「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロパンダ)」の2話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【シロクロパンダ】2話のネタバレ

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。
事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。
レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。
そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け…。
(公式HPより引用)


ミスパンダ誕生までの経緯

初めてレンと直輝が出会ってから、ミスパンダ誕生までの経緯がわかりました。

病院で2人はたまたますれ違いました。

その時、直輝はレンの心声が聞こえました。

“私を檻から出して聞こえた”


その後、レンと直輝は歩いていてぶつかります。

その時レンが持っていた書類のより、直輝はレンの名前などを知ります。

興味を持った直輝はレンについて調べます。


レンは、2010年に起こった連続放火事件に巻き込まれていたことがわかります。

その事件の犯人は不明です。

母が入院にしています。


直輝は、衝動的にレンを試してみることにしたというのです。

それがミスパンダだったのです。

直輝は、パンダに「これから一緒に世の中のグレーゾーンにシロクロつけるんだ。」と言っていました。

パンダだったのは、パンダが直輝の子供の頃からのヒーローだったためです。


最近、レンは少女が炎に包まれている場面を繰り返し見るようになります。

その少女はレンの姉で、すでに亡くなっているようです。

連続放火事件と関係がありあそうです。

東京誠立大学の不正入試問題にシロクロをつける

今回は、東京誠立大学の不正入試問題にシロクロをつけます。

Mr.ノーコンプライアンスから直輝に指示がありました。

そこで、直輝はパンケーキ店にレンを呼びましました。

パンケーキにシロップをかけていきます。

これによってレンに催眠術をかけて、ミスパンダに変身させるのです。


不正入試問題に関する第三者委員会が開かれることに。

元文部科学省事務次官のヤナギモトイクロウも出席していました。

そこへミスパンダがやって来ます。

そして、1つだけ言わせて欲しいと言って、「東京誠立大学の不正入試問題の黒幕はこの中にいる。」と言って出ていきました。


事件後、不正入学したと考えられた俊一は、周りからから冷たい目で見られていました。

真実を伝えてもらうために、俊一は神代の取材を受けることにしました。

俊一は不正入試について知らなかったと言います。

しかし、神代は俊一が開き直って逆ギレしているかのような加工を施して放送しました。

視聴者がその方が喜ぶためです。


さらに、状況が悪くなった俊一は岸本を殺すために病室に行きました。

そして、俊一は岸本を殺害したのです。

このことを喜んだのが、池渕とヤナギモトでした。

この2人には何か裏がありそうです。


第三者委員会の中間報告をするため、記者会見が開かれました。

そこで、不正入試が行われていたことが明らかになったと報告されました。

不正行為は、岸本が直接行っていたという説明がありました。


その時です。

場内が真っ暗になって、パンダチャンネルが映し出されました。

コンパの様子が流れます。

その中には、ヤナギモトの娘であるミキの姿もありました。


元文部科学省事務次官なら、今はたいしたことはないのではと周りから言われます。

すると、ミキは自分の父親に頼めばどのような大学にも入れると言い出しました。

さらに、ミキは「パパは偉い人の息子とか娘とかを好きな大学に入れてあげてるんだってさ。」とまさかの発言をします。

この後、ヤナギモトは逃げるように会場を去ってきました。


状況が悪くなった池渕はヤナギモトに文句を言い出して、2人はモメ始めます。

そこにパンダが登場します。

池渕は学長になりたくて、ヤナギモトは不正入試でお金を儲けたかったというのです。

そこで、岸本を追い出すために、俊一を不正入学したことにしたのです。


パンダは自分にはできないが、岸本ならできると言い出します。

池渕とはヤナギモトは岸本は死んだと言いますが、実は岸本は死んではいませんでした。

確かに俊一は岸本を殺そうとしましたが、パンダが説得して思いとどまりました。

そして、パンダに協力して、岸本が死んだことにしたのです。


実は、ヤナギモトは不正入試を受け入れるように何度も言ってきていたのですが、岸本は断り続けていました。

それで今回の計画を立てたというのです。

パンダは、岸本と俊一はもう大丈夫だというのです。

それは、ここでの会話がすべて記者会見が行われていた会場に流れているためであると言いました。

2人の罪が公の場に晒されたのです。

もう2人は終わりまです。

これで、今回の不正入試にシロクロつけることができました。


神代が直輝の存在に気づいたようです。

今後、直輝について探っていきそうです。


レンの主治医である門田は、レンについて何かを知っているようです。

門田は、囲碁喫茶のマスターからレンのことをいろいろ聞いていました。

USBメモリーに入っていた動画の内容は?

パンダのぬいぐるみに隠されていたUSBメモリーには3つの動画が入っていました。

1つは、コアラの覆面をした男が少女に銃を向けて「この子の命が惜しければ1億円を用意しろ」と脅迫している場面の動画です。

もう1つは、法務大臣の佐島が「娘を返してください。」とテレビで訴えている場面の動画です。

最後の動画はまだ内容がわかっていません。

コアラ男に銃を向けられていた少女は?

ドラマの中にこのような場面がありました。

直輝は、あずさと佐島の3人で食事をすることになります。

あずさと佐島は親子です。

頼りないという佐島に、直輝は「何があってもあずささんは僕が守ります。」と断言します。

そして、「心配なのはコアラ男のせいですか?」と尋ねます。

実は、コアラ男に銃を向けられていた少女はあずさだったのです。

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】2話の感想

レンは、連続放火事件に巻き込まれて、姉を失い、母親は入院を余儀なくされたようです。

かわいそうですね。

門田が薬を処方しているので、昔のことを思い出すような症状は出ないと言っていました。

都合の悪いことを思い出さないようにでもしているのでしょうか?

何かありそうですね。


佐島は、裏でシロクロつけている直輝が自分の娘と付き合っていることに、何も思わないのでしょうか?

普通なら反対しそうなものですが・・・

直輝・佐島・あずさの3人にも何か隠された秘密があるそうな予感がします。


まだまだ謎が多いです。

来週も楽しみです。


SNS上では、次のようなコメントがアップされています。

【シロクロパンダ】2話の視聴率

今回の平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

初回から大きく下げましたね。

好き嫌いがはっきり分かれるドラマだけに、今後どうなるでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!