ドラマ「ケイジとケンジ」の1話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【ケイジとケンジ】1話のネタバレ

 体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。県警本部長から表彰される。しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。

 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…!

 一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。

 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!?
(公式HPより引用)


豪太とみなみは兄妹です。

豪太はみなみのマンションに転がり込んできて、一緒に住んでいます。

実はみなみは男性と2年同棲していたのですが、結婚することはなく別れてしまいました。


豪太は、本格的に連続空き巣犯の捜査を開始します。

豪太がバディの目黒と張り込んでいると犯人らしき人物を見つけます。

急いで犯人を追いかけます。

豪太は犯人を取り押さえるのに成功します。

しかし、犯人は元教え子の滑川でした。


滑川は検察に送致されることに。

みなみに連続空き巣犯が送検されたことを話すと、みなみの口から滑川秀幸の名前が。

豪太はどうしてして知っているのかを尋ねます。

みなみは自分が補佐している真島検事が担当だからだと言います。


検察での取り調べが始まります。

滑川の余罪見込みは26件もありました。

他にも余罪があるのではと聞かれ、何も盗らずに逃げたことがあると滑川は言います。

修平が詳しく話を聞くと、滑川は逃げる際に老人を突き飛ばしてしまったというのです。

そこで横浜桜木署に問い合わせます。


横浜桜木署で調べたところ、その老人は亡くなっていました。

豪太は、その関係資料を修平のところへ持って行きました。

修平からどうして司法解剖をしなかったのかと問われます。

豪太は、その老人にはもともと不整脈があって、奥さんが解剖を止めて欲しいと申し出たためと答えます。

警察は事件性があるとは考えなかったのかと修平は言います。


豪太は、この時初めて滑川が老人を突き飛ばして逃げたと自供したことを聞きます。

滑川が突き飛ばしたことで亡くなったのなら強盗致死の罪になります。

殺意があれば強盗殺人の罪になります。

これに該当すれば、死刑か無期懲役に該当すると言います。


豪太は驚きを隠せません。

滑川は罪を認めているのかと尋ねます。

認めていないのなら、滑川と関係なく亡くなった可能性もあるというのです。

修平は、警察に直ちに補充捜査するように命じました。


豪太は、修平の偉そうな物の言い方に腹が立って仕方がありません。

みなみからは、検察の方が上だから検事の指示に従うように言われます。


補充捜査が行われることに。

豪太は犯行現場に来ていました。

鑑識が調べますが、何も出てきません。


そこへ修平とみなみがやって来ました。

豪太は少し横柄な態度で、物証は何も出てきていないことを伝えます。

「1年前であろうが、2年前であろうが、犯罪の証拠を探し出すのが警察の仕事だ。とにかく物証を見つけてください。」と言って修平は帰っていきました。


老人の家で見つかった毛髪のDNAから、滑川がその家に侵入したことが明らかになりました。

まだ滑川が老人を突き飛ばしたことで亡くなったのかどうかはわかっていません。


豪太は滑川が搬送される時に、どうして老人を突き飛ばしたのかと聞きました。

その後の調べで、滑川は突き飛ばしたと言ったことを覚えていないと言い出し、黙秘を続けます。

修平は、豪太が余計なことを言ったために、滑川は老人が死んだことを察したのだと言います。


修平は、豪太に警察よりも検察の方が上で責任が重いと話しました。

ついに豪太はぶち切れて、次のように言いました。

悪いやつ捕まえるのにな。上も下も立場が違うとかそんなもんあるかい。


豪太はたびたび「なあ、みなみ。」とみなみに同意を求めます。

今度は、修平が「どうしてみなみさんを呼び捨てにするんだ。」と怒り出します。

豪太の「妹を呼び捨てにして何が悪いねん。」という言葉に修平は驚きます。


豪太が帰った後、修平はみなみに謝罪します。

みなみの兄とは知らず、いろいろ失礼なことを言っていたためです。

みなみが怒っていないと伝えると、修平は安堵の表情を浮かべていました。


豪太は亡くなった老人の家へ行って、妻と話してきました。

ようやく豪太は最も優先すべきなのは滑川ではなく、亡くなった老人とその妻であることに気づきました。

それでも豪太は滑川のことが心配でなりません。

修平も罪名をどうすればよいのか悩んでいました。


豪太とみなみが小料理屋で食事をしていると、修平がやって来ました。

そこで、滑川の事件についての話となりました。

修平は滑川を起訴することにしたことを伝えました。

豪太から罪名を聞かれた修平は罪名を答えました。

窃盗罪及び住居侵入罪

修平は、住居に侵入したこと以外の物証がなく、突き飛ばしたことと死亡したことの因果関係や殺意なども証明できないと説明しました。


実は、修平は小料理屋に来る前、部長検事に次のように言われていました。

「法と証拠に基づいて判断すると当然こうなる。」

送致されてきた警察の調書を見た時に、こうなることの見通しを立てられないようではまだ半人前だ。


結局、滑川の求刑は懲役5年だと言います。

判決はおそらく3年で、執行猶予がつく可能性もあるようです。


この後、豪太と修平の言い合いは続きました。

みなみは、これからも2人の板挟み状態から逃れることはできそうにありません。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】1話の感想

桐谷さんの豪快なイメージと東出さんの知的なイメージが、見事にマッチしたドラマに仕上がっていました。

2人の掛け合いが絶妙でした。

非常にテンポがよかったです。


自分が好きな人の兄と言い合っていたなんて最悪ですよね。

修平はへこんだでしょう。

みなみが豪太の妹と知れば、もうペコペコして豪太には何も言えなくなるのかと思ったら、意外と豪太と言い合っていました。

みなみは大変そうですね。


これからも難事件をこのような感じで解決していくことになるのでしょう。

それはそれで楽しみですね。


SNS上の声をまとめてみました。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

なかなかの好スタートを切りました。

今期の民放連続ドラマの高視聴率ランキングでは、「トップナイフ」に続く2位となりますね。

この調子でいきたいですね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!