ドラマ「半沢直樹1」の6話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

半沢直樹の6話のネタバレとあらすじ

半沢(堺雅人)が東京中央銀行本部、営業第二部次長に栄転し、既に1年が経とうとしていた。
ある日、部長の内藤(吉田鋼太郎)に呼び出された半沢は、突如大きな仕事を背負わされることになる。
それは老舗ホテルである伊勢島ホテルの経営再建と、近く金融庁が東京中央銀行に対して行う「金融庁検査」への対応だった。
伊勢島ホテルは長く業績が低迷し、東京中央銀行が200億円の融資をしたばかりであったが、その直後、資金の運用失敗で120億もの損失が出ることが明るみになったばかりであった。
大阪で回収不能と思われた5億の不良債権を回収した半沢だが、120億となると次元が違う。「自分には無理だ」と言う半沢に対して、この案件は頭取(北大路欣也)命令であると内藤は告げる。

早速再建のために奔走する半沢だが、今回の巨大案件には伊勢島ホテルの羽根専務(倍賞美津子)はじめ様々な立場の人間の様々な思惑が錯綜しており、早期に事態の収拾を図ることは不可能のように思われた。
(公式HPより引用)


半沢直樹は、東京中央銀行本部営業第二部次長に栄転してからは、飛ぶ鳥の勢いで実績を上げていきました。

そんなある時、緊急取締役会議が開催されました。

頭取から、当行において金融庁検査が実施されることが報告されました。

大和田常務からは、問題は引当金であるという発言がありました。

もし引当金を積むようなことになれば、当行の経営そのものが揺るぎかねないというのです。

そこで、各融資先への与信判断に間違いはないかを十分に精査することになりました。

ただし、準備期間はたった2週間しかありません。


半沢と同期である出向した近藤直弼は、タミヤ電機にいました。

近藤はここでも苦戦していました


営業第二部長の内藤寛は、どうしても断れなかったと半沢に謝罪しました。

大和田が、半沢と一席設けたいと3度も誘っていたのです。

半沢は仕方なく、大和田の誘いを受けることになりました。


半沢は、料亭で大和田と会いました。

その席で、大和田は半沢に旧産業中央銀行の威信を一緒に取り戻そうと息巻いていました。


大和田が金沢支店にいたことがあるという話をしました。

そこで、半沢は実家は半沢ネジという小さな工場をやっていると話しました。

大和田にはまったく覚えている様子はありませんでした。

そこで、父親が25年前に他界したことも伝えました。

それでも、大和田は半沢ネジや父親のことは思い出しませんでした。


伊勢島ホテルは、運用失敗によって120億もの損失が確定的となりました。

実は、東京中央銀行は先日、伊勢島ホテルに200億もの融資をしたばかりでした。

そこを担当していたのが、半沢と同期である法人部調査役の時枝孝弘でした。

今回の件で担当を外されることになりました。


内藤は、伊勢島ホテルを半沢に担当して欲しいと言います。

早急に120億の穴埋めとホテルの経営再建案を検討するように命じられます。

半沢は審査部が引き継ぐのが妥当だと言いますが、頭取の命令なので引き受けるしかなさそうです。


2週間後の金融庁検査では、伊勢島を狙ってくることが確実だというのです。

半沢は、金融庁検査の先頭に立つように言われます。

もし伊勢島に回収懸念があると判断されれば、1000億円以上の引当金を積まなくてはならなくなります。

そうなれば、東京中央銀行は破綻をきたし、頭取の首が飛ぶというのです。

そのため、2週間で120億の補填とホテルの経営再建案を検討しなくてはならないのです。


半沢は、部下の小野寺順治とともに伊勢島ホテルに行きました。

話を聞いてくれたのは、専務の羽根夏子でした。


伊勢島ホテルは、120億の運用失敗で2期連続の赤字となります。

このままでは金融庁検査で問題ありと判断され、融資の継続が難しくなることを半沢は説明しました。

羽根専務はそうならないようにするのが銀行の役目だと言います。


半沢は、事業計画の見直しが急務だと言います。

しかし、羽根専務は運用失敗は株への投資によるもので、ホテル経営とは関係がないとつっぱねます。

銀行の都合で事業を行っているわけではないとまで言うので、半沢は先日融資した200億を返して欲しいと言います。

業績黒字が融資の条件になっていたためです。

羽根専務は必要書類については提出したので、このような事態になることを見抜けなかったのは銀行のせいだと言います。


今度は湯浅社長の意見を聞こうとしますが、海外出張中でした。

羽根専務はどうしても返済しろと言うのなら、銀行内の合意を取ってくるように半沢に言います。


半沢は時枝から話を聞きます。

伊勢島ホテルは湯浅家がトップに君臨する同族会社です。

先代の社長は相当なワンマンでした。

息子の湯浅威が社長を引き継いでからも、古い経営方針を脱却できていないと言います。

これが業績不振の理由となっています。


その隙をついて、資金運用で一旗揚げようとしたのが羽根専務だったのです。

自分が社長になろうとしたのではないかと言います。

結果、120億もの損害を出しました。

今回の件は、羽根専務が独断で行ったものだと思われました。


これらのことを見抜けずに200億の融資を実行したのは、自分のせいだと時枝は言います。

サブバンクの白水銀行は、融資するはずだった100億をかなり早い段階でストップしました。

つまり、白水銀行は運用損失を見抜いていたというのです。


時枝は、前担当の京橋支店からきちんと引き継ぎをしなかったことを悔やんでいます。

京橋支店は、伊勢島ホテルを法人部に横取りされたことを面白く思っていないと言います。

貝瀬支店長はプライドが高く、融資課課長代理の古里則夫はなかなかのたぬきだそうです。

時枝は系列会社への出向が決まりました。


半沢は渡真利忍にこのことを話しました。

東京中央銀行の方が白水銀行よりも格上で、情報量で負けるはずがないので、渡真利も白水だけが運用失敗を見抜いたことを不審に思っています。

そこで、半沢は渡真利に白水銀行の融資部にパイプはないかと聞きます。

すると、油山というものが融資部次長をやっていました。

油山は、半沢と渡真利の大学時代の同級生でした。


半沢は京橋支店にいました。

古里に話を聞きます。

古里は時枝にすべてを引き継いだので、何も話すことはないと言います。


半沢は京橋支店を出て歩いていると、近藤とばったり会いました。

近藤は今期の融資を頼みに来たと言います。

古里が近藤の融資を担当していました。

古里はいろいろと指摘し、融資を通してくれません。


近藤は会社に戻って、タミヤ電機社長に融資が通らないことを伝えます。

事業計画書を出さないと融資が受けられないと言いますが、タミヤ社長は今までは受けられたので必要ないと言います。

近藤に協力してくれません。

融資が受けられないと、ますます近藤の会社での居場所がありませんでした。


取締役会で、伊勢島ホテルに融資した200億の返済要求について話し合われていました。

羽根専務が泣きついてきたことで、200億の返済を要求しないことに決まりました。

それでいて、金融庁検査は乗り切らないといけません。

かなり厳しい状況でした。


半沢は、伊勢島ホテルがどうして200億を返済しないのかがわかりませんでした。

それは、もし引当金を積まなくなれば、伊勢島ホテルへの融資がストップする可能性があるためです。

それの方が痛いはずです。

それなのに、どうして協力しないのでしょうか?

何か裏がありそうです。


半沢は、伊勢島ホテルの経理担当だった戸越茂則を訪ねました。

先日、半沢と渡真利は、白水銀行の油山から伊勢島ホテルのことで話を聞きました。

その時、油山から戸越のことを聞いたのです。

戸越は、現在廃品回収業を営む会社で働いています。


戸越は、株の運用失敗で120億の損失を出しながらそれを隠蔽しようとしていたことを白水銀行に内部告発していました。

結果、白水銀行は融資をストップさせました。


半沢は、どうしてメインバンクではない白水銀行に内部告発したのかを尋ねました。

すると、戸越からは何もわかっていないという言葉が。

半沢はこれでピンときました。

戸越は、東京中央銀行にも告発していたのです。

逆に、東京中央銀行は戸越を伊勢島ホテルにリークし、戸越はホテルを辞めざるを得なくなったというのです。

半沢は、告発を握りつぶした当時の担当者を追い詰めるのに力を貸して欲しいと頼みました。

戸越は信用できないと言い去って行きました。


半沢は、京橋支店の古里に戸越が言っていた告発のことを聞いてみました。

古里は知らないと言います。

半沢は知っているはずだと断言しました。

古里は、銀行の上層部に報告して半沢のやり方を問題にすると言います。

半沢は、「やれるものならやってみろ。ただし、あとであんたの不正がわかった時は容赦はしない。倍返しだ。覚えておけ」と返しました。


支店を出ると、伊勢島ホテルの社長の湯浅がいました。

半沢を担当に指名したのは、湯浅社長だったのです。

湯浅社長は修業時代に、半沢が別のホテルを再建するために奔走する姿を見ていました。

そして、伊勢島ホテルを再建できるのは半沢しかいないと思ったのでした。


湯浅社長は、伊勢島ホテルをどう思うのかを聞いてみました。

半沢はホテルは瀕死の状態ではあるが、まだ死んではいないので救う方法はあると言いました。


湯浅社長は、再建プランを練っていました。

これからアジアをメインに顧客を獲得していくために、上海とシンガポールの大手旅行代理店と契約をしたというのです。

ナルセンに最新のITシステムの開発も依頼しているそうです。

湯浅社長は、年内には海外から直接予約できる独自のシステムが完成すると言います。

さらに、月に1度外部から有識者を招いて刷新会議を開く予定もあるというのです。

このことは、伊勢島ホテルの悪しき伝統からの脱却を意味しました。


まずは、金融庁検査を乗り切らないと何も始まりません。

湯浅社長は、120億の損失と報告が遅れたことを謝罪しました。

羽根専務が独断でやったことでしたが、それを許してしまったのは自分のせいだと湯浅社長は言います。

半沢は、湯浅社長に120億を補填する方策を探すことと、もう1つあることをお願いしておきました。


近藤は、古里にまたしても散々バカにされた上、融資を受けられずに絶望していました。

支店を出て倒れ込む近藤に、半沢が歩み寄ります。

半沢は近藤を剣道に誘い、滅多打ちにします。

そして、大学時代を思い出すように言います。

近藤は何かが吹っ切れたようです。


戸越が古里を飲み屋に誘いました。

戸越は、古里に伊勢島ホテルから120億の損失が出ることを伝えたと言います。

古里は上に報告したと言います。

隠蔽したのは上の人間だというのです。


すぐ近くに半沢と近藤が座っていました。

「損失が出ることがわかっていて報告しなかったなんて、それはまずいんじゃないの?」

そう言って、半沢は詳しい説明を古里に求めました。


半沢と古里らは次のようなやり取りを行いました。

半沢
「先ほどの会話はすべて録音した。この後に及んで下手な言い訳は見苦しいだけですよ」

「お前は戸越さんの内部告発によって、伊勢島が巨額の赤字になることがわかっていた」

「にもかかわらず、それを隠蔽し融資の実行を進めた」

「なぜそんなことをした?」

「言ったはずだ。あとでわかったら容赦はしないと。どうなんだ、古里」

古里
「申し訳ない。でも信じてくれ」

俺は、貝瀬支店長に報告したんだ。でも、その件はしばらく様子を見ると言われて・・・」

半沢
「全部貝瀬支店長の指示か?信じられない」

古里
「嘘じゃない。信じてくれ」

半沢
証拠は。お前が支店長に内部告発のことを伝えた証拠だよ

「まさか口頭で伝えたわけじゃないだろう。報告書があるはずだ

古里
「あるにはあるが、疎開資料の中です

半沢
「その疎開資料は今どこにある?」

古里
京橋支店の金庫室。でも、金融庁検査が始まる前に支店長が自宅に運ぶことになってるんで

近藤
「自宅はやっかいだな」

半沢
「いつは運ぶんだ?」

古里
「今夜10時に車で」


時計を見ると、午後9時15分でした。


半沢
「今すぐに回収に行く」

古里
「本気ですか?もう間に合わない」

半沢
「そんな物騒なもの、お前らなんかに任せておけるか」

「もしそんなものが金融庁の目に触れてみろ。一発で業務改善命令だ」

「金融庁検査の前に俺が預かる」

古里
「そんなこと言ったって無理だよ。金庫室は担当課長じゃなきゃ入れないのはご存じでしょう」

半沢
「無理かどうかはやってみてから言うんだよ」

「とにかく行くぞ」

古里
「協力したら、今回のことは見逃してくれますよね?」

半沢
「そんなわけないだろう」

「処分が多少マシになるだけに決まってんだろうが」

「だが、もし協力しなければさっきの会話を銀行中に流す」

そうなったらお前は退職金なしの懲戒解雇だ


半沢らは、京橋支店の行員用通路から支店内へ入ります。

暗証番号を打ち込み、金庫の鍵を開けることができました。

疎開資料の箱がありました。

半沢と近藤は箱の中から、伊勢島ホテルの120億円運用損失に関する報告書を探します。


古里は半沢らにもうそこまで貝瀬支店長が来ているので、もう諦めろと言いました。

しかし、半沢は諦めません。

古里にひとまず金庫の扉を締めるように指示しました。


貝瀬支店長がやって来ました。

古里は荷物を運ぶ手伝いに来たと伝えます。


金庫の扉が開かれました。

半沢らは、棚の陰に隠れています。

荷物を出して、貝瀬支店長が金庫の扉を閉めようとします。

半沢は、古里に扉を閉めないように何とかしろと言います。

金庫の扉を締められてしまうと、明日まで開けられなくなるためです。

古里は、荷物の箱をわざと落として書類をまき散らかしました。

貝瀬支店長を先に車の方へ行かせ、その間に半沢は金庫を出ました。

半沢は、目的の報告書を見つけ出していました。


半沢と古里のタミヤ電機の融資の件についてのやり取りは、次のとおりです。

半沢
「中期計画書についてビジョンが見えないところはあるが、それを差し引いてもしっかりとした稟議書だった。どこがダメだった。言ってみろ」

古里
「支店長が金融庁検査の前に簡単に融資を通すなと・・・」

半沢
全部他人のせいか!

お前みたいなやつに与信判断する資格はない

「明日中に書け!いいな」

近藤は半沢に礼を言いました。


翌日、半沢は戸越に感謝の気持ちを伝えました。

戸越は、再び伊勢島ホテルに戻ることができました。

実は、半沢が湯浅社長に戸越を戻してあげて欲しいと頼んでおいたのです。


戸越から気になる情報を聞きます。

歴代京橋支店長と伊勢島の関係は黒い闇だと言います。

貝瀬はその闇の入り口にすぎないというのです。

もっと上の者が絡んでいるようです。


タミヤ電機に戻った近藤は、融資が無事に通ったことをみんなに伝えました。

近藤は、経理課長に前期までの決算書を出すように言います。

しかし、経理課長は融資のこと以外はする必要がないと返します。

近藤は、半沢から言われた「大学時代を思い出せ」という言葉を思い出します。

そして、経理課長に「決算書を持ってこい」「二度と元銀行さんなどと呼ぶんじゃない」と言いました。

近藤はすっかり自信を取り戻しました。


大和田は半沢を呼んで、京橋支店でどのような不正を探っているかを聞きます。

知っていることをすべて報告するように言われます。

伊勢島ホテルで120億の損失が出たことを貝瀬支店長と古里は知っていながら、200億の融資を行っていたことを伝えました。

証拠はあるが、今は見せられないと言います。

それと、貝瀬支店長に指示を出した別の人物がいる疑いがあるという話もしました。


半沢は、歴代京橋支店長で現役なのは大和田と業務統括部長の岸川慎吾しかいないと言います。

伊勢島の担当としては、2人を疑うのは当然だというのです。

今回の伊勢島問題諸悪の根源は京橋支店にあると半沢は考えていました。


大和田は、法人部に担当替えしてすぐに起こったことなので、悪いのは法人部だと言います。

伊勢島への融資は法人部へ移る前にすでに決定していたと半沢は反論します。

半沢は次のように続けます。

「担当になってわずか3ヵ月の時枝にすべての責任を押しつけて、彼を出向させましたね」

「銀行は人事がすべて。あなたはそうやってこれまでも、邪魔な人間や必要のないものを切り捨ててこられたんでしょう」

この後、半沢と大和田は目指す銀行の姿について激論しました。


話は元に戻ります。

半沢は、伊勢島ホテルが今回の件で大きな損害を被ったが、担当してどのようなことがあっても伊勢島ホテルを守ることを宣言します。

そして、半沢は土下座をしてでも伊勢島ホテルを再建してみせると断言します。

相手が誰であっても、全力で戦う覚悟でいるというのです。


そして、半沢は大和田に次のように言います。

もし私が伊勢島ホテルを救えなければ、あなたに対するこれまでの非礼、土下座をしてお詫びいたします

ですが、もし隠蔽を指示した人物があなたなら、私に土下座をして詫びてください

半沢は、このように大和田に言い放ち、大和田は次のように返します。

「いいだろう。そんなことができるものなら、やってみたまえ」


ついに金融庁検査の初日を迎えました。

東京中央銀行の本部に、金融庁検査局主任検査官の黒崎駿一がやって来ました。

大阪国税局査察部情報部門統括官として半沢とやり合ったあの黒崎です。

黒崎は半沢にあいさつしてきました。

スポンサーリンク

半沢直樹の6話の視聴率

半沢直樹の6話の視聴率は次のとおりです。

「5億から120億! 東京で、倍返しなるか 本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!!」

29.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう