絶対零度シーズン4の4話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【絶対零度シーズン4】4話のネタバレ

井沢(沢村一樹)たちのもとへやってきた香坂(水野美紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を指示する。その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍する“いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だ。
佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。

井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮し、佳代のシェアハウスを訪れていた。

ほどなく、佳代のシェアハウスで長い間暮らしていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、佳代と揉めて3ヵ月ほど前に部屋を出ていったことが明らかなる。実は奈々は、無差別殺傷事件の犯人の妹だったことがわかる。被害者家族と加害者家族という関係だった佳代と奈々。佳代は加害者家族に復讐しようとしているのか?

そして、普段はクールな香坂が、この事件に対してはなぜか積極的で、自ら捜査に乗り出すことに――。
井沢たちは不思議に思うが……。
(公式HPより引用)


井沢と山内はNPO法人に潜入します。

佳代は思った以上に明るい性格で、犯罪を犯すようには見えません。

佳代は大森山無差別殺傷事件で夫を殺されましたが、そのことを隠すようなことはせず、つらいことがあった人にはむしろ積極的に話して元気づけています。


加賀美は、佳代のパソコンへのハッキングを命じられました。

調べると、中には佳代と特定の女性が写った写真が多数ありました。

佳代には子供はいません。


小田切と吉岡は佳代のシェアハウスに潜入します。

シェアハウスには、お年寄りから外国人までいろいろな人が生活しています。


そこで、佳代と一緒に写真に写っていた女性のことを聞きます。

すると、その女性は佳代が助けた女性であることがわかりました。

名前は佐藤奈々で、保育士をしています。

しかし、奈々は3ヵ月ほど前に出ていったと言います。

さらに調べると、奈々は無差別殺傷事件の犯人の妹であることがわかりました。


被害者家族である佳代と加害者家族である奈々が一緒に暮らしていたのです。

佳代は奈々に復讐しようとしているのでしょうか?


山内が奈々を監視していると、奈々を訪れる男性がいました。

その男性は、加害者支援センター「未来へ歩む会」のメンバーの梶智明です。

奈々の婚約者です。


この支援センターを紹介したのは佳代でした。

佳代は恨むどころか、奈々をずっと支えてきたのです。

それだけに、3ヵ月前は何をモメていたのか気になります。


山内が奈々と梶を尾行していると、男が奈々に生卵をぶけて逃げていきます。

山内はその男を追いますが、バイクで逃げられてしまいます。


男は、奈々を誹謗中傷している者の可能性があります。

実は、刑務所に入っている兄の川久保敦也は本を出版すると言われています。

ネットではそのことで大騒ぎになっています。

そのため、今回妹の奈々が標的になったのかもしれません。

他にも、階段から突き落とされそうになったこともありました。


井沢がまず奈々から調べようとすると、突然香坂が自分が調べると言い出します。

香坂は「未来へ歩む会」の代表・山際康夫は法務省時代の上司だというのです。

ミハンメンバーは驚きます。


井沢と香坂は、山際に会うためにセンターへ行きました。

今回は梶と奈々を取材するということにして、井沢と香坂がいろいろと探っていきます。

香坂は、奈々に加害者家族としてどのように生きてきたのかを尋ねました。

奈々は事件後の状況を次のように説明します。

自宅には誹謗中傷の電話がかかり、ネットでは自宅の住所が晒されました。

父は会社にいられなくなり、外に出ることができなくなりました。

どこに逃げてもマスコミは追いかけてきました。

ひどい嫌がらせもありました。


事件から1年が経った頃、食卓にすき焼きが出ました。

これから死ぬつもりだとわかったのだと言います。

奈々は“ほっとした”“やった死ぬことができる”と思ったのだというのです。

しかし、奈々だけが死ぬことができずに生き残ったのです。


井沢は、兄が本を出版する話をしました。

梶は、それが原因でまた誹謗中傷が始まったと言います。

それだけでなく、危害を加えてくる20代の男性がいるというのです。


しばらくすると、佳代もセンターに来ました。

香坂が、他のミハンメンバーには内緒で呼んでおいたのです。

井沢は顔がバレているので、佳代が来る前に退室しました。


佳代は、奈々に「もう少しで奈々ちゃんを追い詰めている人間がはっきりする」と言いました。

これに対して、奈々は「わたしのこと、本当は憎いんでしょう?」と尋ねます。

佳代は「憎い。憎かった」と返します。


佳代が奈々と初めて会った時のことを思い出しました。

NPO法人に奈々が電話してきた時に対応したのは佳代でした。

佳代は、相手が事件の加害者の妹と知って驚きます。

奈々は自殺しようとしていました。

佳代が駆け付けると、奈々は「ごめんなさい」と謝り続けました。

佳代は、奈々を優しく抱きしめました。


その後、佳代は奈々を自宅に連れて行きました。

佳代は、いのちの相談員なので死にたいという人を放っておけないと言いました。


佳代は、被害者家族も加害者家族もこれからどのように生きていけばよいのかわからないは同じだと言います。

そして、佳代は自分が奈々を救ってきたのではなく、奈々が自分を救ってくれたというのです。

奈々は、新しい家族を作ると言って、その場から去って行きました。


佳代が奈々に危害を加えている人間を特定しようとしていたことがわかりました。

梶が言っていた20代の男性は、山内が追いかけた時にバイクで逃げた男性のようです。


保育園に奈々のことで匿名の電話がありました。

それだけではなく、保護者のSNSにも奈々の情報がアップされていました。

これにより、奈々の兄が殺人犯であることがバレました。

保護者から子供を預けたくないという声が上がっています。

そのため、奈々は保育園を辞めざるを得ない状況に陥ってしまいます。


佳代が急に仕事を休み、自宅を出ていきました。

香坂が佳代をマークすることになっていましたが、バイクの男性の居場所がわかったため、佳代の元を離れました。

香坂がその男性に声をかけ、卵を投げつけたり、階段から突き落とそうとしたことは犯罪であると主張します。

しかし、その男性は階段から突き落とそうとしたことを否定します。


SNSの書き込みを見ると、他にも奈々に危害を加えている男性がいることがわかりました。

佳代はどこにいるのかわかりません。

防犯カメラで佳代の行方を追います。


捜査を進めると、SNSのダイレクトメッセージで奈々を叩くように仕向けている者がいることが判明しました。

佳代は、この者を狙っているようです。


香坂は、奈々が加害者家族としてつらい目に遭ってきた話をしている時、梶が笑っていたように見えたというのです。

梶はあえて加害者家族と結婚することで、周囲から賞賛と同情を得ようとしているのではと言います。


SNSのダイレクトメッセージで奈々を叩くように仕向けていたのは、やはり梶でした。

しかも、梶は奈々の兄に本を出すようにも勧めていました。


佳代は、梶が奈々の兄に本を出させようとしていると知っていました。

さらに、民間の調査会社に依頼して、梶が奈々に危害を加えていたことも知ったのです。


佳代は、梶に証拠を突きつけて罪を認めさせるつもりです。

認めない場合は、一線を越える可能性があります。


佳代は、梶にネットの誹謗中傷者をたきつけた証拠を突きつけます。

そして、佳代はスタンガンを出して、梶に奈々の前から消えるように言いました。


そこへ奈々が現れます。

到着したミハンのメンバーはしばらく様子を見守ります。

佳代は必死に説得します。

しかし、奈々は自分と結婚してくれる人は一生現れないと言って、梶をかばいます。

梶は、それをよいことにまったく悪びれません。


腹を立てた香坂は、梶の胸ぐらを掴みます。

梶は奈々とは婚約を解消すると言って、奈々を“殺人鬼の妹”とののしりました。

その後、梶が鍵で香坂に襲いかかってきました。

逆に、香坂は梶を何度も殴りつけました。

最後は、井沢が止めに入りました。


井沢は、罪の意識がまったくない梶に制裁を加えました。

加賀美に頼んで、梶の正体をネットに晒したのでした。

これにより、ネットでは梶が大炎上しています。

そして、井沢は梶に「もう二度と加害者家族を食いものにはさせない」と言いました。


佳代は、奈々に「おいしものでも食べに行こう」と声をかけます。

そして、自分はいのちの相談員なので放っておけないと言いました。


香坂の過去が明らかになりました。

26年前、ある男が映画館で神経ガスをまいて多くの死傷者が出る事件が起こりました。

香坂は、この男の娘だったのです。

現在の父親が、香坂を犯人の娘とわからないように戸籍を操作したというのです。

香坂は、受けるべき罰を受けずに自分は逃げ出したと言います。

井沢は、香坂の犯罪を未然に救いたいという気持ちは自分と同じであるとわかってよかったと伝えました。

スポンサーリンク

【絶対零度シーズン4】4話の感想

今回は、被害者家族と加害者家族に関しての事件でした。

佳代は素晴らしい人間ですね。

普通は、加害者家族とは口も聞きたくないはずです。

頭では、奈々が罪を犯したわけではないとわかっていても、そんなに簡単に割り切れるものではありません。


梶は人間のクズと言ってもよいのではないでしょうか?

自分の評価を上げるために加害者家族を利用したのです。

本当に最低です。


梶はネットで本当の姿を晒されて大炎上したそうですが、これからさまざまな嫌がらせを受けるでしょう。

少しは奈々の気持ちがわかるようになるのではないでしょうか?


SNS上では、次のような声が上がっています。

【絶対零度シーズン4】4話の視聴率

今回の平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

ついに1ケタに転落してしまいました。

次回、何とか盛り返したいところです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!