ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の1話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

【恋はつづくよどこまでも】1話のネタバレ

修学旅行で東京観光をしていた高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)は、初老の女性が目の前で意識を失い倒れるところに遭遇する。
慌てふためく七瀬だったが、偶然通りかかった医師・天堂浬(佐藤健)が介抱したことで女性は意識を取り戻す。
スピーディに対処する天堂の姿に一目ぼれした七瀬は、彼に会いたい一心で看護師を目指すことを決意。

それから5年後――。 晴れて看護師になった七瀬は、憧れの天堂が務める日浦総合病院に勤めることに。
再会早々、天堂に愛の告白をするが、5年前のことを微塵も覚えていない天堂にこっぴどく振られたあげく、厳しい言葉で罵られてしまう。
落ち込む七瀬は、同じく新人看護師の仁志琉星(渡邊圭祐)、酒井結華(吉川愛)、菅野海砂(堀田真由)と共に、各科を研修で回ることに。
七瀬は天堂が所属する循環器内科で研修をすることになるが、天堂に早く看護師として認められたい気持ちが空回りし、ミスを連発、叱責されてしまう。
天堂から看護師は向いていないと言われ気落ちしていた七瀬は、何度も入退院を繰り返す小児科の患者・杏里(住田萌乃)に出会う。
杏里の優しい言葉に看護師としてのやる気を取り戻した七瀬は、急な不整脈で入院してきた神田の看護を担当することに……。
(公式HPより引用)


こっぴどく振られた七瀬ですが、循環器内科での研修時に他の看護師から天堂は優しい王子様のような先生だと嘘を教えられます。

どの科も看護師が不足していて、新人看護師の取り合いとなっています。

循環器内科に1人でも多くの新人看護師が来てくれるように、七瀬に嘘を言ったのです。

実際のところ、天堂は魔王と呼ばれる完璧主義者で、病院内では非常に恐れられています。


七瀬は、天堂に告白したことを謝罪しました。

その際、苦笑いしてしまった七瀬に天堂は気持ち悪いと言います。

やはり、天堂は魔王でした。


七瀬は、ようやく天堂が優しい王子様ではなかったことに気づきます。

先輩看護師の根岸茉莉子からは、天堂は患者には優しいと聞きます。


七瀬は、不整脈で入院してきた神田を担当することになりました。

神田の消毒をしますが、ミスをしてしまいます。

このミスを天堂が見ていました。


茉莉子には、看護師として認めてもらえるように努力するしかないと言われます。

天堂の真の姿を見るには天堂の信頼を得るしかないと茉莉子にはっぱをかけられます。

七瀬にヤル気がみなぎってきます。


天堂の前で心電図検査を行うことに。

ここでもまたミスをしてしまいます。

検査の器具を左右逆に取り付けてしまったのです。

この後、七瀬は天堂に呼ばれて「バ~カ。」と言われます。


スタッフステーションで作業をしていると、来生晃一がやって来ます。

来生は、七瀬に天堂のことで協力すると言い出します。

せっかくだから天堂を落とせというのです。

いきなり看護師としては落とせないかもしれないが、来生が協力すれば女性としては落とせるかもしれないと言います。


申し出を1度は断りますが、話を聞くだけ聞いてみることに。

来生の作戦はこうです。

来生が七瀬に気があるふりをして、天堂の闘争本能に火をつけるというものです。

七瀬は、その作戦の内容を聞いて満面の笑みを浮かべます。


突然、神田からのナースコールが入りました。

神田のもとへ七瀬と天堂が急いで行きます。

神田は胸を押さえて苦しんでいました。

ここでもミスをします。


スタッフステーションへ戻ると、すぐに七瀬は天堂に謝罪します。

しかし、天堂からは「やめろ。おまえ、向いていない」というショッキングな言葉が。

続けて、天堂は「命を預かる・助ける、それ以外はどうでもいい。ここは患者さんが第一だ。実害出す前に消えろ。」と叱責します。

天堂は、七瀬が自分を追いかけて病院へやって来たという不純な動機に腹が立っているようです。


ショックのあまり泣いていた七瀬の元へ杏里がやって来ます。

そして、杏里に薬品などが置かれた倉庫へ案内されます。

いつもここで新人看護師が泣いていると言います。

今回は七瀬が第1号でした。

涙が拭けるように、そこにはトイレットペーパーが置いてありました。


七瀬は、「やっと看護師になったのに。こんなにできないなんて。」と言います。

杏里からは「みんな泣いて成長するんだよ。頑張って。」と励まされます。

七瀬は杏里と仲良くなります。


杏里が小児科にある自分の病室へ七瀬を連れて行きます。

そこで、小児科の医師である結城沙世子から杏里のことを聞きます。

杏里は、6歳でやって来てから、何度も入退院を繰り返していると言います。

今回は3ヵ月の長期入院で、もうすぐ退院できることになっています。


新人看護師の琉星は血が苦手です。

それを克服しようと、映画館へ。

映画に血のシーンが出てくると、持っていたポップコーンをぶちまけて驚きます。

映画館から出てくると、座っている女性の髪にポップコーンがついていました。

それを取ってあげようとしたところ、その女性に不審がられます。

理由を説明して、自分が看護師であることを伝えると、その女性から励まされます。


自宅へ帰った七瀬は、自分がこのままではダメと思い始めます。

天堂からの「ここは患者さんが第一だ。実害出す前に消えろ。」という言葉が耳から離れません。

七瀬は気合いを入れ直している様子でした。


医局で沙世子と来生が天堂のことを話しています。

天堂は非常に優秀であるが、以前とは別人になってしまったと言います。

来生からは「よく立ち直ったと思います。応援できればと思います。」という意味深な発言が。

一体、天堂に何があったのでしょうか?


そして、今度は小児科の研修を受けることになります。

杏里の状態が悪化し、心臓移植が必要であることが判明しました。

そのため、杏里の退院はなくなってしまいました。


七瀬が倉庫へタオルを取りに行くと、トイレットペーパーが使いっぱなしの状態になっていました。

病気が悪化した杏里がショックのあまり使ったのではと七瀬は考えました。

持っていたトイレットペーパーを通りがかった天堂に渡して、杏里の元へ行きます。


病室へ行くと、杏里の姿が見当たりませんでした。

急いでみんなで病院の中を探すことに。


七瀬は、杏里が非常階段にいるところを発見します。

杏里は柵を乗り越えて飛び降りようとします。

そして、次のように言います。

「迷惑をかけてばっかり。退院できない。学校にも行けない。お金だってかかるし、私のせいで。」

七瀬は「杏里ちゃんのせいじゃない。何にも悪くないからそんな風に思わないで。ごめんね。助けてもらったのに本当の気持ちに気づけないで。何でも聞くから話して。だから一緒に戻ろう。」と杏里と説得し、手を差し出します。


杏里がその手を取った瞬間、杏里が足を滑らせ、転落しそうになります。

七瀬は、転落しないように必死に杏里を手を掴みます。

しかし、握力がなくなって、杏里が落ちそうになっていきます。

七瀬は、もうダメだと思い、「誰か助けてください。」と大声で叫びました。

その時です。

七瀬の後ろから杏里の腕を掴む手が出てきました。

その手は天堂のものでした。

今回も5年前と同じく、七瀬のピンチを救ってくれたのは天堂でした。

何とか杏里の救出に成功しました。


そして、天堂から意外な言葉が。

おまえに1つだけいいところがあるとすれば、とっさに動けることだ。あの日もそうだったな。5年前の夕方、神社の近くでやけにデカい声で叫んでいる子がいた。

あの頃と何も変わっていないな。

これを聞いた七瀬は「あの日見えたんです、道が。先生へと続く道。誰かを助けたい。それが今の私の夢です。この道を走り続けます。」と、自分の素直な気持ちを天堂に伝えます。


ここでも、天堂のドSっぷりが発揮されます。

おまえすごい顔してるぞ。言うのは勝手だがな。今は邪魔でしかない岩石同然のド新人だ。

いいか佐倉。少し患者の異変に気づけたからと言って図に乗るなよ。


七瀬は、天堂が自分のことを佐倉と言ってくれたことに感激します。

何もかも覚えてくれていたことを喜びます。


帰り道で七瀬が天堂の元に駆け寄ります。

七瀬は循環器内科に希望を出すことを伝え、「素の性格はさておき、医者として先生は好きなので」と照れながら言います。

これに対して、天堂は「おまえが言うな」と返します。


驚いたことに、七瀬と天堂は同じマンションの隣同士でした。

自宅に着いた時、天堂の部屋から女性が出てきて天堂に抱きつきます。

そして、2人は部屋へ入っていきました。

これを見た七瀬は驚きのあまり固まってしまいました。

スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】1話の感想

天堂のドSっぷりがすごいですね。

確かに不純な動機で病院へやって来た七瀬が、あのように入れても仕方がない部分はありますが。


天堂は病院で七瀬と初めて会った時点で、5年前の子とわかっていたのでしょうか?

わかっていて、知らないふりをしていたのかもしれません。

何もかも忘れてしまったと思っていた天堂がすべてを覚えていたのですから、七瀬はうれしかったでしょうね。


5年前に会った時は、素であんなに優しかったのに、天堂に一体何があったのでしょうか?

魔王と恐れられるぐらい厳しい医者に変わってしまったのですから、相当のことがあったのでしょう。


天堂と部屋から出てきた女性との関係が気になります。

七瀬の恋のライバルになるかもしれませんね。


ネット上にはさまざまな声が上がっています。

【恋はつづくよどこまでも】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

もう少しで2ケタでしたね。

放送後のドラマの評判はかなり良いようです。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう