ドラマ「10の秘密」の1話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【10の秘密】1話のネタバレ

白河圭太(向井理)は14歳の娘・瞳(山田杏奈)と2人で暮らす建築確認検査員。9年前、弁護士で上昇志向の強い元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が家を出て行って以来、シングルファザーとして奮闘しながら娘と良好な関係を築いてきた。

そんなある日、圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」と誘拐をほのめかす電話がかかってくる。半信半疑のまま、瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認するが、元妻は勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、上司だった男はクライアントである宇都宮竜二(渡部篤郎)への説明対応に追われていた。一方で、瞳がここ最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことが明らかに。何でも知っていると思っていた娘の秘密を知り、激しく動揺する圭太。しかし瞳は、ほかにも驚くべき秘密も抱えていて……!?

そんな圭太の異変に気付いたのは、幼なじみで保育士の石川菜七子(仲里依紗)だった。圭太は菜七子にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察へ。すると、その様子を男が物陰から見ていて、圭太はさらなる窮地を迎える。

やがて、瞳を救い出すカギが由貴子だと確信した圭太は、元妻が暮らす高級マンションへ急ぐ。そこで由貴子のクライアントで恋人だという竜二と再会し、部屋へ案内してもらうが、生活感のかけらもないその部屋で、圭太は由貴子の信じられない秘密を知ることになる―!
(公式HPより引用)


警察から戻った圭太は、瞳の部屋へ行き、何か手がかりがないか探します。

タブレットを見てみることにしますが、ロックがかかっています。

圭太は自分の誕生日や瞳の誕生日を打ち込んでみますが開きません。

菜七子に言われて、由貴子の誕生日を打ち込むとロックが解除されました。

瞳は、日頃由貴子のことを悪く言っています。

それだけに、圭太は驚いていました。


瞳のSNSを見てみると、「誰にも、本音いえない。」「父親には特に。信用できない。」「母親に相談したいけど、無理。、むこうはセレブだから。」という書き込みがありました。

瞳とは何でも言い合える仲だと思っていた圭太を大きなショックを受けます。

さらに、瞳がライブハウスと思われる場所で、ある男とツーショット写真を撮っていたことがわかりました。

このような写真をアップし出したのは、部活を休み始めた時ぐらいからでした。


その時、瞳のスマホから電話がかかってきました。

電話の相手は犯人でした。

警察に行っていたことが犯人にバレていました。

もし再び警察に行くようなことがあれば、瞳の命はないと脅されます。

そして、改めて由貴子を探すように指示をされます。

この後、再度電話があって3日以内探すように命じられます。


本格的に由貴子を探すことにした圭太は、まず由貴子が住むタワーマンションへ行ってみることに。

竜二と共に由貴子の部屋へ入ります。

部屋には、由貴子も瞳もいませんでした。


そして、圭太は由貴子の信じられない秘密を知ることに。

由貴子の自宅へは、たくさんの督促状が届いていました。

クレジットカードや銀行のローンなどの支払いが滞っていたのです。

かなりの額を稼いでいるはずの由貴子が、どうして支払えなかったのでしょうか?


竜二によると、投資でかなり大きな損失を出したと言います。

由貴子が誰かに脅されていたかもしれないという話もしてくれました。

いい加減にして。10年も前の秘密、もう忘れて。」と由貴子が言っていたそうです。

この時、圭太は家が炎に包まれて燃えているシーンを思い浮かべていました。


圭太は、由貴子の実家があった場所に行ってみることにします。

もう誰も住んでいませんでした。

昔行ったことのある店の主人に、由貴子のことを尋ねてみます。

主人は、先月この辺りで由貴子を見かけていました。

由貴子は、高利でお金を貸すようなヤバい男と一緒にいたと言います。


圭太は、その男の元に行ってみることにします。

その男に由貴子のことを聞いてみます。

由貴子は、高利貸しに1000万円借りに来たそうです。

しかし、由貴子には50万円しか貸さなかったそうです。

それは担保が何もなかったためです。

由貴子は、タワーマンションの所有権を取られていて、乗り回していた車はレンタルだったと言います。

何もかも借りものの偽セレブ生活を送っていたというのです。


その夜、圭太の自宅に菜七子と瞳の友人の泉崎真衣がやって来ました。

真衣は次のことを圭太に伝えます。

  • 瞳のSNSにアップされていた男は翼という名前であること。
  • 瞳は翼になら何でも相談できると言っていたこと。
  • 圭太が瞳に何か重要なことを隠していると言っていたこと。
  • 瞳はその隠し事について聞くために由貴子に連絡していたこと。

真衣が帰った後、菜七子は圭太に隠し事について尋ねてみました。

圭太は明らかに思い当たることがあるようでしたが、秘密については否定しました。


この時、圭太はまたしても炎に包まれる家のシーンを思い出していました。

そして、以前由貴子と話していた場面に切り替わります。

圭太と由貴子が瞳のために、あることを秘密にして隠し通すという話をしていました。

圭太が言うには、秘密を持ちたくないが、これだけはどうして隠さないといけないらしいです。

瞳はもちろん、他の誰にも知られてはいけないというのです。

2人は、墓場までこの秘密を持って行くことに決めました。

このことがあったので、菜七子に秘密について話すわけにはいかなかったのです。


帝東建設で経営戦略室の室長を務める竜二は、長沼社長に呼ばれます。

社長室に行くと、社長に由貴子の元夫と会ったことを報告します。

社長からは、由貴子を早く見つけるように命じられます。

竜二は、恋人として由貴子を探していただけでなく、社長の命令でも探していたのです。


社長は、帝東建設の社員が飛び降り自殺をした新聞の記事を見ていました。

実は、建設中のビルの屋上で、由貴子がその社員が飛び降りるのを止めさせようとしているシーンからこのドラマは始まっています。

止めさせることはできずに、その社員は飛び降りてしまいました。

社長が、由貴子を探していることと関係がありそうです。


いよいよ犯人と約束した3日目となりました。

圭太は、過去に由貴子と写真を撮っていた人物に会って話を聞くことにします。

誰も由貴子の行方を知りません。


そんな時、由貴子から電話がかかってきました。

圭太は、瞳が誘拐されていて、由貴子を見つけないと瞳が殺されることを伝えました。

すると、由貴子は犯人の心当たりがあるので、自分が助けに行くと言い出しました。

圭太は、急に由貴子のことが心配になります。

もし由貴子が犯人に会いに行けば、ただでは済まないかもしれないと思ったためです。

由貴子は放っておいて欲しいと言いますが、圭太は放ってはおけないようです。

圭太は瞳は助けるが、そのために由貴子を犠牲にしたくないと言います。


そして、「今何が起きてるのか。お前の秘密を全部俺に。俺が何とかするから。」と言って、視線を上げます。

そこに由貴子が立っていました。

2人が見つめ合った状態で、ドラマは終わりました。

スポンサーリンク

【10の秘密】1話の感想

ドラマのタイトルが「10の秘密」というだけあって、登場人物にはたくさんの秘密が隠されています。

何でも話し合えると思っていた娘にあのような秘密があったとは、圭太はショックでしょうね。

実は、まったく信用されていなかったのですかね。


今回のドラマで気になったのは2つです。

1つは、由貴子が止めようとした社員の自殺に関してです。

どうして自殺しなければならなかったのでしょうか?

社長が由貴子を探すのはこの自殺を関係があるのでしょうか?


もう1つは、圭太と由貴子が瞳のために隠さなければならいと言っていた秘密とは何なのでしょうか?

燃える家とどのような関係があるのでしょうか?


わかないことばかりです。

このドラマはいろいろと展開が変わっていくので、見入ってしまい、あっという間に終わってしまいました。

今後、どうなっていくのか非常に楽しみです。


ネット上には、いろいろな声が上がっています。

【10の秘密】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

よかっただけに、今後上がっていくかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!