ドラマ「テセウスの船」の2話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【テセウスの船】2話のネタバレ

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。
そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。
由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。
田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。
これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。
想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。
(公式HPより引用)


心は、3日後に田中義男の家が火事になることを文吾に伝えました。

文吾は心が未来から来たことを知っているので、そのことをすぐに信じてくれました。

文吾は、心にどうしてこのような小さな村で起こることをよく知っているのかを尋ねました。

しかし、文吾がこれから起こす重大事件のことについては話せないので返事に困ります。

心は、文吾がそれ以上聞いてこなかったので助かりました。


文吾と心は、田中家に向かいました。

そこには、義男の身の回りの世話をするために来ていた長谷川翼がいました。

その時、翼はノートに何かを書き込んでいました。

翼は、心が千夏の倉庫から除草剤を持ち出すのを見ていたため、心のことを泥棒呼ばわりして快く思っていません。

そのため、すぐに翼は帰って行きました。


心はノートを見ることにします。

そこには、泣いているウサギや気味の悪い2人の少女の絵が描かれていました。

ウサギと2人の少女のうち1人は黒く塗りつぶされていました。

誰が描いたのかを聞きますが、義男は知らないということでした。

心は、あの絵が気になっていました。


平成元年1月13日から、心は学校で先生として働くことになりました。

心は、鈴と明音のいるクラスの担任を務めます。

昔からの夢が叶った心はうれしそうでした。


心が学校へ行くと、ウサギが小屋の前で死んでいました。

さつき先生や子供らは驚いています。

昨日は元気だったウサギがどうして急に死んだのでしょうか?

