ドラマ「テセウスの船」の1話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【テセウスの船】1話のあらすじ

テセウスの船の1話のあらすじは次のとおりです。


 生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【テセウスの船】1話のネタバレ

心は、子供の頃は父親が殺人犯ということで後ろ指を指される苦しい生活を送ってきました。

心には教員になりたいという夢がありましたが、殺人犯の息子では無理であると諦めました。

現在は、妊娠中の妻の由紀と幸せでした。


由紀は、心の父親だからこそ、父親の無実を信じたいと言います。

そのため、由紀は宮城県音臼村にある音臼小学校で起こった無差別殺人事件について調べていることを明かしました。

この事件は、青酸カリが入ったとみられるオレンジジュースを飲んだ児童や職員が合わせて21人が死亡したというものでした。


由紀が当時の新聞や記事をスクラップしたものを心に見せます。

由紀が言うには、音臼村ではこの事件の前にもいくつかの不可解な事件が起こっていたというのです。

5歳の女の子が除草剤を誤飲して死亡したり、同じ月にその女の子の姉も行方不明になっています。

他にも、村人の変死事件などが起こっています。


当時はどれも事故として処理されましたが、これほどの数の事件がこの村に集中するのはおかしいと由紀はみています。

心の父の有罪の決め手になったのは、自宅から青酸カリが見つかったことでした。

それ以外の証拠はなかったので、由紀は誰かが父親に罪をなすりつけたという可能性もあるというのです。

由紀は、どうしてこのような事件が起こったのか、心の父親が本当に犯人なのかを知りたいと言います。


しかし、心は自分にはもう父親はいないと考えています。

今は、由紀とこれから産まれてくる子供との生活の方が大切というのです。


そんな時、由紀がお腹が痛いと言って倒れました。

救急車で運ばれた由紀は子供を出産しました。

子供は無事だったのですが、由紀は妊娠中毒症で命の危険があると言われます。


心は由紀と話すことができました。

由紀は、このような状況でも心の父親の事件のことが気になっていました。

そして、由紀は心に真実から逃げないで欲しいと言った後、息を引き取りました。


葬儀の際、由紀の両親から由紀が死んだのは心のせいであると言われます。

実は、両親の反対を押し切って由紀は心と結婚していました。

心が育てると不幸になるので、子供は両親が引き取って育てるというのです。


心は、由紀が言っていたとおり、父親の事件に向き合うことにします。

母親に父親のことをいろいろと聞きます。

心は、今までは怖かったので事件のことを知ろうとはしなかったことを母親に伝えます。

そして、心は「もし父親がえん罪だったとしたら・・・」と言いかけると、母親は「やめなさい。そんなこと被害者の方々の前で言ったら大変なことになるよ。」と言われてしまいました。

心はそれでも知りたいというのです。

父親に直接会って話を聞くことを決心しました。


心は、事件のあった宮城県の音臼村を訪れました。

音臼村は、事件の後廃村となっていました。

音臼小学校の校舎はすでになくなっており、そこには慰霊碑が建てられていました。


心が慰霊碑の前に立っていると、突然靄がかかってきて意識を失ってしまいます。

気がつくと、目の前には小学校の校舎が見えました。

何がどうなったのかわかりません。


ひとまず神社へ行ってみることに。

すると、そこには少女が倒れていました。

その少女を医院へ連れて行くと、カレンダーが掛っていました。

確認すると、何と1989年1月7日でした。

平成という新元号がちょうど発表された日でした。


心は、ますます何が起こったのか理解できませんでした。

ひとまず由紀のスクラップ帳を見ます。

すると、佐野鈴が神社の階段から転落というメモ書きがありました。

実は、この少女は心が先ほど救った少女で、心の姉だったのです。


その時、鈴の父親が医院にやって来ました。

つまり、心の父親(文吾)です。

心は、警察官の格好をした文吾と会います。

とても複雑な気持ちでした。

心が鈴を助けてくれたことを知って、文吾はお礼を言いました。

しかし、心は父親への憎しみから素直にはなれず、医院を飛び出しました。


そこに、小さな女の子がいました。

心はとっさに除草剤を誤飲して死亡する少女ではないかと考え、スクラップ帳を確認します。

日にちは、1月7日の今日でした。

しかも、少女の名前はスクラップ帳にあった三島千夏でした。


千夏に倉庫を見せてもらいました。

そこには、千夏が誤って飲むことになる除草剤がありました。

心は、誤って飲まないように、その除草剤を持ち出して処分します。


その時、心は千夏と一緒に歩く文吾の姿を見かけました。

心は急いで後を追おうとしますが、見失ってしまいます。

遠くの方から声がするので振り向くと、心の母親である和子がいました。

和子は兄の慎吾もいました。


和子と一緒に先ほどの医院へ行きました。

鈴の恩人と知って和子はお礼を言います。

鈴は発見が早かったので、凍傷の後は残らないと言われていました。

実は、心が知る鈴の顔には凍傷の後があります。

つまり、過去が変わったのです。

千夏も救ったので、心は無差別殺人も防げるのではと考えます。


しかし、心が救ったと思った千夏が倉庫で倒れていました。

その場には文吾もいます。

心は、文吾が千夏と一緒のところを見たと言いますが、文吾は署に連絡すると言って去って行きました。

文吾が千夏を殺したのではないかと心は疑っています。


8日になりました。

心は、音臼村駐在所にいる文吾を訪ねました。

文吾は心に名前や住所などを聞きます。

心は、昨日文吾が千夏と一緒にいたことを話します。

その時、和子がやって来て、文吾に鈴の恩人に事情聴取みたいなことはしないように言います。


心は、和子が笑っているのを初めて見ます。

和子は、この家にしばらくいるように言ってくれます。


除草剤を捨てたので、千夏が誤って飲むわけがありません。

やはり、あの時一緒にいた文吾が怪しいと心は考えていました。


心は、駐在所の机の中を調べてみます。

すると、除草剤の容器が出てきました。

やはり、犯人は文吾だったのです。


心は誓いました。

文吾に張り付いて、自分が音臼小学校事件を止めると。


心がお風呂に入っている間に、文吾は心の荷物を調べます。

財布の中のお金や免許証を確認します。

免許証の平成32年という日付に驚きを隠せません。


10日は男性が雪崩で死亡する日でした。

心はその男性に行かないように言いますが、言うことを聞かずに車で行ってしまいます。

そこにパトカーに乗った文吾が通りかかります。

心は、文吾に先ほどの男性を追って欲しいと頼みます。


パトカーから、心は大きな声で止まるように叫びます。

心の声で、その男性は車を止めました。

ちょうどその時です。

目の前で雪崩が発生します。

その男性は、車を止めたおかげで助かりました。


仙南警察署から来た金丸刑事と森刑事に、心は署まで連れて行かれました。

そこで事情聴取を受けます。

心には、除草剤を盗んで千夏を殺したという容疑がかかっています。

本当のことを言いたいところですが、文吾の机の中に除草剤の容器があると言えば、文吾が千夏を殺したことになります。

それでは、母親らが殺人犯の家族となってしまいます。


10日になると、物証がないということで心は釈放されます。

しかし、もし心の指紋が付いた除草剤の容器が見つかるとまずいと考え、捨てた容器を探しますがありませんでした。

その時、鈴が明音がいなくなったと言って探していました。

明音が失踪するのは16日です。

まだ日にちがあります。

とりあえず、心が探すことにします。


その時です。

銃声が聞こえました。

心は、急いで銃声が聞こえた方へ向かっていきます。

崖のところまで行くと、文吾と明音が一段下がったところにいました。

2人はそこへ落ちてしまったようです。

心は文吾が明音に何かしようとしていたのではと考えましたが、明音は文吾が助けてくれたと言いました。

銃を撃ったのは熊が出たからだというのです。


ひとまず明音を救出すると言って、文吾は明音を押し上げました。

心は明音の手を取って引き上げます。

明音の引き上げには成功しました。


心は文吾も上がってくるように言いますが、文吾は足を痛めたので、明音を連れて行くように言います。

そして、文吾は「子供を守るのが大人の使命だ」と言いました。


明音を途中で会った村人に任せて、心は文吾のところへ戻ります。

文吾のところへ戻ると、文吾はかなり弱っていました。

文吾はもう諦めているようです。

心は、文吾に「あなたに生きていて欲しい。」と叫びました。

文吾が立ち上がって、心の手を掴みます。

そして、心は必死で文吾を引き上げました。


この時、心は文吾を信じることができました。

心は、文吾が殺人犯ではないことを確信したのです。


文吾は、心に免許証を見てしまったことを告白しました。

文吾は正直に話して欲しいと言います。

心は、自分が2020年から来たことを話しました。

文吾は心の話を信じてくれました。

ただ、心は文吾が殺人犯になっていることは言えませんでした。


SNSでは反響が大きいようです。

【テセウスの船】1話の感想

心が殺人犯である文吾のことを信じられないのはよくわかりますね。

文吾のせいで、心ら家族がどれほどつらい目に遭ってきたのかを考えると本当に可哀想です。

明音を必死に助けようとしている文吾を見れば、確かにこの後無差別殺人を行うとはとても思えませんね。


心が千夏を救ったことで過去が変わったと思われましたが、その後千夏は殺されてしまいました。

それでも、姉は凍傷による傷がなくなっていましたし、雪崩の男性は助かったしました。

絶対に過去を変えられないわけではなさそうです。

もしかしたら、毒殺など音臼小学校で起きた無差別殺人に関する事件だけは変わらないのかもしれません。

変わらないというよりも、助けた人が犯人に再度狙われてしまうので、結果的には殺されてしまって何も変わっていないように見えるだけなのかもしれません。

【テセウスの船】1話の視聴率

初回の平均視聴率は、11.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

最近は、ドラマで2ケタを取るのは大変です。

そう考えると、好スタートを切ったと言ってもよいと思います。

今後の展開次第では、さらに高視聴率を期待できるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!