ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロパンダ)」の1話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

【シロクロパンダ】1話のネタバレ

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつては天才囲碁少女と呼ばれるほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。上坂を吊るした犯人は“ミスパンダ”の可能性が高かった。ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。
直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演する。彼は、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。

番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。衝撃的な愛菜の死に、ネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まる。
一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受けた直輝からレンのもとに、“これからパンケーキ食べに行かない?”とのメールが届く。レンは、パンケーキ店で直輝と会う。直輝がパンケーキにシロップをかける。流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく……。

その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。
ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れる。騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、ミスパンダは愛菜の死の真相を暴いていく――!
(公式HPより引用)


愛菜が飛び降り自殺した件についてシロクロつけるように、Mr.ノーコンプライアンスから指示されます。

直輝は、「すでに警察が自殺と発表している。」と返します。

国の法律が下した決定がすべて正しいと思ったら大間違いです。隠された真実を探るために私はMr.ノーコンプライアンスを名乗って活動しています。この案件はあなたがシロクロをつけてください。

このように言われた直輝はシロクロをつけることに。

現時点では、Mr.ノーコンプライアンスは謎の人物で、直輝との関係もわかっていません。


フリーの報道番組の敏腕ディレクターである神代一樹は、今話題になっている愛菜の事件を情報番組で取り上げたがっています。

しかし、上司は首を縦に振りません。

それは、同番組のスポンサーである花咲形成外科クリニックが行った医療ミスが原因で愛菜が自殺した可能性があるためです。

明確な証拠もないのにスポンサーのクリニックを疑うようなことはできないのです。


上司の承諾が得られませんでしたが、神代は独自に調べることに。

神代が同クリニックを疑うのには、それなりの根拠があります。

愛菜が務めていた会社の女性社員が、愛菜が整形に失敗したと話していたのを聞いたというのです。

そのことを確認しようとクリニックへ行くことにします。

同調したあずさも一緒に行きます。


クリニックに行くと、ちょうど花咲医院長が出てきました。

そこで、医療ミスの有無について尋ねます。

手術を担当した医院長は、ものすごい剣幕で怒り出します。

そして、医療ミスを完全否定します。


レンは、直輝にパンケーキを食べに行かないかと誘われます。

直輝のことが好きなレンは、急いでパンケーキ店へ向かいます。

そこで、直輝にある催眠術をかけられます。

レンは別の人格であるミスパンダに。

直輝は、先日大学の講義で聞いた催眠術を実践したのです。

催眠術をかけられる方がかける方のことを完璧に信頼している状態なら、催眠状態を利用して別の人格を組み込むことができるというものです。

このようにしてミスパンダは誕生しました。

パンダは直輝のことを“飼育員さん”と呼んでいます。

なお、レンがパンダに変身するのは催眠術をかけられた時のみで、普段はレンのままです。


愛菜の葬儀が行われている会場に、パンダが登場します。

パンダは、参列者に愛菜の死の真相についてシロクロをつけると宣言します。


そして、モニターには事前に用意した動画が流されます。

愛菜が務めていた会社にパンダが潜入捜査しています。

愛菜が自殺したとみられる現場が映し出されます。

パンダは、普通に考えるとあのような薄汚い場所では死にたくはないはずだと言います。

つまり、愛菜は自殺したのではないとほのめかしているのです。


その後、愛菜がネットにアップしていた動画がモニターに。

実は、この動画には続きがありました。

愛菜は顔に巻いていた包帯をとります。

そこには、きれいになった愛菜が整形をしてくれた花咲医院長へ感謝の言葉を述べます。

ここから、愛菜が医療ミスで自殺したというのはただの噂であったことが判明します。

動画はこれで終わりました。


葬儀に参列していた愛菜が務めていた会社の社長・エモトは、社に戻った後なぜかトロフィーを気にしている様子でした。

そこへ直輝がやって来ます。

直輝は、動画にトロフィーが映るたびにエモトだけが表情をこわばらせていたと伝えます。

実は、このトロフィーはエモトが以前に捨てていました。

エモトの反応を見るために、直輝がレプリカのトロフィーを用意しておいたのです。

エモトが直輝に襲いかかりますが、直輝はパンチ一発でエモトを気絶させます。

「まだまだここからが本番だよ」という言葉を発します。


エモトが気がつくと、病院の手術室の手術台の上で縛られていました。

そこへパンダが手術をする医者の格好をして登場します。

この様子が一斉に配信されます。


パンダからは「これよりシロクロ摘出手術を始めます。」という言葉が。

葬儀の時に映し出された愛菜の動画が再び流されます。

驚くことに、この動画にはさらに続きがありました。


そこで、愛菜からどうしても許せないと名指しされたのがエモトでした。

エモトは、愛菜にひどいパワハラやセクハラを行っていたのです。


動画の中で「おまえには生きている価値がないと毎日言われているようでした。私は彼に一度殺されたようなものです。」と愛菜は言っています。

これに対して、エモトはセクハラは誤解で、そのようなつもりはまったくなかったと弁明します。

そして、愛菜のことを愛していたとエモトは続けます。


パンダは、そのような歪んだ愛情表現が伝わるわけがないと一喝します。

エモトは、パンダにどこでこの動画を手に入れたかを尋ねます。


愛菜を殺したのは、やはりエモトでした。

整形後、愛菜はエモトにされてきたことをネットで告白すると言い出します。

エモトは必死に説得しますが、愛菜の気持ちは変わりませんでした。

そして、カッとなったエモトは近くに置いてあったトロフィーで何度も愛菜を殴りつけたのです。

殴られた反動で愛菜は窓から転落してしまいました。

これがこの事件の真相です。


愛菜の同僚の女性社員・ヤマザキもこの場にいました。

本当のことを言いたかったのですが、エモトに脅されていてできませんでした。

しかし、ヤマザキは愛菜のために、裏で直輝に協力することにしました。

今回の動画はヤマザキから直輝へと渡っていたのです。


パンダは、クロが確定したエモトに手術をすると言い出します。

エモトは必死に止めるように頼みます。

ここから出してくれ」と大声で叫びます。

この言葉を聞いたパンダの様子がおかしくなります。

ここで配信は終了します。


実は、パンダはエモトを本気で刺そうとしていたのです。

間一髪のところで、直輝が止めに入ります。

このような行動を取ったのは、パンダの過去と関係がありそうです。

正常に戻ったパンダは直輝と帰っていきました。


Mr.ノーコンプライアンスから、直輝にはお褒めの言葉が。

このMr.ノーコンプライアンスの正体が明らかになりました。

何と現職の法務大臣・佐島源造だったのです。


直輝の過去も明かされます。

子供の頃、父親から誕生日プレゼントでパンダのぬいぐるみをもらっています。

その時、父親からは「いつでもこのパンダがおまえのことを守ってくれるからな。」と言われていました。


大きくなってから、山中である白骨遺体が発見されます。

その遺体は、行方不明となっていた父親である元警視庁捜査一課巡査長の森島哲也だったのです。

直輝の父親は殺されて山中に埋められていました。


以前父親にもらったパンダのぬいぐるみから、USBメモリーが見つかります。

中には、動画が入っていました。

その動画を見ると、コアラの覆面をした男性が制服を着た少女に銃を向けています。

この子の命が惜しければ1億円を用意しろ

一体、この動画は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】1話の感想

法では裁けない悪を裁く痛快なドラマですね。

見事にパンダがパワハラ・セクハラ社長に引導を渡してくれました。


Mr.ノーコンプライアンスが現職の法務大臣とは驚きです。

法で裁けない場合は、大臣が裏でシロクロをつけてクロなら裁くということです。


元NGTの山口真帆さんも出演していました。

久しぶりに見ましたが、頑張っていますね。

滑舌が悪いという声がSNSで上がっているようです。


初回ということでまだまだ謎が多いです。

気になったことを箇条書きにするとこのようになります。

  • どうして直輝はレンをミスパンダにしたか
  • レンには姉か妹がいるのか(写真の黒塗りも気になる)
  • レンの母親はどうして施設に入っているのか
  • 直輝の父親に何があったのか
  • 動画のコアラの覆面の男と少女は誰なのか?

まだまだ他にもいろいろあります。

今後、明かされていくと思うのでそれまでのお楽しみですね。


ネット上にはさまざまなコメントが上がっています。

面白くないなどの声もありますが、全体的には評価は高めです。

【シロクロパンダ】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

横浜流星さん主演で話題となっていましたが、思ったほどは伸びませんでした。

それでも、10%に近い数字なので、それほど悲観しなくてもよいように感じます。

次回以降に期待です。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう