『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の冬ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

【アライブ】キャストなど作品情報

アライブのキャストなど作品情報は、次のとおりです。

フジテレビではこれまで、「木曜劇場」にて『Dr.コトー診療所』や『白い巨塔』、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』など数々大ヒット医療ドラマを輩出してきました。その「木曜劇場」にて2020年の幕開けに“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマを放送する事が決定。タイトルは『アライブ がん専門医のカルテ』。
主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。
(公式HPより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
松下奈緒 – 恩田心
木村佳乃 – 梶山薫
清原翔 – 結城涼
岡崎紗絵 – 夏樹奈海
小川紗良 – 佐倉莉子
中村俊介 – 恩田匠
三浦翔平 – 関河隆一
田辺誠一 – 須藤進
藤井隆 – 光野守男
木下ほうか – 阿久津晃
高畑淳子 – 高坂民代
北大路欣也 – 恩田京太郎



ドラマ「アライブ」の3話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アライブ】3話のあらすじ

アライブの3話のあらすじは次のとおりです。


 恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。

『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。

 休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。
 一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。その後も、偶然再会し、言葉を交わすが…。
(公式HPより引用)

【アライブ】3話のネタバレ

心と薫は、関東医科大学附属中央病院にやって来ていました。

心が病室で匠の手を握っていると、「痛い」という声が聞こえました。

匠は意識を取り戻しました。

心は匠と話します。

うれしさのあまり自然に涙があふれてきます。


京太郎と漣が病室に入ってきました。

先ほどまで心と話をしていた匠の様子がおかしいことに気づきました。

そして、また意識がなくなってしまいました。


須藤からは匠の状況の説明を受けます。

急に容態が悪化して心停止になったというのです。

匠はかなり厳しいようです。


心は、陽子の夫に抗がん剤治療から緩和ケアに切り替えることを説明しました。

それを聞いて夫は、陽子に「まだ頑張れるよな」と聞きます。

しかし、陽子は「もう無理よ」と返します。

諦めきれない夫に陽子は「さすがに十分頑張ったって褒めてくれてもいいんじゃない」と言います。

在宅医療という選択肢もあると言われましたが、陽子自身はホスピスで過ごしたいようです。


心は、別の日に陽子に再度在宅医療でなくてよいのかを尋ねました。

陽子は、2人の娘はすでに家庭を持っているので負担をかけられないと言います。

家族に甘えてもよいのではと心は言います。

これからの時間は陽子本人だけのものではなく、家族にとっても大切な時間となるためです。

陽子の気持ちは在宅医療に傾き始めます。


陽子の夫と娘2人がやって来ました。

娘2人は在宅医療に反対のようです。

夫が1人で世話をすると言いますが、娘はできるわけがないと返します。


心は、まず在宅医療をやってみないかと提案します。

難しいようなら、ホスピスを紹介すると説明します。

最終的には、陽子の家族も在宅医療を選びました。


陽子の家族から連絡がありました。

心は、奈海と共に陽子の自宅を訪れました。

自宅に帰った陽子の様子を見に行ったのです。


陽子は1人残される夫のために、家事の仕方などをノートにまとめていました。

病院にいる時はそれを夫に渡そうと思っていたのですが、気が変わってもう渡さないというのです。

夫は何もできないので、娘が協力しないといけなくなります。

そうすると、夫と娘の距離が縮まって、自分がいなくなった後家族が少しでも支え合うことができるのではと陽子は考えているのです。


心らが帰ろうとしていた時、陽子の娘がやって来て謝罪しました。

母は自分の死を受け入れていたんですね

心は「受け入れながらも、ずっとご家族のためにつらい治療を頑張ってらっしゃいました」と言います。

娘は次のように返します。

それなのに、私は諦めないということを言い訳にして、現実から目を背けていただけなのかもしれません

「でも今は家族のこの時間を大切にしようと思います。後悔のないように」

娘は心に本当に感謝していました。


心は、漣に匠が近いうちに天国へ行くことを伝えました。

よくなると信じていた漣は泣きながら怒ります。

心は漣を抱きしめながら謝ります。


親子3人の時間を過ごしていると、突然夫の容態が悪化します。

そして、そのまま帰らぬ人となってしまいました。

心は呆然と立ち尽くしていました。


須藤から薫に匠が亡くなったという連絡が入りました。

薫が病室に入ると、心は泣いていました。


心は匠が事故に遭った日にひどいことを言ってしまったことを後悔していました。

いつになったら(小説を)書くの?いつまで待たせるのよ。これ以上失望させないで

匠のことを傷つけるとわかっていたのに、傷つけることを言ってしまったのです。

薫は小さな声で謝るのが精一杯でした。

【アライブ】3話の感想

今回は、末期がんの患者の話でした。

非常に重い内容でした。

かわいそうで見ていられなかったです。


死を受け入れることは、患者だけではなく、家族にも必要だということがわかりました。

特に家族は頭ではわかっているつもりでも、なかなかうまく消化できません。

残された時間を家族全員でいかに過ごせるかが重要ですね。


ついに匠が死んでしまいました。

心は、最後にあのようなことを言ってしまった自分が許せないのでしょう。

最後とはわからなかったので仕方はないのですが。

本当にかわいそうです。


薫は、これでますます事実を明かしにくくなってしまいました。

匠が亡くなった今、もし本当のことを言えば、きっと心から相当恨まれるでしょうね。


SNS上では、さまざまな声が上がっています。

【アライブ】3話の視聴率

今回の平均視聴率は、8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

前回からアップし、初回と同じ数字に戻りました。

今後も7~8%台を行ったり来たりしそうな感じですね。

動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『アライブ がん専門医のカルテ』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!