?


黒岩は、腕はいいが自己中心的でわがままな医者の典型という感じがします。

真逆な深山とは、これからも衝突を繰り返しそうです。


ネット上にはさまざまなコメントが上がっています。



エンディングでは、天海さんら主要メンバーが踊っています。

【トップナイフ】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることが判明しました。

さすが天海さんの主演ドラマです。

高視聴率を獲ってきますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!