ドラマ「半沢直樹」の3話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

半沢直樹の3話のあらすじ

半沢直樹の3話のあらすじは次のとおりです。


西大阪スチールへの融資で焦げ付いた5億円もの金額を、全額回収すべく奔走する半沢(堺雅人)だが、東田(宇梶剛士)が海外に所有する5千万円の別荘は差し押さえ寸前で国税局の黒崎(片岡愛之助)に横取りされる結果となってしまった。
そんな半沢を次に待ち受けていたのは、裁量臨店(さいりょうりんてん)と呼ばれる本部からの内部検査。しかしその検査は、融資事故の全責任を半沢に押し付けようとする浅野支店長(石丸幹二)が意図的に仕組んだもので、
浅野の息のかかった人事部の小木曽(緋田康人)を中心としたメンバーで構成されていた。
一方、半沢と共に東田の居場所を探し続ける竹下(赤井英和)は、東田が隠れ家に使っていたマンションの所有者・小村武彦(逢坂じゅん)を探し当てるが、小村は東田について一切口を開こうとしない。

そんな中、半沢を支える妻の花(上戸彩)は、大阪へとやってきた浅野支店長の妻・利恵(中島ひろ子)を歓迎する食事会に参加したことをきっかけに、利恵と懇意になる。半沢は、妻の花にまで会社のことで気を使わせてしまっていることを詫びる。
裁量臨店は半沢たち融資課に不利な情報ばかりが噴出し、融資課一同は苦しい立場に追い込まれる。そして5億円の融資事故の情報をマスコミにリークすることと引き換えに東田の潜伏先を突き止めた半沢は、東田、未樹と一緒にいる男の姿に衝撃を受けるのだった。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

半沢直樹の3話のネタバレ

半沢直樹は、支店長・浅野匡や副支店長から西大阪スチール社長・東田満の海外不動産の差し押さえの件については聞いていないと責められていました。

半沢は、一刻を争っていたので報告ができなかったと弁明しますが、浅野らが納得するはずがありません。


そして、浅野は半沢に明後日の裁量臨店の話をします。

裁量臨店とは、本部から検査役が来て、融資に対する与信判断が正しく行われているかどうかを審査するものです。

2人は事前に伝えたと言いますが、半沢は聞いていませんでした。

通常、裁量臨店が行われる場合、1週間前後の準備期間があります。

しかし、今回はまったく時間がありません。

どう見ても2人の嫌がらせです。


半沢は、今回の裁量臨店は自分が標的だと考えています。

おそらく浅野の息のかかった連中がいるだろうと読んでいます。

半沢のミスを見つけて責め立てるため、わざと裁量臨店のことを今日まで話さなかったのだとみています。


半沢は、竹下金属社長の竹下に東田が隠れていたマンションの所有者を調べてもらっていました。

所有者は、小村武彦だとわかりました。

小村は、10年ほど前関西でよく知られていた小村建設の会長だと言います。

実は、東田の別れた妻が小村の遠縁に当たるのだというのです。


半沢は小村に直接会って、東田の居場所を聞くことにしました。

しかし、小村は入院していて、現在面会謝絶になっていました。

たまたま出てきた小村に、半沢は東田の手がかりになりそうなことを教えて欲しいとお願いします。

小村は銀行を恨んでいるようです。

それに、東田と会ったのは1年以上前ということです。

小村から有力な情報を得られそうにはありません。


半沢は裁量臨店の前日、見られてはマズい書類を自宅に持ち帰って隠すことにしました。

本部では、大和田に明日大阪西支店への裁量臨店が行われることが伝えられました。

内心ではどう思っているかはわかりませんが、大和田は半沢が5億回収することを期待していました。

半沢に5億を回収されると、目をかけてきた浅野が窮地に追いやられて、大和田の立場が悪くなるように思われますが、大和田はまったく気にしていません。

大和田は半沢がどのように裁量臨店を乗り越えるのか様子をうかがうことに。


ついに裁量臨店の初日を迎えました。

先日本部で聞き取り調査を行った小木曽忠生や灰田雅樹らがやって来ました。

小木曽の裏には浅野がいます。

半沢は、小木曽がどのようなことを仕掛けてくるのか気が抜けませんでした。

実は、渡真利忍も検査役としてメンバーの1人に選ばれています。


裁量臨店では、3日間という期間が限られているため、無作為に選ばれた数十社が検査の対象となります。

今回言い渡された会社は、業績が悪化して問題を抱えた取引先ばかりでした。

意図的にこのような取引先ばかりが選ばれたのではと思われました。


検討会では、半沢は見通しの甘さを指摘されました。

赤字企業ばかり選んで検査したのですから、それは当然の結果でした。

今後の改善策を検討するように言われます。


半沢は諦めず、何度も小村のところを訪れていました。

小村は不正献金をして会社を追い出されましたが、それをリークしたのは長く付き合ってきたメインバンクだったのです。

そのことがあってから、小村は銀行を信用できなくなりました。


急に小村が苦しみだしました。

半沢は、看護師に連絡します。

その時、枕元にはある写真がありました。


病院の帰りにある男が声を掛けてきました。

それは、フリータイターの来生卓治でした。

来生は、東京中央銀行が行った西大阪スチールへの融資のことをかぎ回っていました。

来生の質問には何も答えなかった半沢ですが、来生を使ってマスコミの力を利用することに。


裁量臨店の2日目を迎えました。

検討会では、灰田からの厳しい質疑応答が行われていました。

半沢らが提出したはずの書類が見当たりません。

あまりの漏れの多さに、課長である半沢の責任は免れようのない状況となっていました。

灰田から半沢は「このような低レベルの融資課は見たことがない。課長は何の弁明もできないのか。情けない」とまで言われてしまいます。


そこで、半沢は弁明することに。

今回はなぜか業績不振の業悪先ばかりが選出されているようだ。今回の裁量臨店には最初から悪意を感じずにはいられません

灰田は「そんなだから5億の損失を出して平気でいられるんだ」と言います。

これに対して、半沢は「今それとこれとは関係ないだろ!」と言い返しました。


その夜、部下から検討会でないと言われた書類は間違いなくあったはずだと、半沢は聞かされます。

半沢らはおかしいと感じ始めます。

その場にいた中西にも何かおかしいことはないかと聞くと、中西は何もないと言って、その場から逃げるように去って行きました。


裁量臨店の最終日です。

半沢は中西の様子がおかしいことに気づきました。

しかし、半沢は自分の身は自分で守ると言って、中西には何も聞きませんでした。


最終検討会が始まります。

半沢が担当する高石鉄鋼の話になりました。

灰田は、融資実行以来4年連続の赤字となっていると言います。

半沢は、ヒアリングの結果今期は黒字の見込みであると答えます。

ヒアリングの記事録はどこにあるのかと聞く灰田に、半沢はファイルの中にあると言います。

灰田は「ないと言っているだろ」と言って、半沢にファイルを投げつけます。

自分で探すように命じられます。

記事録は見つかりませんでした。


これからの半沢と灰田らのやり取りは次のとおりです。

半沢
「どうも初日から資料がいくつか紛失しているようなので、どのファイルに何の資料が備え付けられているのかを全部まとめたんですよ」

「高石鉄鋼の議事録が存在することはこのリストが証明してる。なのに、今ないということはあんた達こそ、どういう管理をしてるんですか?」

灰田
「我々がなくしたっていうのか?」

浅野
「半沢君。これ以上見苦しいまねをして支店の名に泥を塗るのはやめろ!」

副支店長
「いい加減に自分の非を認めろ。そんなデタラメなリスト当てになるか?」

半沢
「そういうと思いましたよ」

準備した資料をカメラで撮ってから印刷したものをホワイトボードに貼り付けていきます。

「念のために今日の朝刊と一緒に早朝に写しておきました」

「紛失した議事録もちゃんと写ってる。これらの資料が今朝までは確実に存在していた何よりの証拠です」

灰田
「だからって我々を疑うのはどうなんだ」

半沢
「私もあなた方を信じたい。ですから、今この場で全員の持ち物を改めさせてください」

灰田
「そんなことをして、もし何も出てこなかったら君はただじゃすまされないぞ」

半沢
「覚悟の上です」

副支店長
「君の横暴につきあうつもりはないよ」

渡真利
「まったくです。何という言いがかりだ。いい加減にしろよ。ここまで侮辱されて黙ってられるか。潔白を証明するためにも、カバンの中身を見せてやりましょう。やましいところがなければ、何の問題もない」


渡真利のこの発言で、全員の持ち物検査が始まりました。

次には灰田の番です。

灰田はカバンを抱きかかえて、中を見せようとはしません。

無理矢理カバンを取り上げようとした勢いで、カバンの中身が全部出てしまいました。

中からはいかがわしい雑誌が出てきましたが、書類はありませんでした。


最後は、小木曽のカバンの検査です。

渡真利は拒否する小木曽からカバンを取り上げて、半沢に渡します。

半沢が中を調べます。

高石鉄鋼のヒアリングの記事録が出てきました。

それだけではなく、紛失した他の書類も出てきました。


半沢を書類を投げつけ、「どういうことか、説明してもらうおうじゃありませんか?小木曽!」と言いました。

小木曽は、誰かが自分のカバンに入れたのだと弁明します。

そして、「証拠を見せろ」と小木曽は言い出します。


中西は「証拠ならあります」と言って立ち上がります。

中西は、裁量臨店の初日に小木曽が資料を抜き取るのを目撃したと言います。

目撃された小木曽は中西を脅しました。

5億の融資事故の責任を中西にも取ってもらうというのです。


小木曽は作り話であるとしらを切り、証拠を出せと騒ぎ立てます。

中西は、小木曽とのやり取りを携帯に録音していました。

さすがに小木曽は言い逃れできなくなりました。


半沢はここから一気に責め立てます。

「あんた、人事部のくせに人を見る目がなかったようだな。私の部下はあんたに手なずけられるほどヤワではなかったということだ」

「灰田検査役。あんたはどこまで知ってたんだ」

何も知らないという灰田。

「何も知らなかったら、それで許されると思うなよ」

そもそも、小木曽の言いなりで最初から結果ありきの裁量臨店を行ったあんた達融資部の責任はどう取るつもりだ

この3日間で私たちを罵ったすべての発言を謝罪してもらいましょうか

文書で改めて謝罪するという灰田に、半沢は「今ここでだ」とまくし立てます。

弁明のひとつもできないのか。情けない男だ


浅野は「この件は私が預かる」と言って幕引きを図ります。

しかし、半沢はそうはさせません。

このくだらない裁量臨店がなぜ行われたのか、その本当の責任は誰にあるのか、それをきっちり追求していくつもりですから」と、半沢は言い放ちます。

浅野は「好きにするがいい」と言って会議室を出ていきました。


小村の病室に、娘と孫が会いに来てくれました。

実は、半沢は来生に小村の娘と孫を探してもらっていたのです。

ただし、その代わりに東京中央銀行の5億円の融資事件についての情報を来生に教えました。

1週間後、その記事が載った雑誌が発行されました。


渡真利がやって来て、小木曽の出向が決まったことを教えてくれました。

今回の融資事故が雑誌に載ったせいで、半沢も処分の対象に上がっていると言います。


小村は、あれからしばらくして亡くなってしまいました。

小村の娘が、小村の半沢への手紙を預かっていました。

その手紙には、東田の居場所の住所が書いてありました。


竹下がその住所の場所へ行くと東田はいました。

しかも、妙なやつとつるんでいるというのです。

竹下の勘によると金融の人間だと言います。

竹下から送られてきた写真には、浅野が写っていました。

半沢直樹の3話の視聴率

半沢直樹の3話の視聴率は次のとおりです。

「クソ上司に倍返し! 部下のピンチを救えるか!? 裏切り者も出現」

22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!