ドラマ「半沢直樹」の4話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

半沢直樹の4話のネタバレとあらすじ

融資事故の情報をマスコミにリークすることと引き換えに、ついに東田(宇梶剛士)の潜伏先を突き止めた半沢(堺雅人)。しかし、その場所に張り込んだ竹下(赤井英和)が送ってきた写真に、東田と一緒に写っていたのは何と浅野支店長(石丸幹二)だった。
調べると、東田と浅野支店長にはお互いを結び付ける過去があることが判明。そこで半沢は、浅野が東田から何らかの見返りを得ていないか、その証拠を探し始めることに。
そんな中、花(上戸彩)は突然、アルバイトがしたいと言い出す。以前していたフラワーデザイナーの仕事ではないし、何のために働くのか真意を図りかねた半沢は花に尋ねるが、花は答えようとしない。

その後、部下と策を練って浅野の金の流れを掴むことに成功した半沢は、鍵を握る東田の愛人・未樹(壇蜜)に接触。東田の隠し資産について聞き出そうとするが、未樹はなかなか口を割らない。しかし未樹が、「ネイルサロン」を開くのを目標にしていることが分かった半沢は、花に言われた“ふとした一言”をきっかけに、未樹に銀行から正式な融資を受けるよう提案し、その手助けをすると話す。未樹は戸惑いながらも半沢の提案を受け入れようとする。未樹を東田から引き離して隠し口座の情報を聞き出そうとした半沢だが、またしても国税の黒崎(片岡愛之助)が半沢の前に立ちはだかる。
(公式HPより引用)


