ドラマ「半沢直樹」の2話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

半沢直樹の2話のネタバレとあらすじ

半沢(堺雅人)の勤める東京中央銀行は、西大阪スチールへの融資で5億円の不良債権を抱え込むことになり、半沢は自身の命運を賭けて融資金の回収に動く。そんな中、残された資料から同社の倒産が「計画倒産」であった疑いが浮上。
半沢は西大阪スチール倒産の影響で連鎖倒産を余儀なくされた竹下金属の社長、竹下清彦(赤井英和)に協力を仰ぎ、苦労の末、ついに東田社長(宇梶剛士)が海外に所有している時価5千万円の別荘の存在を突き止める。
しかしこの物件の存在には国税局もほぼ同時に気が付いており、資産差し押さえを巡って半沢と国税局査察部統括官の黒崎(片岡愛之助)との間で激しい攻防が繰り広げられる。
東田が隠す資産の行方は?そして姿を消した東田と未樹(壇蜜)に先に辿り着くのは半沢か、それとも国税局の黒崎か!?
(公式HPより引用)


半沢直樹は竹下清彦と共に、西大阪スチールの調査を進めていきます。

竹下は、半沢が入手した帳簿でお金の流れを調べることに。

すると、竹下が帳簿に載っていた自社の利益がおかしいと言い出します。

自社の売り上げは5億円ほどだったのに、帳簿には約7億円と記載されていました。

約2億円がどこかに消えています。


そこで、さらに調べてみるとにします。

東田満は、3年以上前から水増ししていたことがわかりました。

3年間水増しして着々とお金をため込んだ後、西大阪スチールを計画的に倒産させたのではと半沢はみています。

東田は、わざと潰すことで利益を得ようと考えたというです。

それを聞いた竹下は怒り狂います。


竹下はだまされた方が悪いのかと半沢に問います。

半沢はだました方が悪いに決まっていると言います。

竹下と半沢は、改めて東田を見つけてお金を回収することを誓います。


その時、国税でも東田についての調査が進められていました。

まだ東田の行方はわかっておらず、藤沢未樹の関連住所を当たっています。

国税は、昨年の7月3日に西大阪スチールのメインバンクの口座から5000万円の使途不明金が引き出されていることを把握しています。

何に使われたのか洗い出す作業を行っています。


東京中央銀行では、中西英治が半沢にある報告を行っていました。

1年ほど前に、東田満名義で東亜細亜リゾートに5000万円が振り込まれていたことが判明しました。

東田は、以前東京中央銀行に口座を持っていて、その口座から振り込んだのです。

今は、その口座は解約されています。


東亜細亜リゾートとは、海外の不動産投資物件を手がけている会社です。

つまり、これは東田が海外に5000万円の物件を購入したことを意味しています。

半沢らは、その物件を押さえたら5億回収の大きな前進となると考えています。


いろいろな仕事をさせて、浅野は半沢にこれ以上捜査できないようにします。

浅野は、本部のあちこちに連絡して、半沢にすべての責任があると大騒ぎした手前、半沢が5億回収してくると自分がマズい立場に追いやられてしまうのです。

そのため、半沢に5億を回収させないようにしています。


半沢は、東田がどれほどのお金をため込んでいるのかを把握するため、西大阪スチールの下請けで竹下金属のように支払いを水増しされていた会社がないかを探していました。

そして、竹下がある会社を見つけました。

それは、淡路鋼材という会社でした。

淡路鋼材は、3年で3億水増しされていました。

他の会社も調べましたが、該当するのは竹下金属と淡路鋼材だけでした。

竹下は、社長の板橋平吾にも一緒に東田からお金を回収しようと持ちかけます。


信用した半沢は、先ほどわかった5000万円の投資物件の話をしました。

板橋は知らないと言います。

半沢は、場所さえわかればすぐに差し押さえできると言います。


半沢は、東亜細亜リゾートにいました。

5000万円の投資物件を購入するフリをして情報を得ようとします。

西大阪スチールの東田の紹介だと伝えます。

それを聞いた東亜細亜リゾートの社員は、半沢が債権者であると判断してそれ以上何も話してくれなくなりました。

実は、この社員は東田と通じていました。

半沢が東亜細亜リゾートに来たことは東田の耳に入りました。


さらにやっかいなのは、何と板橋も東田と通じていたことです。

板橋が、半沢が投資物件を探していることを東田へ伝えたのです。

そして、東田は板橋に裏帳簿などの関連書類も処分して欲しいと頼みます。


国税は、東田が東京中央銀行を経由してどこかへお金を動かしたことを掴んでいました。

しかし、それ以上のことはわかりません。

そこで、東京中央銀行に再度査察に入ることとなりました。


国税が提出するように言った書類の中に、この間の東田が東亜細亜リゾートへ5000万円振り込んだ書類が含まれています。

原本は保管庫にあります。

黒崎は直接自分で取りに行くから、倉庫へ案内するように言いました。

この書類を国税に持って行かれるわけにはいかない半沢は、先回りして書類を手に入れることにします。

中西が案内することになりましたが遠回りして時間を稼ぎます。


半沢は倉庫に入って、目的の書類を探します。

しばらくすると、黒崎らが倉庫へ入ってきました。

黒崎らが探している間に、半沢は目的の書類を持って倉庫から出てきました。


結局書類が見つからず、黒崎は激怒します。

黒崎は口座記録を見せるように言いますが、朝から発生したシステムエラーでまだしばらく時間がかかると言われます。


黒崎は半沢がいないことに気づき、半沢のデスクを調べます。

そして、黒崎は副支店長に西大阪スチールの巨額の脱税を調べていることを教えます。

今日中に口座記録を提出するように命じます。


半沢は、竹下と板橋に「今日中に東田の物件を突き止めなければ、国税に全部持っていかれてしまいます」と言いました。

板橋は、半沢が持っている関連書類を調べさせて欲しいというのです。

ひとまず、板橋はタクシーで帰って行きました。


板橋から東田に国税が投資物件に気づいたという連絡が入りました。

東田は、水増しに協力すれば、板橋に5000万円の別荘を譲る約束をしていました。

板橋はそれを信じて、今も東田に協力しています。


半沢は、銀行から西大阪スチールに関する重要な書類を持ち出していました。

板橋に内容を確認してもらうためです。

8時までに国税に提出しなければならないものも含まれています。

板橋はじっくり確認すると言って向こうの方へ行きます。


すると、突然フルフェイスを被った男が入ってきて、書類を奪い取って逃げていきました。

実は、板橋とこの男はグルだったのです。

板橋が書類を奪い取られたように見せかけて書類を手に入れたのです。

そして、その書類を燃やしていきます。


その時です。

何を燃やしているのかと言って、半沢がやって来ました。

実は、半沢は板橋のことを疑っていました。

それには理由があります。

  • 板橋が投資物件を別荘と決めつけたこと
  • お金がないはずの板橋がタクシーで帰って行ったこと
  • 板橋の息子名義の口座に西大阪スチールから振り込みが行われていたこと

これらのことから、半沢は板橋が東田とつながっていることを見破っていました。


半沢は、板橋に東田が購入した別荘はどこにあるのか、東田は今どこにいるのかを聞きます。

知らないという板橋に、燃やした書類は偽物だと伝えます。

そして、半沢は反撃に出ます。

半沢は、板橋がこれまでにやってきた悪事を家族や元従業員に教えると言います。

元従業員は板橋に復讐するに違いないと脅します。

そして、トドメはすべての証拠をつけて警察に届けるというのです。

これには板橋は観念するしかありません。


板橋はすべて話すことに。

東田が購入した別荘はハワイのオアフ島にあると言います。

詳しい住所や管理会社の住所も教えます。

東田の居場所については知らないと言います。

半沢は、板橋にすぐに電話をして居場所を聞くように迫ります。

その頃、国税はようやく東田の口座記録を入手しました。


半沢は、渡真利に連絡して別荘の場所がわかったことを伝えました。

そして、国税よりも早く、その別荘を差し押さえて欲しいと頼みます。


国税も動きました。

東亜細亜リゾートにやって来て、東田の海外物件について調べます。

国税も、ようやくそれがハワイのオアフ島にあることを突き止めました。


その時、半沢に渡真利から差し押さえに成功したという連絡が入りました。

これにより、5000万円の回収できました。


黒崎には、先を越されたという連絡が入りました。

東田の居場所を半沢と黒崎が同じくらいのタイミングで知ります。

半沢は、急いで東田のところへ向かいます。


半沢と竹下・板橋の3人が、東田のいる家の中に入っていきます。

中に入ると、空き家でした。

実は、東田は別の場所にいました。

板橋は東田にすでに捨てられていたのでした。


その空き家には黒崎も来ていました。

半沢は東田から5億を回収するまでは一歩も引く気はないと、黒崎に宣言します。

その時、渡真利から差し押さえたはずの物件を国税に持っていかれたという連絡が入ります。

実は、黒崎が担当である法務部長をゆすったのです。

これに対して、半沢は次のように言います。

この借りは倍にして返します

やられたらやり返す。倍返しだ。それが私の流儀何でね

スポンサーリンク

半沢直樹の2話の視聴率

半沢直樹の2話の視聴率は次のとおりです。

「上司の濡れ衣を振り払え! 悪者に倍返し」

21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう