ドラマ「半沢直樹」の1話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

半沢直樹の1話のあらすじ

半沢直樹の1話のあらすじは次のとおりです。

東京中央銀行大阪西支店・融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、バブル経済末期に銀行に入行したいわゆる「バブル入行組」。それから20年ほど経過した現在、行内では業務の中心的役割を担う世代になっていた。東京本店融資部に勤務する渡真利忍(及川光博)は、半沢と同期入行組であり、入行以来の親しい仲。頻繁に助言をし、半沢をフォローし続ける。一方家庭では、妻の花(上戸彩)が、文句を言いながらも明るく実直な性格で夫を支える。
そんな半沢に、ある日突然支店長の浅野(石丸幹二)から強引な指示が下り、西大阪スチールから5億円の融資契約を取り付けることになった。しかも、新規の融資先にも関わらず条件は「無担保」。
この融資によって営業目標を達成した大阪西支店は、名誉ある最優良店舗賞を初受賞すことになった。しかし、一見優良企業に見えた西大阪スチールは陰で莫大な負債を抱えており、それを隠すために行っていた粉飾決算が発覚。融資からたった3か月後、西大阪スチールはあっけなく倒産した。この結果、東京中央銀行は融資額5億円全額を騙し取られることになってしまった。

出世に執念を燃やす浅野支店長は、その全責任を半沢一人に負わせようと画策。東京中央銀行で異例のスピード出世を果たし、常務にまで上り詰めた大和田(香川照之)にまで根回しをする。東京中央銀行は、バブル期の膨大な不良債権に苦しんだ都市銀行が合併して出来上がった「メガバンク」。行内には、合併後も「旧・産業中央銀行」出身者、「旧・東京第一銀行出身者」の派閥に分かれ、熾烈な権力争いを繰り返していた。大和田常務は「旧・産業中央銀行」出身、浅野支店長も同行出身である。そんな中にあって「旧・東京第一銀行出身者」の中野渡頭取(北大路欣也)は、行内融和を唱え、派閥対立を鎮めるために苦心していた。
 融資失敗の責任に関して、東京本店に呼ばれ聞き取り調査に出席した半沢は、全責任を自らに負わせようとする上司たちに真っ向から反発し、取られた5億円を取り戻すと宣言する。
 何故ならそれが、半沢がバンカーとして生き残るための、唯一の道だったからだ─。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

半沢直樹の1話のネタバレ

大阪西支店長の浅野匡からの指示で、融資に関する話をするため、融資課長の半沢直樹は部下である中西英治と西大阪スチールへ行きました。

西大阪スチール社長の東田満は5~6億円の融資を考えていると言います。

中西は、融資の契約を取り付けたそうですが、半沢は冷静に検討させて欲しいと言います。

東田は、半沢の検討させて欲しいという言葉が気に入りません。

融資の話を持ってきたのは半沢らなので、検討するのはおかしいというのです。

結局、その場で融資契約を取り付けることはしませんでした。


銀行に帰ると、どうして契約を取ってこなかったのかと浅野は半沢に問います。

半沢は、西大阪スチールはとても優良企業には思えなかったと答えます。

そして、今まで話しさえ聞いてくれなかった東田が、突然資金需要の話を持ちかけてきたのには何か理由があるのではと半沢は疑っています。

もう少し調べたいという半沢に、浅野は必要ないと言います。

それどころか、浅野は直接東田と話をして、融資を進めることを約束していたのです。

融資額は5億円、借入期間は5年、固定レート、無担保で対応するように指示します。

担当の中西に、明日の朝までに稟議書を提出するように言います。

半沢は反対しますが、浅野は最優良店舗賞を受賞するのに必死で聞く耳を持ちません。


中西は、翌朝までかかって何とか稟議書を作成しました。

半沢がチェックしようと机の上に置いておいたところ、稟議書がなくなっていました。

慌てて浅野のところへ行くと、稟議書はもうすでに融資部に送られた後でした。

融資部に掛け合うという半沢に、浅野は緊急を要するのでそのようなことをする必要はないと言います。

内容については、浅野が検証して問題ないと判断したというのです。

半沢は食い下がりますが、浅野が全責任を持つと言い切ります。

最終的には、半沢は引き下がることに。


半沢は、西大阪スチールの融資の件で同行の本店へ行きます。

川原調査役に、今回の融資を西大阪スチールのメインバンクの座を奪うための足がかりにしたいと説明します。

リスクを負う価値は十分にあると熱弁し、融資を認めてもらえるように頼みます。


後日、西大阪スチールへの融資は満額の5億円で本部の認可が下りました。

この融資が認められたことで、西大阪支店は念願の最優良店舗賞を受賞することができました。


同期トップで課長となった近藤直弼は新設された秋葉原東口支店の顧客獲得を任されます。

優秀な男だと鳴り物入りで招かれた近藤でしたが、結果を残せずにいました。

事あるごとに上司から責められます。

それに耐えきれずに、近藤はストレス性の統合失調症となり、半年間の休職を余儀なくされます。


半沢の不安は的中します。

西大阪スチールがわずか2ヵ月で赤字を出します。

予想では1億円の黒字でした。

中西は西大阪スチールの波野経理課長に連絡しますが、まったくつかまりません。


半沢は、西大阪スチールが粉飾決算を行っていたのではと推測します。

急いで西大阪スチールに向かいます。

東田に会わせて欲しいと言いますが、外出中でした。


その時、半沢は社員が外からかかってきた電話を東田に取り次いでいるを見ます。

東田は社内にいたのです。

半沢は社長室に行くと、東田は中にいました。


半沢は、場合によっては融資した5億円を回収させてもらうと強く出ます。

東田は、銀行が借りてくれと言うから仕方なく借りたと言います。

粉飾なら話は別だと半沢は返します。

これに対して、東田は仮に粉飾が本当なら、それを見抜けなかった銀行が間抜けだというのです。


結局、1ヵ月後に西大阪スチールは多額の不渡りを出して倒産してしまいました。

融資した5億円の回収は難しい状況となりました。

東田は行方不明となります。


浅野は、粉飾を見抜けなかったのがすべてだと言います。

副支店長は、半沢にどうして粉飾を見抜けなかったのかと責めます。

半沢は時間がなかったと言いますが、受け入れてもらえません。

それどころか、半沢のせいで5億円の損失を出したとまで言われてしまいます。


副支店長は、許しを請うため浅野に土下座をしろと命令します。

それを拒否した半沢は、一刻も早く事態の真相を突き止めて5億を回収することが先決だと言います。

浅野は、半沢に何としても5億円を回収するように言います。


副支店長夫人から直樹がマズいことになっていると聞いた花は、直樹に大丈夫かと問います。

西大阪スチールへの融資のことを花に話します。

花は、どうして直樹が責任を取らなくてはいけないのかと尋ねます。

直樹は、上司の命令に従うのがサラリーマンだと言います。


同期の渡真利忍は、半沢が心配で会いに来てくれました。

5億円の回収のメドは立っていないという半沢に、渡真利は気になる話をします。

浅野は、西大阪スチールへの融資はすべて半沢1人のせいだと主張していると言います。

普通なら見破ることができた粉飾を半沢が見抜けなかったことが原因だというのです。

大和田常務にもこのように言って根回しをしているそうです。

渡真利は、何とか東田を見つけて5億円を回収しろとはっぱをかけます。


半沢は1週間以内に本部に呼ばれて、事情を聞かれるだろうと渡真利は予想します。

それは事実上の査問委員会だと言います。

しかも、担当は全員浅野の息がかかった連中で、浅野の身代わりにするつもりだというのです。

それまでにこの件を解決するしかありません。


その時、浅野は大和田のもとにいました。

西大阪スチールへの融資は、すべて半沢が独断でやったことだと嘘の説明をしていました。

大和田は、あとのことはすべて浅野に任せます。


半沢は、浅野のところを訪れます。

そして、半沢は浅野に、今回の融資失敗の責任は半沢1人のせいだと大和田常務や本部の者に言っているのではと尋ねました。

すると、浅野は今回の件では誰かが泥を被らないといけないと言います。

浅野は、自分が責任を負うと大阪西支店全体が傷を負うことになると、訳のわからない弁明をします。

そのため、半沢に責任を1人で被って欲しいと頼みます。

出向になっても2年したら戻すという浅野に、半沢は「あなたの言葉は信用できません」と言います。

浅野は、粉飾を見抜けなかったのは融資課長の半沢のせいだと逆ギレして、その場を立ち去ろうとします。

半沢は、次のように言います。

「わかりました。5億を取り戻せばいいんですね」

もし取り戻すことができれば、その時は今回の件土下座をしてわびてもらいます


翌日、半沢は東田の捜索を開始します。

西大阪スチールの影響で連鎖倒産した竹下金属を訪れました。

その時、男性が首をつろうとしていました。

それは竹下金属社長の竹下清彦でした。

慌てて、半沢はそれを止めます。

その弾みで、半沢は頭を打って気を失ってしまいます。


半沢の父親はネジ工場を経営していました。

しかし、取引先の倒産のあおりを受けて自分の工場も資金繰りが悪化してしまいます。

土地を担保に入れれば融資を継続してくれるという言葉を信用して、父親は土地を担保に入れます。

しかし、突然融資が打ち切られ、担保の土地も取り上げられてしまいます。

その時融資を打ち切ったのが産業中央銀行だったのです。

その後、父親は首をつって自殺してしまいました。

何年か経ち、半沢は父親を殺したと言ってもよい産業中央銀行に就職することを決意します。


目が覚めた半沢は、社長の竹下に東田の行方について尋ねます。

東田は知らないと言います。

半沢は竹下に、西大阪スチールの被害者同士力を合わせて東田を探さないかと提案します。

竹下は、困った時に融資してくれなかった銀行を恨んでいます。


半沢は東田を見つけて、自分や竹下が味わった以上の傷みを味わわせてやると言います。

やられたらやり返す。倍返しだ。それが私の流儀なんでね


大阪西支店に国税の査察が入ります。

国税局査察部統括官の黒崎駿一が陣頭指揮をとります。

黒崎は元金融庁の監査官というやり手です。

しかも、黒崎は銀行を目の敵にしています。


半沢はこのタイミングで国税がやって来たことを疑問に感じます。

決算が終わってすぐに来るのは異例だからです。

西大阪スチールのことを調べに来たのではと考えます。


半沢は、それを調べるために、コピー機にある仕掛けをしておきます。

国税はコピー機のメモリーを消去して帰りましたが、その仕掛けには気づいていませんでした。

調べてみると、やはり国税は西大阪スチールについて調査するために査察に入ったのです。


国税が西大阪スチールについて調べるということは、まだ西大阪スチールには取れるだけの資産があるかもしれないということを意味していました。

半沢が5億円を回収できる可能性はまだ残っていそうです。


半沢は、近藤からある情報を入手し、鳥谷造船に行くことに。

そこで、西大阪スチールで経理課長を務めていた波野を見つけます。

粉飾決算については知らなかったという波野に、半沢は裏帳簿を出すように言います。

波野はそのようなものはないと否定しますが、半沢は自分を守るために本物の帳簿を持っているはずだと言い切ります。

波野は観念して帳簿を渡します。

半沢は、脱税も行っていたはずなので、お金をどこかに隠しているはずだと言います。

波野はお金のことについては本当に知らないようですが、東田は未樹(藤沢未樹)という女性のところにいるというのです。


その時、渡真利から電話がありました。

近藤が出向することになったいうのです。

半沢は、駅へ近藤を見送りに行きました。


そして、半沢は未樹のマンションを張り込むことに。

ついに未樹を見つけます。

東田について聞きますが、未樹は知らないととぼけます。

そこへ東田が現れます。

半沢は融資した5億を返すように言います。

会社が潰れたので返せないという東田に、半沢は最初からだまし取るつもりだったのではないかと尋ねます。

東田は否定した後、ゴルフのクラブで半沢に襲いかかります。

東田に気を取られている間に、半沢は未樹にバッグで殴られます。

その隙に、2人はタクシーで逃げてしまいました。


中西から明日本店会議室で聞き取り調査が行われるという連絡が入ります。

ついに本部からの呼び出しがきたのです。


本部へ行く日が来ました。

先に中西の聞き取りが行われました。

その後、半沢の聞き取りです。

聞き取りの内容は、やはり西大阪スチールの融資の件です。

5億円の損失は、粉飾決算を見抜けなかったことが原因であるとし、どうして見抜けなかったのかについてその理由を問われます。

半沢は「十分に審査する時間がありませんでした」と答えます。

しかし、人事部次長の小木曽忠生は「十分に審査できなかったにもかかわらず、川原調査役に認可をするように強く迫ったそうですね。あなたの無責任な審査のせいで5億の損失が出ているんですよ。そのことをどうお考えですか?」と尋ねます。

謝罪ぐらいあってもよいのではという小木曽に、半沢は「私に責任の一端があることは謝罪いたします」と謝罪しました。


続けて、半沢はこのように言いました。

私1人にすべての責任を押しつけられることは納得致しかねます。あの稟議に関してはすべて上の指示に従ったまでのこと。私が審査する前に稟議書は取り上げられ本部へと送られました。その時、浅野支店長は確かにこうおっしゃいました。『自分が全責任を取る』と

自分の責任を支店長になすりつけるのかと言う小木曽に、「私は事実を申し上げてるだけです。あれは支店長マターの案件でした。あなたがたもそのことはご存じなんじゃありませんか?」と返します。

小木曽はまったく反省の色がないと叱責します。

しかし、半沢はひるむことなく、「こんなくだらない茶番はさっさと終わらせてもらえませんか?」と言い返します。

ヒートアップした小木曽は半沢の責任を追及しようとします。

ここからは、言ったら言い返すの舌戦が繰り広げられます。

半沢「本部の審査部も同罪ですよ。あなた方にも同じ資料を提出したはずだ。融資部は3日もかけて認可したにもかかわらず、粉飾を見抜けなかったじゃありませんか?」

本部「それはお前がゴリ押ししたからだ」

半沢「ゴリ押しされれば、融資部は稟議を認可するんですか?だったら、これからは毎回ゴリ押しさせてもらいますよ」

本部「当行は現場主義だ。現場の判断がもっとも尊重される。つまり、それは最終責任が現場にあることを意味する」

半沢「だったら、あんた達は何のためにいる?責任が取れない本部審査に何の意味がある?そんな融資部なら必要ない。やめてしまえ!」

「さっきから都合のいいことばかり書いてんじゃねえぞ!記録!今から言うことを書き留めておけ!私は必ず5億を回収する。二度と邪魔しないでいただきたい」

このように言って半沢は会議室を出ました。


その時、竹下から電話がありました。

竹下は半沢に協力してくれると言います。

竹下は銀行は信用しないが、半沢は信用してくれるというのです。

半沢は、竹下と東田を探すために大阪へ帰って行きました。

半沢直樹の1話の視聴率

半沢直樹の1話の視聴率は次のとおりです。

「やられたら倍返し! 悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!!5億を取り戻せるか? 社宅での妻たちの戦い 出世か? 友情か?」

19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!