よく見ると、ウサギは血を吐いていました。

何か毒性のあるものを食べた可能性があります。


心は、田中家のノートで見た泣いているウサギのことを思い出しました。

その場に翼がいたため、子供たちに飴をもらって食べないように言いました。

案の定、心は翼にさらに嫌われてしまいます。


教室に行くと、子供たちからウサギを殺した犯人は心ではないかと言われてしまいます。

翼が、子供たちに心が千夏の倉庫から除草剤を盗んだことを言っていたためです。


心は校長室に呼ばれました。

仙南警察署の金丸刑事がやって来ていました。

ウサギ殺しの件で心に話を聞きたいというのです。

心が千夏の倉庫から除草剤を盗んだ疑いが、まだ晴れたわけではなかったためでした。


教室に戻ると、鈴と明音がケンカをしていました。

鈴はそのようなことをしないと心を擁護し、明音は翼の言っていたことを信じて心が犯人だと思っています。

ウサギの件でクラスが混乱しています。


心は再び田中家を訪れ、ノートの中を見せてもらいました。

そして、少女が描かれたノートのページをもらって帰りました。


自宅に戻って、心は文吾と話をします。

心は、ノートにウサギを描いた人物がウサギの殺害予告をしていた可能性があると言いました。

もしそうだとすれば、少女の絵にも何か意味があるのではと考えます。

まずは、田中家で発生する火事を全力で防ごうということになりました。


1月15日になりました。

子供たちには優しい翼ですが、裏の顔がありました。

彼女の佐々木紀子から、何やら紙袋に入ったものを受け取っていた上、紀子に暴力を振るっていました。

翼は出掛ける際に、液体の入ったビンを持って出ていきました。


心と文吾は田中家に来ていました。

2人は口実を作って、その日は田中家にいることにしました。

火事を未然に防ぐためです。


夜になって、心は放火の可能性があると思い、家の周りをパトロールすることにしました。

すると、向こうの方から物音が聞こえます。

行ってみると、猫でした。


しばらくすると、和子から文吾に電話がありました。

鈴が明音に会うと言って出掛けたまま戻らないというのです。

明音も帰っていないというのです。

心は、2人の少女が鈴と明音ではないかと考えました。

明音が行方不明になるのは明日なのに、どうして今日いなくなったのかも気になります。

義男の息子・正志に火事には気をつけるように言って、2人は鈴と明音を探しに行きました。


雪の中、みんなで2人を探しますが見つかりません。

心は翼をみかけたので、鈴と明音を知らないかと尋ねました。

しかし、翼の様子が変です。

翼は、訳のわかならいことを言って去って行きました。


その後、心は文吾と合流しました。

心は「鈴まで(どうしていなくなったんだ)」と言ったのを文吾は聞き逃しませんでした。

文吾はどういう意味なのかを尋ねます。

心は、行方不明になるのは明音だけで、それは明日の予定であったことを伝えます。

過去が変わったという心に、文吾は心が持っているノートを見せて欲しいと頼みます。

実は、文吾はたまたま心の過去の事件が書かれたノートを見ていたのです。

その時は、すぐに心が来たのでほんの少ししか見ていませんが。


心は、文吾にこれから起こるであろう事件のことを知られたくないので、ノートを見せられないと断ります。

しかし、文吾は必死に頼んできます。

文吾はそれでも頑なに拒む心を殴り、心が信用できないと言います。


その時です。

鈴が見つかったと村人が言いに来てくれました。


鈴は、金丸刑事に事情を話します。

鈴はバス停で明音と会う約束しましたが、明音が現れなかったことを伝えました。

金丸刑事は心を疑っています。

文吾は先ほどのことがあるので、心を助けてくれません。

心は再び明音を探しに行くことに。


その時、明音は鍵のかかった小屋に閉じ込められていました。

必死に助けを呼びますが、誰にも聞こえません。


1月16日になりました。

心は夜通し明音を探しました。

それでも明音は見つかりませんでした。


この日も、心らは明音をあちこち探し回ります。

明音の母親から、心は信用できないという言葉が聞かれるようになりました。

実は、村人の間ではこのような声があちこちで出ています。


心がベンチにかけていると、和子がやって来ました。

和子がよくお参りするお社に行って、明音が早く見つかるようにお願いしました。

その後、心は知り合いの話と断った上で、母親が子供たちに殺人犯の父親はいないものと思いなさいと言っていたという話をしました。

自分がもしその母親なら、和子も同じことを言うと思うというのです。

それは、嫌な目に遭っている子供たちが少しでも救われるのならそのように言った方がよいと考えるためだと言います。

つらい気持ちはあるが、父親はわかってくれると信じるのだそうです。


文吾と子供たちが来ました。

心が鈴のことを一生懸命気にかけてくれていたことに気づきます。

そして、心の気持ちがわかった文吾は心を信じることにしました。

文吾は、ノートのことはもうどうでもよいと言います。


1月17日になりました。

この日も、心は明音を探します。

翼が無断欠勤しているという話を聞いた心は、翼の家に行ってみることに。

翼は自宅にいませんでした。


翼の自宅の表札に、小さく“佐々木紀子”と彫られていました。

その名前に見覚えがある心は、事件の書かれたノートで調べます。

すると、紀子は働いているメッキ工場から青酸カリを入手していたことがわかりました。

しかも、紀子は翼の恋人です。

心は、翼が紀子から青酸カリを受け取ったのではないかと考えます。


そこへ教え子がやって来ました。

心は、2人の少女の絵に描かれている竹とんぼようなものについて聞いてきました。

それは、山にある小屋の風速計に似ているというのです。


心は、文吾とその風速計のある小屋に行きます。

2人は鍵を壊して中に入ります。

中には、ぐったりした明音がいました。

明音は生きていました。


突然、金丸刑事と森刑事が入ってきました。

金丸刑事は、心にどうして明音の居場所がわかったのかを尋ねます。

少女の絵のことを話したいのですが、絵は事件が描かれたノートに挟んでいるため言うわけにはいきませんでした。


心は連行しようとした金丸刑事を突き飛ばしてしまいました。

その時、長谷川翼の遺体がみつかったという無線が入りました。

翼が真犯人と思っていた心は、また犯人が誰なのかわからなくなってしまいました。

心は、手錠をかけられてしまいました。

スポンサーリンク

【テセウスの船】2話の感想

見応え十分でした。

ストーリーの展開が見事でつい引き込まれてしまいます。


今回は、明音が行方不明になる話でした。

やはり、ノートに描かれた2人の少女の絵が関係していました。

風速計から小屋が特定できるとは思いませんでした。

明音は生きていてよかったですね。

心のノートには行方不明とは書かれていましたが、死んだとは書かれていなかったと思います。


真犯人かと思われた翼は死んでしまいました。

翼がウサギを殺して、明音を小屋に閉じ込めたのでしょうか?

そして、どうして翼は死んだのでしょうか?


今後どうなっていくのか気になります。

来週が楽しみですね。


SNS上には次のようなコメントが!

スポンサーリンク

【テセウスの船】2話の視聴率

今回の平均視聴率は、11.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

今回も2ケタをキープしました。

まだまだこれから面白くなると思うので、もっと上がりそうですね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!