知らなくていいコトの3話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】3話のあらすじ

知らなくていいコトの3話のあらすじは次のとおりです。


殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】3話のネタバレ

10年前の動画で、タツミーヌは次のように言っていました。

「あなた達みたいな老人が国を亡ぼすのです。老害こそが問題なんです。本当に必要なものは介護施設じゃなくて姥捨山なんじゃないですか」


黒川班は、消息を絶ったタツミーヌの捜索を始めました。

自宅・実家・行きつけの美容室・ジムと行きそうな場所を調べますが、タツミーヌの足取りはまったく掴めませんでした。

ケイトは、タツミーヌが昔アルバイトをしていたというラーメン屋を取材することにします。


ケイトと入れ替わって、尾高が年末の挨拶にやって来ました。

春樹は、尾高に聞きたいことがありました。

人には聞かれたくないので屋上で話すことにします。


春樹は、尾高がなぜケイトと別れたのかを教えて欲しいと言います。

尾高は「嫌だ」と答えました。

春樹は、ケイトと別れたことを尾高に伝えました。

ケイトとは本気で結婚したいと思っていたがどうしてもできない理由ができたというのです。

春樹は、自分が別れた理由と尾高・ケイトが別れた理由が同じではないかと考えていました。

尾高は「何を言いたいのかわからない」と返します。


ついに春樹は本題に入りました。

ケイトの父親が誰か知っているのではと尾高に尋ねます。

「知らない」という尾高に、春樹は出所した乃十阿徹の写真を撮ったのは尾高だと言います。

どのようにして乃十阿徹がケイトの父親かもしれないと知ったのかを教えて欲しいというのです。

もしケイトと一緒になっていたら簡単に子供を作れたかはわからないのではと尾高に聞きます。

尾高も同じ考えなのではと思うとどうしても聞きたくなったと春樹は言います。


春樹は、尾高も結婚は無理だったということですよねと同意を求めました。

このような話は誰にも話せないので尾高に話せてよかったというのです。

尾高は「お前最低だな」と言って、その場を去って行きました。


ケイトはラーメン屋に来ていました。

タツミーヌについてに聞いてみると、本当によく働いてくれたと高評価でした。

老人介護施設ができることになって、タツミーヌがダンスのために借りていた稽古場が取り壊されることになったと言います。

そのため、タツミーヌはショックを受けていたというのです。


老人介護施設で、この建物ができる前のことを知っている人を探します。

しかし、誰も知りませんでした。

前の施設長なら知っているかもしれないということで紹介してもらうことに。


前の施設長は、その時の経緯を覚えていました。

老人介護施設が作られる前に説明会が開かれました。

タツミーヌの動画は、その説明会の時のものでした。


前の施設長はその場にいました。

このように切り取られて誤解されて可哀想だというのです。


社に戻って、そのことを黒川に報告します。

その時、タツミーヌがホテルに閉じこもっているという情報が入りました。

これでは、話を聞くことができません。


ケイトは方法を思いつきました。

そして、タツミーヌへの手紙を書き始めます。

どのようにしてタツミーヌに渡すのかと聞かれたケイトは、春樹を呼びます。

春樹が担当している人の中にタツミーヌと親しい人がいました。

その人経由で手紙を渡して欲しいと頼みました。

春樹は引き受けてくれました。


ケイトの書いた手紙はタツミーヌのもとに。

心を動かされたタツミーヌは、ケイトの取材を受けてくれることになりました。


ケイトは動画でのあの発言の前に何があったのか尋ねました。

タツミーヌは10年前の説明会で、次のようなことがあったと説明しました。

老人介護施設ができるのはよいが、稽古場がなくなると困るので、一部をスタジオとして残してもらえないかと提案しました。

それは難しいと言われたので、その代わりにダンスを見てもらったり、ストレッチ指導をしたりもすると説明しました。

その説明会に参加していた老人から、「どうして遊び場を提供しなければならないのか」と言われてしまいました。

そのうち、「ダンスは不良が行うものだ」「ダンスは生きるのに必要はない」などという声が出始めるようになりました。

そして、タツミーヌは我慢ができなくなって、動画の発言に至ったのでした。


このような経緯があったとは言え、タツミーヌはひどいことを言ってしまったと今は反省しています。

自分の未熟さと将来の不安、稽古場がなくなることに動揺して言ってしまったのです。

あの時いた人々にお詫びしたい」「踊ることで信用を取り戻せるように頑張りたい」と言います。


ケイトが今回のタツミーヌの件に関する記事を書きました。

記事はなかなか好評だったようです。


ケイトは、ネットで乃十阿の居場所を検索していました。

SNSで乃十阿に関する有力な情報を見つけました。

位置情報から、乃十阿の居場所を特定しました。


ケイトはいてもたってもいられず、その場所へ行ってみることに。

そこで、SNSに上がっていた画像の自転車屋を見つけました。

すると、乃十阿がそこから出てきました。

乃十阿もケイトの存在に気づいて、そちらをずっと見続けています。

【知らなくていいコト】3話の感想

今回も春樹の言動にはがっかりさせられましたね。

尾高がケイトと別れた理由をずいぶん気にしていました。

自分がケイトと別れた理由と尾高が別れた理由が同じであることを確認したかったのでしょう。

つまり、殺人犯の子供という理由で別れたのは自分だけではなかったということを認識したかったのだと思います。

そうすることで罪悪感を少しでも軽くしたかったのかもしれません。

わざわざそのようなことを確認しなくてもよいと思いますが。

ケイトのことはどうでもよく、自分が楽になることばかり考えているように感じます。

最低と言われても仕方がないですね。


ケイトが乃十阿を訪れる場面がありました。

尾高は現在の乃十阿が写った画像を持っていたので、尾高は以前から乃十阿の居場所を知っていた可能性が高いですよね。


ケイトは乃十阿と話すつもりなのでしょうか?

今後が気になります。


SNS上には、さまざまなコメントであふれてます。


ドラマでは気まずい雰囲気ですが、楽しそうですね。

【知らなくていいコト】3話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

前回から大幅にアップしました。

初の2ケタ超です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!