西大阪スチール・東田満と大阪西支店長・浅野匡は裏でつながっていました。

浅野は、東田から半沢直樹には気をつけないといけないと忠告されます。


半沢は、東田と浅野が中学校の同級生であったことを知ります。

実は、直樹の妻・花が浅野は子供の頃大阪にいたと直樹に話していたのです。

これが大きなヒントとなって、東田と浅野の関係を知ることができたのです。


これで、あの時浅野がどうして強引に5億の融資を通そうとしたのかという謎が解けます。

粉飾決算や計画倒産のアイデアも浅野の入れ知恵だったかもしれないと半沢は考えています。

浅野は5億がだまし取られることを知っていたというのです。

浅野には何らかの見返りがあったとみられます。


2人が会っている写真だけでは決定的な証拠とは言えません。

ただ同級生に会っていたと言われればそれまでです。


半沢は浅野がやったことに激怒します。

浅野は絶対に許せないので、必ず証拠を見つけて引きずり下ろすというのです。

今回は10倍返しすると言います。


半沢は新規の融資からはしばらく外されることに。

融資事故の張本人である半沢に仕事を任せるわけにはいかないというのです。

これが上層部の判断でした。


浅野にあるメールが届きました。

そこには、“5億の見返りにいくらもらったの?”と書かれていました。

浅野と東田が写った画像も添付されていました。

このメールは、半沢が浅野を揺さぶるために送っていました。

これを見て、浅野は冷や汗をかいてかなり動揺しています。


浅野はメールのことを東田に報告しました。

メールアドレスを知っているということは身近な人間ではないかと浅野は考えています。


半沢と竹下金属社長・竹下清彦が、東田の目の前に立ちます。

半沢はため込んだお金はいくらなのかを尋ねます。

すると、東田は自己破産申請したので、執拗な取り立ては違法であるというのです。


半沢は、東田が乗っていた車のティッシュボックスに描かれたマークが気になっていました。

どこかの金融機関が配った粗品ではないかと考えたのです。

その金融機関がわかれば、そこに東田の隠し口座があるかもしれないというのです。

この件は竹下が調べることになりました。

半沢は浅野がどのような見返りをもらっていたのかを調べます。


5億の融資事故は、上層部でも大きな問題として取り扱われていました。

半沢はその融資事故の責任を取らされて、出向させられようとしていました。


半沢は、さらにメールを送って浅野を揺さぶります。

かなり動揺していることがわかります。


半沢は、部下に浅野と東田がつながっていることを伝えます。

浅野が東田から見返りをもらっていたという証拠が欲しいので、みんなの力を貸して欲しいと頼みます。


しかし、部下の垣内は協力できないというのです。

垣内は浅野から脅され、半沢の監視をするように命じられています。


半沢は、浅野の車の運転手に浅野がよく行く場所を聞きました。

すると、浅野は半年ほど前から関西シティ銀行を利用していることがわかりました。

運転手によると、通帳は浅野がずっとカバンに入れて持ち歩いていると言います。


半沢らは、浅野の通帳を調べることにしました。

外出しない時は、カバンごとデスクにしまって鍵をかけているというのです。


そこで、半沢はある作戦を立てました。

まず、浅野と東田が写った写真を窓口にFAXで送るというメールを浅野に送ります。

それを見た浅野は当然FAXを確認しに行きます。

その隙にカバンの中の通帳を探すというものです。


この通りに進めますが、カバンの中に通帳が見当たりません。

もうすぐ浅野が部屋に戻ってきます。

最後に、半沢が本の中を調べると、探していた通帳が見つかりました。

フジサワミキ名義で5000万円振り込まれています。


そこまでもう浅野が戻ってきています。

今部屋から出ると怪しまれてしまいます。

まさに絶体絶命の大ピンチです。

半沢はもう観念していました。

その時です。

半沢には協力できないと言っていた垣内が浅野に報告があると言って、浅野を部屋に戻さないようにしてくれたのです。

これにより、半沢は浅野にバレずにすみました。

垣内は、半沢を監視する役目を辞退させて欲しいと浅野に告げました。


半沢は、浅野が東田から5000万円もらっていたことを竹下に報告しました。

未樹を経由して振り込まれているため、これでは確実な証拠とは言えません。

東田の隠し口座を特定し、そこから未樹と浅野の口座へお金が流れたことを明らかにするしかないようです。


竹下によると、先日のマークは銀行のものではないかもしれないと言います。

同じマークが見当たらないのです。


浅野は、通帳がなくなったことを東田に報告します。

東田は、浅野にもし半沢に取られたのなら銀行員として殺すように言いました。

もし通帳を見られても自分のところまで足がつかないようになっていると東田は言います。


渡真利忍にも、竹下に調べてもらってわからなかったマークを見せます。

すると、渡真利はニューヨークハーバー信託銀行のマークであることに気づきました。

実は、この銀行は吸収合併するたびにマークを変えています。

半沢が見たのは、以前に使われていたマークだったのです。


渡真利は、ここのプライベートバンキングの取引対象は金融資産で最低10億以上となっているので、もしここに東田の口座があれば隠し金は10億以上あると言います。

これで少しは希望が出てきました。

あとは、東田の口座がこの銀行にあるかどうかです。


竹下からの電話で、半沢は未樹に会いに行きました。

東田から気に入った店があれば押さえておけと言われていたので、未樹は気に入った店に来ていました。


未樹はネイルサロンを出したいのです。

そのためなら手段を選びません。

東田だけでなく、板橋からもお金を貢がせていました。

竹下は、未樹と板橋のツーショットを隠し撮りしていました。


半沢は、これをネタに未樹にあるお願いをします。

東田がニューヨークハーバー信託銀行に口座を持っていることは未樹も知っていました。

半沢は、そこの預かり資産の明細と取り引き記録、浅野に5000万を振り込んだ未樹の関西シティ銀行の通帳が欲しいと伝えました。

言うことをきかないと、東田にこの写真を送ると言って脅します。

未樹は、重要なものはすべて東田が隠しているので持ってくることは不可能であると言います。

それでも、半沢は持ってくるように強く迫ります。

最終的には、未樹は「そんな写真、送りたければ送ればいい。何とでも言い逃れできるから」と言って去って行きました。


未樹の元に、国税の職員が訪れます。

黒崎も、東田の隠し口座について尋ねます。

黒崎は未樹に交換条件を提案します。

東田の隠し口座を教えてくれたら、店の資金とこれまでの違法行為について一切目をつむってくれるというのです。


半沢は再度未樹に会いました。

未樹に店を出したいのなら、銀行からお金を借りればよいと提案します。

しかし、未樹は「それができるなら、最初から東田になんか近づいていないわよ」と怒りをあらわにします。

半沢は、銀行員として未樹に接し、融資を受けるのに必要な条件をまとめた資料などを渡しました。

そして、半沢は「夢があるのなら東田なんかに頼るべきではない」と言います。

半沢の言葉は、未樹の心に響きました。

未樹は心変わりし、半沢に協力してくれることになりました。


渡真利から、ついに取締役会で半沢の出向が決まったいう連絡が入りました。

明日には半沢に通知が来ると言います。

半沢は、「未樹に運命を託した」と言って、こちらも明日が勝負であると伝えました。


竹下から連絡が入りました。

何と未樹が国税に寝返ったというのです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

半沢直樹の4話の視聴率

半沢直樹の4話の視聴率は次のとおりです。

「10倍返しなるか! 上司と部下の裏切り」

27.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう